TOP >作品データベース >マイ・バッハ 不屈のピアニスト

マイ・バッハ 不屈のピアニスト

みんなの感想/評価
「マイ・バッハ 不屈のピアニスト」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    15
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
59
ポジティブ指数100
公開日
2020/9/11
原題
João, o Maestro
配給
イオンエンターテイメント
上映時間
117分
解説/あらすじ
幼い頃から病弱で家の中で過ごすことが多かったジョアン・カルロスだったが、ピアノを習い始めるとその才能が⼤きく開花する。めきめきとその才能を伸ばした彼は、20歳でクラシック⾳楽の殿堂として知られるカーネギーホールでの演奏デビューを飾り、“20世紀の最も偉⼤なバッハの奏者”として世界的に活躍するまでになる。⼀流の演奏家として世界を⾶び回っていたジョアンだったが不慮の事故により右⼿の3本の指に障害を抱えてしまう。ピアニストとして⽣命線である指が動かせなくなった彼は不屈の闘志でリハビリに励み再びピアニストして活動できるまでになる。復帰を果たし⾃⾝の代名詞ともいえるバッハの全ピアノ曲収録という偉業に挑戦をしていた彼にさらなる不幸がのしかかる…。
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • tomomori34
    『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』感動!素晴らしいピアノの音色!ジョアン本人の音源を使用とか!幼少の頃から始まる伝記的作品。始まりからラストまで一気に感動が押し寄せてくる!本人にとり際どい内容まで描いている。神様は全てはくれないね。
    いいね

    良い
  • eichan2014
    #マイ・バッハ不屈のピアニスト』天性の絶対音感と父のスパルタ教育により超絶的才能を開花させたブラジリアンピアニストの壮絶な半生。抑圧の反動から酒や女性などかなりヤンチャなことをしているが何ら隠す事無い器の大きい天才の感動実話映画。
    いいね

    良い
  • 28kawashima
    『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』大作映画に比べれば地味ですが、しかしジョアンの人生は大作映画にも負けることない一大スペクタクル。これは凄い拾い物な映画でしたよ。なんせ銀幕を通して人に惚れちまったんだから
    いいね

    良い
  • 28kawashima
    『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』何というか人生を堪能してるんですよ。割と軽率な行いで致命傷負ってるけど引きずらない。次をすぐに見据えて挑戦する。無駄なことはない。淡々とした描写で説明なく描いたものを後から拾う構成も効いてくる
    いいね

    良い
  • 28kawashima
    『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』ピアノが駄目なら指揮はどう?と恋人に言われてもうお爺ちゃんにも関わらず指揮の教えを乞う。その真摯な姿勢にグッとくる。なんかもうこの時点でジョアンに惚れちゃったんですよね。格好良い男すぎる
    いいね

    良い
  • 28kawashima
    『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』音楽や人生に翻弄されて利き腕を不自由にしながらも結局音楽に帰ってくるんですよ、この爺さん。時に打ちのめされても周囲のアドバイスや、やりたい気持ちを大事にまた新たな道を見出だす。まさに不死鳥のような男
    いいね

    良い
  • 28kawashima
    『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』ジョアン自らの音楽が流れるのも素晴らしいがそれ以上に素晴らしいのはジョアンの不屈そのものとも言える人生。音楽に狂いながらもそれ以外も楽しみ結果酷い目にも遭う波乱万丈さ。だがそれを飲み込み再起する勇気
    いいね

    良い
  • 28kawashima
    『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』コンサート前に売春宿に泊まって売春婦を従姉妹と偽ってVip席に招待するとか、人妻抱いて旦那に銃で殺されかかったとか面白すぎますからね。淡々とした中のイーストウッド的ユーモア。結局、監督違うのに
    いいね

    良い
  • 28kawashima
    『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』作品としてはかなり淡々とジョアンの人生を流すオーソドックスなものなんだけど、その題材たるジョアンが面白すぎる人物で満足度が高い。音楽に狂いながら女も口説く遊びが凄い。そりゃイーストウッド好きだわ
    いいね

    良い
  • 28kawashima
    『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』イーストウッドの爺さんも映画化を希望したという不屈のピアニスト、ジョアン・カルロス・マルティンスの伝記映画だが、そりゃイーストウッドの爺さんこの人のこと好きなわけだわ!という納得。そして超面白い!
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』度重なる不運に見舞われても、音楽への情熱を失わないその姿はRockな求道者。破滅へ向かう天才のテンプレを覆す軽妙なラテンの物語で、歳を重ねるごとに自らの選択で道を拓いてきた彼の演奏は重く柔らかい。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #マイ・バッハ 不屈のピアニスト ♦天才であると同時に、病気や怪我と戦ってきた人生。細切れEP夫々凄くて濃くて、良くも悪くも自己中(笑)。演じたキャストは険しい表情だけどラスト登場のご本人は穏やかな笑顔で、諸々超越してるなー、と。
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』重なる不運で自暴自棄の時もあったが、音楽への情熱はさめず、最後に不自由な手で演奏する姿は実に嬉しそうで楽しそう。悪魔ではなく天使が弾かせ、芸術の追求は喜びであったと確信し目頭が熱くなってしまった。
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』どうしてそんな早く、両手の指が別々に動かすことができるんだろうって。真似しろっていわれても絶対できないが、手がダメになったって這い上がってくる精神がすばらしい #マイ・バッハ不屈のピアニスト観た
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』リオパラリンピックの開会式で国家を演奏していたので存在は知っていたが、本作を観るまでこれ程までに不幸に見舞われて波瀾万丈な人生を歩んだピアニストだとは思わなかった。その不屈の精神にただ心打たれます。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • asapu918
    『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』試写。本人の不注意もあったのか、有り得ない程の不運続き。やや駆け足だが、波乱の人生と演奏家としての功績がバランスよく描かれている。左手のピアニスト・舘野泉さんともほぼ同世代。情熱は障害を克服し、その音色はむしろ輝く。本人演奏のバッハは必聴!
    いいね

    良い
  • comdenlock
    「マイ・バッハ 不屈のピアニスト」観た。天才ピアニスト ジョアン。サッカーと女好きが過ぎた、その代償は大きかった。ブラジル人らしくもあるが。本人の実際の映像も良かった。まさに不屈の折れない心は賞賛 #マイ・バッハ不屈のピアニスト観た https://t.co/HA4tUJQeoN
    いいね
  • tabetyapin
    『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』 簡単に女性に声をかけすぎではないのか…?
    いいね
  • Kubric2001
    『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』年齢に合わせ四人の役者さんがジョアンを演じているのですが、顔が似ている役者をよく集められたなと感心。そして、演奏は全てジョアン本人が過去に録音した音源を使用したそうで、それはそれは聞き惚れてしまう。
    いいね
  • kotechibi
    クリント・イーストウッドが創らなくて良かった、とは思う 映画『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』公式サイト https://t.co/foqq71M8NV
    いいね
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    eri1_10bit
    1719movies / tweets

    試写会&プレゼント

    follow us