TOP >作品データベース >ホモ・サピエンスの涙

ホモ・サピエンスの涙

みんなの感想/評価
「ホモ・サピエンスの涙」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
78%
  • 良い
    14
  • 普通
    4
  • 残念
    0
総ツイート数
456
ポジティブ指数94
公開日
2020/11/20
原題
OM DET OANDLIGA
配給
ビターズ・エンド
上映時間
76分
解説/あらすじ
この世に絶望し、信じるものを失った牧師。戦禍に見舞われた街を上空から眺めるカップル…。悲しみは永遠のように感じられるが、長くは続かない。これから愛に出会う青年。陽気な音楽にあわせて踊るティーンエイジャー…。幸せはほんの一瞬でも、永遠に心に残り続ける――。人類には愛がある、希望がある。だから、悲劇に負けずに生きていける。
©Studio 24
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • Mock_Turtle99
    『ホモ・サピエンスの涙』監督の前作「さよなら人類」が、ブラックコメディがブラック過ぎて笑えなかったのに比べ、ブラックさはなくなったが、その分、コメディとしてのオチもない。だがこれはそれでいい。全編白夜のような独特な映像が印象に残る。
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『ホモ・サピエンスの涙』不幸に見舞われている人が次々と出てきて、悲劇だけど他人からみればなんとも喜劇。ロイ・アンダーソン監督が描く人類は、コントみたいな、うっちゃんの「LIFE!」みたいな。ワインをドボドボこぼす人で、ハマった〜
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『ホモ・サピエンスの涙』劇場で鑑賞。時代を跨いだ悲喜交々の諸相が連なるオムニバス的映像詩。悲惨な戦禍も微笑ましい日常も、全てが等価に描かれる作劇が実にユニーク。相変わらず無機質な人々による微温なやりとりも堪らなく愛おしい。怪作です
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #ホモ・サピエンスの涙 ♣寝落ちしないように、33シーンを指折り数えつつ鑑賞したら24で終了(どっかで間違えた・・・)。日常のような非日常の集積が語る永遠。分かり易かったのは信仰を亡くした牧師かな。淡々としたナレーションが可笑しい。
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『ホモ・サピエンスの涙』監督の前作『さよなら、人類』と同じように、絵画のような映像の連続。それぞれのエピソードの解釈を考えたけど、理解不能。なのに終わった途端、すごく癒やされてた!好き!
    いいね

    良い
  • garancear
    『ホモ・サピエンスの涙』映像による詩。グレーを貴重とした色彩、シャガールやゴルゴタへの道の絵画的なシーン。ナチスの終焉や戦争での死も、音楽に合わせて踊る若者や歯医者などの日常も等価に並ぶ。何気ないようでいて、ワインの栓の抜き方の下手さなど計算され尽くしている。 #映画
    いいね

    良い
  • kmrks
    『ホモ・サピエンスの涙』(OM DET OANDLIGA)鑑賞。197 絵画鑑賞の後のようなじんわり心を動かされる感覚。かなり個性的なジャンル?! #eiga
    いいね

    良い
  • eichan2014
    #ホモ・サピエンスの涙』人類の現代史を俯瞰し紡ぎ出したアンダーソン監督ならではの一大叙事詩。端からみて極めて小さな悩みや苦労を歴史的災難と同次元に描く独特の温かい語り口は正に人間讃歌。明日生きる勇気を貰える。考えるより感じる映画。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『ホモ・サピエンスの涙』不満を抱える人々が多数登場。十字架にかけられたりと内容は暗い。風景は美しいものの終始、どんより曇り空ばかり。しかし何故か鑑賞してほっこりしてしまう。アンダーソンマジック!散文的叙情詩!何故か癒された。
    いいね

    良い
  • yukigame
    「ホモ・サピエンスの涙」映画というキャンバスに短編をコラージュした感じの映画でした。映像は独特で美しいです。#ホモ・サピエンスの涙 #北欧映画 https://t.co/GgufrqVNu9?amp=1
    いいね

    普通
  • halm2f
    『ホモ・サピエンスの涙』宣伝のうまさに引き込まれてつい見てしまった。撮影とセットにこだわってるのはわかるがはっきり言って話が地味!とても興行的にはヒットしなさそうな感じ。少なくとも日本では。テレビで十分。
    いいね

    普通
  • tamagawajyousui
    『ホモ・サピエンスの涙』時代も世代も異なる市井の人々の或るヒトコマを切り取ってパッチワークの様に織り成して描いた北欧の名匠ロイ・アンダーソンの新作は、通常の劇映画の枠組みを壊しながらも、人間の存在の不可解さや可笑しみ、悲哀が滲む。
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『ホモ・サピエンスの涙』英語のタイトルAbout Endlessnessの方がわかりやすい。寂しさ、失望、怒り、嫉妬、痛み、敗北感と、その隙間にあるほんの少しの安堵や幸福感。人間以外の目から見たら、これが人生の本質なのかもしれない。
    いいね

    普通
  • 624ken
    ヒューマントラスト有楽町で『ホモ・サピエンスの涙』を鑑賞。人類のちょっとした瞬間のオムニバス映画。困った状況だったりいろいろ。踊る女の子たちが一番印象的。
    いいね

    良い
  • nani1tenda
    『ホモ・サピエンスの涙』これは観る映像詩。憮然と佇む人々の配置などロイ監督の独特な作風は健在ですが、今回はユーモア控えめ。それだけ切迫した時代ということか。困っている人と目が合いそうな瞬間に新聞を広げる紳士等の細かい間合いがツボ。
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『ホモ・サピエンスの涙』様々な人々の日常一場面オムニバスって、Twitterの世界だなぁと。何れかのエピソードに何か感ずることあれば、この映画は成功なのかなと。宗教的な見方があるのか分からないし、人は大小関わらず悩みを抱える生き物だくらいにしか。
    いいね

    普通
  • Pooh_kuru_san
    『ホモ・サピエンスの涙』R.アンダーソンの視座から見た人類の定点観測ポートレート。元々、特異な手法だが更に物語性や感情の起伏を削ぎ落とし、人生を即物的に捉え残酷さや不条理さを際立たせている。それでも絵画的な構図の中に時折希望を覗かす
    いいね

    良い
  • Toyono2010
    『ホモ・サピエンスの涙』冒頭からシャガールの絵画「街の上で」のように空飛ぶ二人。浮遊感のある詩のような映像が美しかったです。物語の構成はショートフィルムの連続のようでしたが、どのシーンも独特の世界観が出ていて印象的でした。#ホモサピ
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • noraneko285
    「ホモ・サピエンスの涙」痴話喧嘩から戦争まで、時代も国も異なる人々の生活を定点観測したような作品。1〜3分程度の1シーンが1エピソードとなり、複数回描かれる人々もいるし、一回しか出てこない人々も。全てフィックスのカメラで、画が異様… https://t.co/kR0nz6kKF8
    いいね

    普通
  • rkakinuma
    新宿武蔵野館で『ホモ・サピエンスの涙』を観ました。ポストカードがあったら欲しいなと思うシーンが多くありました。曇り空の印象が変わりそうです。 https://t.co/zFq2bxqp24
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    WaseiG
    3890movies / tweets

    follow us