TOP >作品データベース >タイトル、拒絶

タイトル、拒絶

みんなの感想/評価
「タイトル、拒絶」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    16
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
659
ポジティブ指数92
公開日
2020/11/13
配給
アークエンタテインメント
上映時間
98分
解説/あらすじ
雑居ビルにあるデリヘルの事務所。バブルを彷彿させるような内装が痛々しく残っている部屋で、華美な化粧と香水のにおいをさせながら喋くっているオンナたち。カノウは、この店でデリヘル嬢たちの世話係をしていた。オンナたちは冷蔵庫に飲み物がないとか、あの客は体臭がキツイとか、さまざまな文句を言い始め、その対応に右往左往するカノウ。店で一番人気の嬢・マヒルが仕事を終えて店へ戻ってくる。マヒルがいると部屋の空気が一変する。何があっても楽しそうに笑う彼女を見ながら、カノウは小学生の頃にクラス会でやった『カチカチ山』を思い出す。「みんながやりたくて取り合いになるウサギの役。マヒルちゃんはウサギの役だ。みんな賢くて可愛らしいウサギにばかり夢中になる。性悪で嫌われ者のタヌキの役になんて目もくれないのに」。あるとき、若くてモデルのような体系のオンナが入店してきた。彼女が入店したことにより、店の人気嬢は一変していった。その不満は他のオンナたちに火をつけ、店の中での人間関係や、それぞれの人生背景がガタガタと崩れていくのだった。
©DirectorsBox
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • eliminator250v
    『タイトル、拒絶』伊藤沙莉目当てで劇場まで。片岡礼子に佐津川愛美まで出ていて俺得。主役は恒松祐里やと思う。R15+指定されるほどのエロは無いような気が。元ネタ舞台劇で作った人が映画も監督していると観終わってから知った、舞台気になる。
    いいね

    良い
  • eichan2014
    #タイトル拒絶』デリヘル派遣事務所に集う各々事情を抱えた女性達が己が身の不幸を嘆くでもなく本音でぶつかり合う。余りに個性の強いキャスト達にあって屈託無い笑顔の恒松祐里に見える大きな闇が一番怖い。皆クズ男や無責任な大人達の犠牲者だ。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『タイトル、拒絶』訳あって風俗で働く女性達、かかわる男性達。怒鳴りあいが多い作品。でも怒鳴って怒って本音をさらけ出すより、笑いながら本音を隠して生きる人のが悲しいね。セリフの応酬で人生が垣間見れる群像劇。人間は面白い動物である。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『タイトル、拒絶』雑居ビルにあるデリヘルの事務所を主舞台に、訳ありのセックスワーカーの女たちが逞しく生きる様子を描く群像劇は、今の出口の見えない日本の社会の疎外感や停滞感を浮き彫りにしていく。#タイトル拒絶 #チェキ #伊藤沙莉
    いいね

    良い
  • spau_39
    『タイトル、拒絶』20201122@シネマカリテ 最旬の伊藤沙莉はもちろん、数々の映画でいい仕事されてる恒松祐里とか佐津川愛美とか、もっともっと評価されて欲しい。ちなみに一番訳分かんなくて怖かったのはラスト近くモトーラ世里奈の…。
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『タイトル、拒絶』デリヘル嬢の話だが、そういうシーンはほとんどなし。デリヘルの事務所を舞台に繰り広げられる、エゴのぶつかり合いが壮絶。そこに、デリヘル嬢ではない、事務・雑用の女性がいることで、確かにそこは「職場」なのだと理解される。
    いいね

    良い
  • yukigame
    「タイトル、拒絶」デリヘルという仕事を生業にしても底辺だからと卑屈になる必要は無いと思う。仕事に高いも低いも無いでしょ。その姿はカッコ良いっす。#タイトル拒絶 #邦画 https://t.co/ZLQkZcZ824?amp=1
    いいね

    良い
  • MioCastello
    『タイトル、拒絶』登場するデリヘル嬢それぞれがそれぞれの闇を抱えながら生きている。私にはいつも何かをノートに書き綴っていた影の薄いデリヘル嬢が印象に残った。性と死は紙一重。納骨時の喪服姿が心に刺さった。あのノートも覗いてみたい。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『タイトル、拒絶』デリヘル嬢も個性あふれる面々。いかにもいそうな感じで、それを上手く劇にしていると思う。みんなそれぞれ味があっていい。ナンバー1のうさぎタイプの恒松祐里もいいんだよね。満面の笑顔に潜む放火犯みたいな。最後にビルの屋上からの「ドカン!」(東京爆発!)は決まった。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『タイトル、拒絶』演劇のような映画。面白かった。デリヘルの待合室でのデリヘル嬢のあれこれ。進行役はデリヘル嬢になりそこなった雑用係、「カチカチ山」のうさぎではなくタヌキだと言う伊藤沙莉は、100分de名著の「ピノキオ」姉さんだった。この人の中性的な声がいいんだよね。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『タイトル、拒絶』劇団「□字ック」主宰の山田佳奈監督が2013年に初演した同名舞台を伊藤沙莉主演で映画化した本作は、様々な事情を持つセックスワーカーたちが人や社会から見下され、人生に不安や焦燥に駆られながらも逞しく生きる様を描く。
    いいね

    良い
  • 624ken
    新宿シネマカリテで『タイトル、拒絶』を鑑賞。デリヘルの控え室。女性たちが超個性的だった。この場所をどう自分で消化していくのかが、それぞれ違うんだろうね。バカに徹したり、無関心を装うのが賢い気がしてしまう。強烈な映画でした。
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『タイトル、拒絶』常に他人よりマシという見下しマウント。もちろん映画で描かれた層だけの話しではなく。一見それを受け流してる様に見えるマヒルを演じた恒松祐里が心にゴミ屑を溜め込む恐ろしさを体現。分かり易さ役の佐津川愛美もナイス。ラストで驚き怖かったよw
    いいね

    良い
  • Mochina1984
    『タイトル、拒絶』登場人物たちも認識しているとおり、底辺も底辺のデリヘルの待機室を主な舞台にいろいろな事情からそこで働く人たちの身も蓋もない本音がむきだし、最高に居心地が悪い傑作。ご近所の映画館でやっていたら是非観てくださいな。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『タイトル、拒絶』(20/日) デリヘルの控え室を舞台に、伊藤沙莉、佐津川愛美、恒松祐里といった、若手でも有数の演技派が、抜き身のドスで斬り合うような凄まじい演技勝負。令和の「吉原炎上」とでも言うべき女性たちの生き様に息を呑む。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『タイトル、拒絶』普通を拒んだ女と普通になれなかった女たちの待機部屋は、社会の縮図か?ゴミ箱か?俯瞰では分からないその深層は、ままならない人生模様が交錯し導火線に火をつける。甲乙つけ難い圧巻の演技合戦のMVPは絶望の笑顔の恒松祐里。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • yfurui
    「タイトル、拒絶」中洲大洋。個人的にはおっかなくて近づきたくない感じの人々が風俗店の裏側で展開する群像劇。役者さんたちの圧が印象的。自分を卑下したり世の中を憎んだりしても、誰かが寄り添ってくれるとは期待できないことは覚悟しておかなくてはなりませんよ。
    いいね

    普通
  • TamakinTheCat
    映画「タイトル、拒絶」観了。デリヘルの待機室、社会の吹き溜まりの中で足を引っ張りあうだけの堂々巡りに革命的衝動で叫びたくなる。性とお金だけが欲望の記号となった底辺に生きるが故の愛の不在に胸が締め付けられる。作品タイトルが意味するところへと辿りついた時の絶望と高揚に打ちのめされた。
    いいね

    良い
  • reptilicus1
    シネマジャック&ベティで『タイトル、拒絶』観る。 『ストロベリーショートケイクス』や『牝猫たち』を観ていたら、こんな映画は撮れないはず。 俳優の演技も役どころの類型を破るもの無く、ガッカリ。 伊藤沙莉や恒松祐里ですら、そうだから気が滅入る…
    いいね

    残念
  • nicome_com
    「タイトル、拒絶」TLでめちゃくちゃ流れてくるから気になってるのだけど、同じ現象で観に行った「ミッドナイトスワン」には拍子抜けする程、ガッカリしてしまったから、中々腰が重い。何だか最近は何を観るにしても、何処へ行くにしても、明日の事を考えるにしても、虚無でしかないのだ!
    いいね
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    sa9237a
    3439movies / tweets

    follow us