TOP >作品データベース >ようこそ映画音響の世界へ

ようこそ映画音響の世界へ

みんなの感想/評価
「ようこそ映画音響の世界へ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    33
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
105
ポジティブ指数100
公開日
2020/8/28
原題
Making Waves
配給
アンプラグド
上映時間
94分
解説/あらすじ
ジョージ・ルーカス、スティーヴン・スピルバーグ、ソフィア・コッポ ラ、デヴィッド・リンチ、ライアン・クーグラー、アン・リー、クリストファー・ ノーランといった著名で独創的な監督たちや、『スター・ウォーズ』(77)などを手掛 けたベン・バート、『地獄の黙示録』(79)などで知られるウォルター・マーチ、『ジ ュラシック・パーク』(93)などに携わったゲイリー・ライドストロームといった映 画音響界のレジェンドを始めとした、その道のスペシャリストたちへのインタビュ ーと共に、“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく感動と興奮のドキュメ ンタリー
© 2019 Ain't Heard Nothin' Yet Corp.All Rights Reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • G31IC
    映画『ようこそ映画音響の世界へ』を立川シネマシティで鑑賞。音は映画に溶け込んでいるので、敢えて音だけ取り出して語られることも少ない。SWのSFXは偉大、諸々の音が記憶に残っているし。最後の映画館からのメッセージ(独自)は心に響いた!
    いいね

    良い
  • paranoiaquality
    『ようこそ映画音響の世界へ』タイトル通りサイレント時代からモノラル、立体音響と映画音響の歴史とセリフや効果音を実際に映画館の音響設備を使って解説してくれちゃうから楽しい。私の子供の頃のヒーロー、ベンバートの話を沢山聞けるのもグッド。
    いいね

    良い
  • aniyan_otakoji
    カリテで『ようこそ映画音響の世界へ』。楽しくてのめり込むように見て(聴いて)た。映画の音について真面目に解説した映画。長く映画見てきた分だけ映画との時間を共有出来る感じ。『スター・ウォーズ』や『地獄の黙示録』を公開当時に70mmで見られて幸せ。ところでセンサラウンドは・・・
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『ようこそ映画音響の世界へ』「人間の五感で最初に感じるのは〝音〟であり、最後に感じるのも〝音〟である」ということを本作は再認識させてくれる。この映画愛と仕事への矜持が溢れるドキュメンタリー鑑賞後は、音響にも注目して映画を観たくなる。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『ようこそ映画音響の世界へ』映画創世記から現代までの音響効果の歴史を緻密に深く紐解く、映画ファン垂涎のドキュメンタリー。仕事人たちの熱意と創造性を知り、これまで以上に楽しみ方が増える喜び。同時に感じる側がその重要性に報いなければとも
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『ようこそ映画音響の世界へ』物凄く興味深く前のめりに鑑賞とまではいかないけど、映画音響の歴史とその存在意義を改めて知ることが出来るたのは良かった。個人的にはもう少し最近の映画館の音響システムにも迫って欲しかったが、それはまた別のお話しということだな。
    いいね

    良い
  • milyfuji
    『ようこそ映画音響の世界へ』楽しい!映画好きな人だったら絶対楽しい!ああ、これも観た、あれも観た、こんな苦労がこんな工夫があったのかと出てきた映画のシーンを見ながら改めてまたその作品が観たくなる。ああ幸せ。
    いいね

    良い
  • croaton0
    前作が「映画音楽の教科書」としたら今作は差し詰め「映画音響の歴史書」。前作と比べると少し堅さを感じるものの、映画音響の奥深さをじっくり味わわすことで映画の新たな魅力に目覚めさせる。鑑賞後『SW』の印象がガラリと変わること請け合い
    いいね

    良い
  • nodatetu
    「ようこそ映画音響の世界へ」公開初日、HTC渋谷で鑑賞。音響デザインがいかに映画のキャラクターに生命を吹き込む役割を担ってきたのかを有名監督、音響技師たちが解説するお仕事映画。若きベン・バート氏がSWシリーズで大成功し、オスカー受賞者としての重圧に潰されかけたEpが印象に残った。
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『ようこそ映画音響の世界へ』鑑賞。映画音響史の世界に映画館で入り込む有意義で幸せな時間。市民ケーン、SW、地獄の黙示録、ルクソーJr. …etc あの豊かな場面の音の秘密を知りまた少し映画を楽しむ感覚が覚醒したよう。もっと耳で観なきゃあ。映画はやはり映画館という気持ちを強くした。
    いいね

    良い
  • ma24ta
    #映画 『ようこそ映画音響の世界へ』。全ての映画好きにおすすめ。さらに立川シネマシティおすすめで。心理音響の世界観。届ける設備にも感謝して。
    いいね

    良い
  • flowermurmur
    『ようこそ映画音響の世界へ』 映画音楽ではなく「音響」を制作する人達にスポットを当てたドキュメンタリー。モノからステレオ、5.1chと音が拡がっていくのが体感できてすごい。出てくる監督も例として上げられる映画もいっぱいで、情報も多くてお腹いっぱい。やっぱり音って大事よ、とても。
    いいね

    良い
  • halm2f
    『ようこそ映画音響の世界へ』現代の映画にとって音響がいかに大事かがよくわかる作品だ。今や音効がなければそれは映画ではない。ウーキー族の声が、ある動物の鳴き声からできていたとは目から鱗。黒澤映画も音響にこだわっていたのは納得。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • takora1973
    『ようこそ映画音響の世界へ』観た。映画の音響製作の舞台裏と歴史を辿るドキュメント。元業界関係者としては知っていたつもりだけど改めて画を撮るのと同様に緻密で奥深い世界に終始ワクワク。参考で流す本編も数多くて楽しい。もちろんこの映画自体の音響もこだわっているので劇場で観ないとだめだぞ
    いいね

    良い
  • asapu918
    『ようこそ映画音響の世界へ 』試写。今まであまりなかった音響技術についてのドキュメンタリー。サイレント〜トーキー〜映画黄金期〜現代へ。映画の歴史を名作と共に振り返りながら音と映画の関係性を考察する。音集めや音作りの作業がアナログであるほど迫力が出る!とても面白い。映画ファン必見。
    いいね

    良い
  • Birch_Syrup
    サーカスからの映画2本、『ジョーンの秘密』『ようこそ映画音響の世界へ』鑑賞。映画音響の世界、物凄く面白くて興奮したし、ちょっと泣いた。「イレイザーヘッド」の音がめちゃくちゃ好きだから、取り上げられていて嬉しい。 極音にこだわるシネマシティさんのメッセージも、しかと受け取りました!
    いいね
  • yasuseino1023
    『ようこそ映画音響の世界へ』映画音響の魅力をこれだけ解り易いドキュメンタリーに仕上げた事はとても素晴らしい。スターウォーズを劇場で観て以来映画の魅力に取り憑かれた者としては堪りません。先人達の情熱と挑戦で名だたる傑作は生まれる事を教えてくれる。これは必見です!!
    いいね
  • 1969terada
    「ようこそ映画音響の世界へ」鑑賞。忠実なドキュメンタリーという感じでめちゃめちゃ驚くべき内容とかは無かったけど、効果音実際に作ってる映像とかみると、オゥ!ってなった。あとはやはり沢山の人間がこだわりと熱意を持ってひとつの作品を作り上げるという映画ならではの素晴らしさを改めて実感。
    いいね
  • frenchbluee
    『ようこそ映画音響の世界へ』 TLの映画好きがこぞって立川で見ていたので、私も行ってきました。劇中語られていたように、あまりに気しない縁の下の力持ち達の仕事を、何にも知らない素人にも分かりやすい構成で構成されていました。最後のアレが出た時、 最後、拍手が起こってました。
    いいね
  • A2hyro
    『ようこそ映画音響の世界へ』を観ると アカデミー賞の録音賞と音響編集賞が統合されたのが残念でしかない、悲。
    いいね
    もっと見る Loading...
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    jasminya
    1902movies / tweets

    試写会&プレゼント

    follow us