TOP >作品データベース >燃ゆる女の肖像

燃ゆる女の肖像

みんなの感想/評価
「燃ゆる女の肖像」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
93%
  • 良い
    44
  • 普通
    2
  • 残念
    1
総ツイート数
319
ポジティブ指数97
公開日
2020/12/4
原題
Portrait de la jeune fille en feu
配給
ギャガ
上映時間
112分
解説/あらすじ
18世紀、フランス、ブルターニュの孤島。望まぬ結婚を控える貴族の娘と、彼女の肖像を描く女性画家。結ばれるはずのない運命の下、一時の恋が永遠に燃え上がる。 画家のマリアンヌはブルターニュの貴婦人から、娘のエロイーズの見合いのための肖像画を頼まれる。だが、エロイーズ自身は結婚を拒んでいた。身分を隠して近づき、孤島の屋敷で密かに肖像画を完成させたマリアンヌは、真実を知ったエロイーズから絵の出来栄えを否定される。描き直すと決めたマリアンヌに、意外にもモデルになると申し出るエロイーズ。キャンバスをはさんで見つめ合い、美しい島を共に散策し、音楽や文学について語り合ううちに、恋におちる二人。約束の5日後、肖像画はあと一筆で完成となるが、それは別れを意味していた─。
©Lilies Films.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • kiyokiyo1222
    『燃ゆる女の肖像』アデル・エネル、美しかった。女性画家に心を許してから、感情がほとばしる豊かな表情をみせた。発信力のある女優としても評価され、本作では閉鎖的な社会を舞台に、心は誰のものでもない強烈なメッセージを発した。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『燃ゆる女の肖像』大きく動く画面と姿勢の悪さで眠気と頭痛と動悸が起こり仏語だったこともあり登場人物が覚えられず物語がそれまで何を語られどう向かうのかが途中まで全く解らず。感想不能。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『燃ゆる女の肖像』数席横に座った女性の香水か化粧品か生理用品の臭いがキツくて席を前の方に移ったが、大きく動く画面と姿勢の悪さで眠気と頭痛と動悸が起こり仏語だったこともあり登場人物が覚えられず物語がそれまで何を語られどう向かうのか
    いいね

    良い
  • tabetyapin
    『燃ゆる女の肖像』エロイーズは向こう側を決して見ないことで、オルフェにはならないことを選んだのだな。 そんでマリアンヌ、ちょっとエマワトソンに似てない?ねえ似てない?
    いいね

    良い
  • akiyoshi752
    『燃ゆる女の肖像』登場人物の数を少なくして、舞台となる空間も限定、期間も肖像画を描くまでの数日間に短くして二人だけの世界に没入させるという演出がシンプルで印象的だった。ただ、あのラストは、解釈の幅が広くて、素直に解釈して良いのかな?
    いいね

    良い
  • a19660819
    #燃ゆる女の肖像』遂に!圧倒的美しさ&切なさ素晴らしく、本当息するのも忘れ(しているけれど)魅了された✨涙していた。 余韻浸りつつ〈殺人物〉2本観てしまうが… 本作、大スクリーンでぜひ!!
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『燃ゆる女の肖像』画家とお嬢と家政婦の夢のような五日間。あらゆる女の人生を凝縮したかのよう。丁寧に綿密に描かれる。熱情とはどんな時に発するのだろう。恋というよりは自分の人生を覚悟したような。ビバルディは〝冬〟が好きだが〝夏〟もいいな
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『燃ゆる女の肖像』18世紀のフランス、ブルターニュ地方。離島を舞台に時代を感じさせる静かな映画だと思って観ていたら、段々、情熱が溢れてくる。そこに至って、レズビアンという性癖が、芸術に昇華する。ラストの場面が、あまりにも切な過ぎる。
    いいね

    良い
  • damegane_dameo
    『燃ゆる女の肖像』オープニングからエンディングまで1秒1秒が絵画のように美しい画作りは圧巻だった。台詞が少ないながら表情や目の演技で心情を伝える俳優陣の演技も素晴らしかった。話運びは中盤まで割と平坦だなとしか思えなかったが、ギリシャ神話とリンクさせた終盤は上手かった。
    いいね

    良い
  • tsuccheee
    68本目『燃ゆる女の肖像』(@tenpara_tw)。絵画のように美しい。今でいうと写真だろうけど、肖像画ってその人の今の姿を永遠に閉じ込めてしまうものなのだな。互いへの視線=思いが交錯するシンプルながら力強いラブストーリー。
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『燃ゆる女の肖像』12/6 オンライン試写と劇場とで2回鑑賞。これはほんとに、評判に違わぬ素晴らしい映画でした。
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『燃ゆる女の肖像』秘密だからこその一生ものの恋愛。美しい孤島の風景、波と風の音が印象的。二人の表情の変化がすごい。おフランス映画は行間を読まなくては。この行間の広さが、余韻となる。
    いいね

    良い
  • FFFFigaguri
    『燃ゆる女の肖像』静かに燃え上がり灰となって消えた愛の物語だった。炎の勢いが強くなるように溢れ出していく思いが灰になったらもう2度と燃え上がらない現実を突きつけられるまでを追体験する観たこともない凄まじい恋愛映画だった。
    いいね

    良い
  • faaaaraway
    『燃ゆる女の肖像』★★★☆☆非常に意識的に構成された映画、理にかちすぎて窮屈さをかんじてしまった。
    いいね

    良い
  • xsizuku
    『燃ゆる女の肖像』今よりもずっと女性が自分らしく生きることが困難だった時代を生き抜いた、(三人の)女性たちの姿。決して実ることのない恋が、心の中で生涯燃え続け生きる力となる。どの場面も美しく、音楽も極上。
    いいね

    良い
  • mylgbtqseats
    『燃ゆる女の肖像』極上の傑作。余韻が凄まじい。
    いいね

    良い
  • eichan2014
    #燃ゆる女の肖像』美しい女性同士の恋愛物に留まらずブルターニュの孤島の光と風、シックな屋敷そして肖像画家の存在が全編をアート足らしめている。二人の静かにそして激しく渦巻く情念の描写と涙を抑えられない感動のラストまで品格のある映画。
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『燃ゆる女の肖像』劇場で鑑賞。結婚を強いられる令嬢と、彼女の肖像を描く女流画家。交わし合う視線が雄弁に語る感情の変遷。束の間の、繊細な関係性を鮮やかに描出する筆致に陶然の心地。昂ぶる想いが焼き付けられたラストシーンは圧巻。傑作です
    いいね

    良い
  • uoa3
    【燃ゆる女の肖像】閉塞感で息苦しさを感じるものの、すべてのシーンが絵画のように美しい。たまに現れる男性は背景。画家、お嬢様、家政婦の3人の関係の変化が面白い。祭りの輪唱とラストシーンの感情の高ぶりと同調する音楽の効果が素晴らしい。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『燃ゆる女の肖像』限りなく美しい‼️ヒロイン二人の繊細かつ大胆な演技もいいね!出会いと別れ、結ばれる事がないから燃え上がる鮮烈な恋。本当の心を隠す二人が痛い。恋愛とはかくも儚く切ないものなのか。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    xxtonchiki
    3346movies / tweets

    follow us