TOP >作品データベース >ひびきあうせかい RESONANCE

ひびきあうせかい RESONANCE

みんなの感想/評価
ひびきあうせかい RESONANCE
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    1
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
1
ポジティブ指数100
公開日
2020/9/5
配給
歌島舎
上映時間
70分
解説/あらすじ
ギタリストの祖父と母の元、東京に生まれ育った拓次。自らも音楽家となり、2人の娘を持つ父親となった。人と自然が分断され、常に変わりゆく近代都市で暮らしながら、311震災を経験。音楽にできることは何かと考え始めた。ヨーロッパでギターを学んだ祖父は、音楽をつかって国境を超えた調和を生み出すことを夢見ていた。その夢は拓次にも受け継がれ、世界を巡り現地の音楽家達と共に、「サークルボイス」を創りだす。人々が声をひびかせあう、その時だけに紡ぎ出される平和な世界。それは儚い瞬間のものだが、そこにいる私たちの存在を力強く肯定してくれる。時に分断も生み出すことのある「コトバ」を越えたところで人々はどのように理解しあうことが出来るのか。青柳拓次の旅に寄り添いながら、沖縄、東京、ミュンヘン、ライプツィヒ、過去、未来へと旅をする映像と音。次第にスクリーンには、どこでもない場所がたちあがってくる。
©️2019 Utashimasya
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • Pooh_kuru_san
    『ひびきあうせかい RESONANCE』音楽家 青柳拓次がつくる分断された世界を繋ぐ言語を超えた「サークルボイス」というコトバ。真っ暗闇の宇宙を漂い、周囲のノイズもを取り込みながら、互いがチューニングを合わせるような恍惚の調和がある
    いいね

    良い
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    more info
    coco 映画レビュアー
    GD_momoco
    2273movies / tweets

    試写会&プレゼント

    follow us