TOP >作品データベース >キーパー ある兵士の奇跡

キーパー ある兵士の奇跡

みんなのつぶやき
「キーパー ある兵士の奇跡」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
88%
  • 良い
    24
  • 普通
    3
  • 残念
    0
総ツイート数
60
ポジティブ指数96
公開日
2020/10/23
原題
The Keeper
配給
松竹
上映時間
119分
解説/あらすじ
1945年、ナチスの兵士だったトラウトマンはイギリスの捕虜となる。収容所でサッカーをしていた時、地元チームの監督の目に留まり、ゴールキーパーとしてスカウトされ、名門サッカークラブ「マンチェスター・シティFC」に入団。ユダヤ人が多く住む街で、想像を絶する誹謗中傷を浴びながらも、トラウトマンはゴールを守り抜いた。やがて彼の活躍によって、世界で最も歴史ある大会でチームを優勝へ導き、トラウトマンは国民的英雄となる。だが、彼は誰にも打ち明けられない<秘密の過去>を抱えていた。そしてその秘密が、思わぬ運命を引き寄せてしまう―。
ⓒ2018 Lieblingsfilm & Zephyr Films Trautmann
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
    この映画に関するポジティブワードを含むツイートを自動収集し表示しています
  • tomo_belltree
    『キーパー ある兵士の奇跡』を観賞 面白かった(小並感)
    いいね
  • yfurui
    「キーパー/ある兵士の奇跡」T・ジョイ博多。面白かった。禍福は糾える縄の如し。特に負傷のくだりは胸熱。前を向いて生きるってエネルギー消耗が激しい。戦争が結局不幸なのは万国共通として、スポーツを通じた連帯感のほどはお国柄にもよるかな。日本だと野球かな。
    いいね

    良い
  • asapu918
    『キーパー ある兵士の奇跡』試写。サッカー選手バート・トラウトマンの伝記映画。元ナチス兵の罪悪感とトラウマが苦しい。現代のネット誹謗中傷を思わせる所もあり、赦しの崇高さを説く妻の台詞が印象に残る。終盤はショッキングな場面が多いが、結婚までの恋愛描写は素敵。出会えて良かった感動作。
    いいね

    良い
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    xxtonchiki
    3337movies / tweets

    follow us