TOP >作品データベース >粛清裁判

粛清裁判

みんなの感想/評価
「粛清裁判」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    4
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
150
ポジティブ指数87
公開日
2020/11/20
原題
The Trial
配給
サニーフィルム
上映時間
123分
監督
キャスト
 
解説/あらすじ
1930年、モスクワ。8名の有識者が西側諸国と結託しクーデターを企てた疑いで裁判にかけられる。この、いわゆる「産業党裁判」はスターリンによる見せしめ裁判で、90年前に撮影された法廷はソヴィエト最初期の発声映画『13日(「産業党」事件)』となった。だが、これはドキュメンタリーではなく架空の物語である―。発掘されたアーカイヴ・フィルムには無実の罪を着せられた被告人たちと、彼らを裁く権力側の大胆不敵な共演が記録されていた。捏造された罪と真実の罰。スターリンの台頭に熱狂する群衆の映像が加えられ再構成されたアーカイヴ映画は、権力がいかに人を欺き、群衆を扇動し、独裁政権を誕生させるか描き出す。
©︎ATOMS & VOID
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • aoyadokari
    『粛清裁判』あとスターリンの死後に逆転現象で裁判官らが今度は処刑されてしまうのだった。なんかね。被告になった人も後に秘密警察に関わっていたり、釈放された人は行方不明だったり全体主義の恐ろしさをまじまじと知る。それとデモ隊の群衆の熱狂と。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『粛清裁判』これもエンディングで実際に「産業党」(の幹部が国家を転覆させようとした犯罪)はでっち上げでそんな党はなくて被告人は罪を認めていた。恐ろしい。共産圏の裁判ってそういうものなのか、日本でもそうなってしまうのか、このへんは考えせられる。罪を認めなくても銃殺されていたんだけど
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『粛清裁判』『国葬』のあとに観た。順序が逆のほうが良かったかもしれない。裁判が見世物になっている。裁判の中断途中でボリシェヴィキのデモ隊の奴らを銃殺にしろ!みたいな大衆運動が挟まれる。裁判はあらかじめ決定していたように反論もなく罪を認めていた。ショーアップされた見世物という感じ。
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『粛清裁判』11/21 「国葬」から続けて見ると、最後の最後で背筋の凍る思いをする。でもこうやって記録を残してることがすごい。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • Voroshilov_CCCP
    「スターリンの葬送協奏曲」 スターリンの後継者争いを描いた風刺映画。スターリン時代の恐ろしさを淡々と描いている。ただ、「粛清裁判」を見ると、これを見てゲラゲラ笑う自分が恐ろしくなる。
    いいね
  • RedZat04124
    KBCシネマで<群衆>セルゲイ・ロズニツァ特集『国葬』『粛清裁判』『アウステルリッツ』の順で鑑賞。『国葬』は所々モノクロからカラーに変わる厳かな正に国葬の映画。『粛清裁判』は判決を読み上げる裁判長が異常に早口で判決を読み上げ案の定たまらず咳き込むんで一人爆笑。つづく。
    いいね
  • cockadoodle_knr
    『粛清裁判』観てきた。エリートへの一般国民の憎悪感情について考えさせられる内容だった。 アダムとイブがエデンを追放された話が広く浸透していることからも、元から人は知識に対して憎悪する気持ちがあるんだろうか…と思ったり。けれど、何より怖かったのは人々の憎悪を利用しようとする存在だ。
    いいね
  • eiganiwaka
    「粛清裁判」、粛清される人の僅かかな懇願を除けば2時間ずっと良い意味でつまらないが(良い意味のつまらなさとは)、エンドロール前の種明かし的テロップでじゃあ今まで見てきたものはなんだったの…ってなって脱力しつつ急にそのつまらなさが面白くなる珍しい映画。
    いいね
  • inada_h
    『セルゲイ・ロズニツァ《群衆》ドキュメンタリー3選』 長野相生座ロキシーで三作品上映中です。 今、この時代に観た方がいい映画だと思います。 長野市近郊の方はぜひ。 『国葬』1/23~2/5 『粛清裁判』1/23~1/29 『ア… https://t.co/s6OEx2wb1r
    いいね
  • CoolNakagawa
    『粛清裁判』を観た。これは1930年の「産業党」によって国家転覆を図ったとされて技術者達が裁かれた裁判の様子を実写フイルムによって描く物である。たしかに貴重な映像ではある。ただし、これを観ると独裁を強めるスターリンが恐ろしく、それ… https://t.co/OGRyEYxytI
    いいね
  • Taidongren
    映画「粛清裁判」を鑑賞しました https://t.co/qPzeDG8tgv
    いいね
  • star_rin_cccp
    「粛清裁判」は1930年に8人の技術者が外国と結託して反革命行為を行ったとして裁かれた「産業党裁判」を扱う。「産業党裁判」の様子は当時映像と音声で記録され有声映画として公開された。「粛清裁判」はこの映画に新たな映像を加えて再構築されたものである。
    いいね
  • maru666it
    『粛清裁判』と『Mank』を。Netflixオリジナル映画を映画館で見るの、『Okja』以来じゃないか…? https://t.co/pn9fQyfP6A
    いいね
  • eisei246
    『粛清裁判』雪降ってる夜中に行進してるの寒そうだし多分仕事帰りの労働者が動員されてる。映画館もちょっと寒かった
    いいね
  • chihaya_gorgor
    『粛清裁判』群衆3部作。 また基礎知識もなく観に行って、楽しみにするような話ではないと知ってたのにすごく傷ついた。 ただただ過去の映像をナレーションもなく繋いでるだけ(ではないよねきっと)で2時間見させてしまう監督はきっと聡明な人… https://t.co/hd7Xm0tUog
    いいね
  • rinnoyama
    セルゲイ・ロズニツァ群衆の『粛清裁判』を観る。 ソ連時代のクーデター犯への裁判の記録映画。 あれ、今日こんな寒かったかな・・・? いや、いろんな意味で怖い❄️ はー、あったまろ・・・ https://t.co/HbXmHoyy1u
    いいね
  • Voroshilov_CCCP
    「スターリンの葬送狂騒曲」はスターリン時代を描いた風刺映画で、コメディ要素もあった。しかし、「粛清裁判」は1930年の産業党裁判の映像で、わかればわかるほど恐ろしい。現実は小説より奇なりとはまさにこのこと。
    いいね
  • aomeyuki
    セルゲイ・ロズニツァ〈群衆〉ドキュメンタリー「粛清裁判」で扱われている産業党裁判って、罪状並びに裁判を含め全ての事象が虚構(体制強化のプロパガンダ)なのか、冤罪(でっち上げ)による反体制派(インテリ)への弾圧なのか?が判然としないので、これはもう一度観るしかないか。
    いいね
  • SUslava1
    伏見ミリオン座で「粛清裁判」見てきた。1930年に実際に行われたソ連最高裁特別法廷の映像が現代にデジタル化して蘇って、スターリン時代の権力と集団心理がよく表された作品だった。 https://t.co/egeLxZK7aV
    いいね
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    GD_momoco
    2330movies / tweets

    follow us