TOP >作品データベース >幸せへのまわり道

幸せへのまわり道

みんなの感想/評価
「幸せへのまわり道」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
96%
  • 良い
    23
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
61
ポジティブ指数100
公開日
2020/8/28
配給
イオンエンターテイメント
解説/あらすじ
ロイド・ボ―ゲルは、雑誌記者として華々しいキャリアを積んできた。いまは愛する妻と生まれたばかりの子どもと暮らしている。ある日、ロイドは姉の結婚式に招待され、式場で絶縁していた父・ジェリーと再会を果たす。ロイドは、家庭を顧みず自分たち姉弟を捨てた父を許せずにいた。些細なことがきっかけで手を上げてしまうなど、心の内にわだかまりを抱えていた。数日後、ロイドは編集部の依頼で、子ども向け番組の司会者として人気者だったフレッド・ロジャースに関する記事を書くため、彼の仕事場を訪ねる。フレッドは、ひと目見ただけなのに、ロイドが抱えている家族の問題や心の葛藤を感じとる。一方、ロイドもフレッドの不思議な人柄に惹かれていく。やがて2人は、取材の名目を越えて、公私共に交流を深めていくのだった…。
© 2019 Columbia Pictures Industries, Inc. and Tencent Pictures (USA) LLC. All Rights Reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • hrhtito
    『幸せへのまわり道』息子と父の確執もの。和解のきっかけになる実在の有名司会者フレッド・ロジャースが、本当にこんな人いるの?って感じの聖人君子。三人の男の話に見えて、実は彼らを受け止めてきた三人の女性がすごいって話なのでは🤔
    いいね

    良い
  • YELLOTRASH
    『幸せへのまわり道』(19年)観了。順番にマリエル・ヘラー監督作品観てきたけど、この三作目で化けたと感ぢさせられた傑作!実話に基く話で01年迄放送されてた米国の国民的子供番組のホストをトム・ハンクスが演ぢてるけど『フォレスト・ガンプ』以来の名演でゎ?(汗) 20年次作も楽しみ!
    いいね

    良い
  • hinamyon
    『幸せへのまわり道』怒りを抱えながら意地悪な質問をするロイドに対して、始終穏やかな口調で、対話を通じロイドの本質を見抜くフレッド。ずっとアンガーマネジメントを受けてるよう。トムの人間力なしでは成立しない映画。静寂の1分間が素晴らしい
    いいね

    良い
  • bintang1999
    『幸せへのまわり道』まわり道が大きいほどに辿り着いた時の胸に去来する想いは深いのか、感情の紆余曲折を経て学び相手を許し自分を許せる様になれるんだろうか、なんてことを思いながら観た。私もMr.ロジャースと語り合いたい
    いいね

    良い
  • jasminya
    『幸せへのまわり道』久々にトムハンクスを見た気がする。しばらく見ない内に老けたなーと思ったけど、実在の人物らしいので、メイクかも?なんて思いながら見てて…ラスト聖人と呼ばれるようないい人のイメージが一転…怖かった~!
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『幸せへのまわり道』ミスター・ロジャースっていうのは実在の人物なのね。ちょっと違うが黒柳徹子的存在か。彼のエンターテイメントショーというか、彼を取材する記者と彼を気に掛けるロジャースとの数日間でそれぞれが得たものと失ったものとは。
    いいね

    良い
  • tb_polkadots
    『幸せへのまわり道』フレッド・ロジャースについては知らなかったが、番組の再現を見て多くの人々に支持された訳が分かった。ロイドの「内なる子ども」に語りかけ、心を開いて行く様は魔法のよう。T・ハンクスのなりきり演技は見事。#eiga
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【幸せへのまわり道】フレッド・ロジャースが実践するアンガー・マネジメントとヒーリング効果をもつ声かけに揺さぶられた。彼が、ジャーナリスト=ロイド・ボーゲルの辛辣さの根底を怒りであり癒せるものと見抜いてしまったのも凄い。信念の持ち主の様な役処こそT.ハンクスの巧さが光る。 #映画
    いいね

    良い
  • akeake10
    『幸せへのまわり道』添野知世さん@chise_soenoが絶賛されていたので劇場で鑑賞。観て良かった!派手な展開はないけど、静寂と沈黙のシーンに大きな意味があって引き込まれました。T.ハンクスが子どもと一緒にいるだけで泣けてしまう…
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『幸せへのまわり道』劇場で鑑賞。葛藤に苛まれる記者を癒しに導く、"ご近所さん"との素朴な対話。物語の穏やかな、愛嬌溢れる語り口はまさにMr.ロジャースの為人そのもので、T・ハンクスの好演と相俟ったその妙味に心底唸らされた。秀作です
    いいね

    良い
  • __Y_Y
    幸せへのまわり道:最高だった…!!時に不躾に、時に窺う様に、主人公が自身の葛藤と向き合うように語り掛ける、その絶妙な距離の取り方がとても優しかった。明暗ある『人間臭い』人物が俳優に合っていて、とても素敵な、落ち着く映画だった。
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『幸せへのまわり道』ミスター・ロジャースは、アメリカ人なら誰もが知っている有名人かもしれないが、日本人にとってはあまり馴染みがない。にも関わらず、トム・ハンクスの演技に、昔からよく知っている人のような気になる。これぞアメリカの良心。
    いいね

    良い
  • ma24ta
    #映画 『幸せへのまわり道』。思ってた以上に眠い。トム・ハンクスはさすが。
    いいね

    良い
  • garancear
    『幸せへのまわり道』訳あり家族の再生ものが苦手なのと妻が良妻賢母すぎるのでライター側はさておき、善意の仙人みたいなロジャースの謎めいた存在感、あの番組もすごい。トム・ハンクス力(りょく)が炸裂。 #映画
    いいね

    良い
  • Hanashi_Sagashi
    『幸せへのまわり道』番組もフレッド・ロジャースの事も全く知らず鑑賞。ロジャースへの取材のはずが、記者の抱える悩みの話に…なっていくが、興味深いのはどうしてもロジャースの実人生の方。ドキュメンタリー映画もあるようだが、そちらが観たい。
    いいね

    普通
  • yukigame
    「幸せへのまわり道」フレッドは、日本だとノッポさんみたいな人なのかしら。素敵な映画でした。#幸せへのまわり道 #トム・ハンクス https://ameblo.jp/yukigame/entry-12621611969.html
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『幸せへのまわり道』涙1年分号泣。子供番組の司会者ミスター・ロジャースと彼を取材する記者ロイド。こんなに素晴らしい人物が実在したのかと驚きつつも、私が記者の立場でも、ロイドと同様素直になれなかったかも。リアルタイムで番組を観たかった
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『幸せへのまわり道』どんな親でも親は親。子供もしかり。しかし上手くいってる親子や家族のが少ない現実。近い人ほど当たり前を求めるために厳しい意見を言う。わかってるのにわからない。それを名司会者が気がつかせてくれた!遠回りしても幸せだ!
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『幸せへのまわり道』父親との確執から心荒む記者と子供向け番組の名司会者の交流を通したセラピーが、いつしかこちらの心も癒していく心地よさ。静謐であり可愛らしい演出と共に、作品の主題と言えるロジャースの奥深い人物像をT.ハンクスが体現。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『幸せへのまわり道』仕事絡みとはいえ、長寿子ども向け番組の司会者フレッド・ロジャースと記者のロイド・ボーゲルの出会いから始まるヒューマンドラマは、傷付き荒れていたボーゲルだけでなく観ている我々の心も何時の間にか癒されてしまいます。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    WaseiG
    3925movies / tweets

    follow us