TOP >作品データベース >ウルフズ・コール

ウルフズ・コール

みんなの感想/評価
「ウルフズ・コール」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
75%
  • 良い
    13
  • 普通
    4
  • 残念
    0
総ツイート数
394
ポジティブ指数90
公開日
2020/9/25
原題
Le Chant du lou
配給
クロックワークス
上映時間
115分
解説/あらすじ
軍の潜水艦で、並み外れた聴覚を活かし「黄金の耳」と呼ばれる特殊分析官として従事するシャンテレッド。それは僅かに聞こえる音から敵の動向を探る重要なポジション。 しかしシリアでの潜航任務中、彼は怪しげな音に気づくも識別に失敗し、その判断ミスから甚大な危機を招いてしまう。彼の耳を惑わせたのはまるで“狼の歌(呼び声)”のような正体不明のソナー音。やがて再びその音が聞こえたとき、シャンテレッドは人類滅亡の危機を賭けた決断を迫られる…。
© 2019 – PATHE FILMS – TRESOR FILMS – CHI-FOU-MI PRODUCTIONS – LES PRODUCTIONS JOUROR – JOUROR
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • jasminya
    『ウルフズ・コール』なんでこんなことに…と思わずにいられない。聴力で仕事してるのにこれからどうするんよとか。。。
    いいね

    良い
  • jasminya
    『ウルフズ・コール』フランスの潜水艦もの。潜水艦の中で海中の音を聞きその音が何であるかを判断する兄ちゃん、その兄ちゃんの一言で回りは右往左往、大変や。大統領が一度発した命令は絶対!決して覆せない…止めようとする側と遂行とようとする側
    いいね

    良い
  • eichan2014
    #ウルフズ・コール』フランス映画祭にて鑑賞。恋愛モノの新鋭フランスワ・シヴィルの珍しい現代軍事映画。虚々実々の潜水艦シーンのみならず屋外ライブアクションも楽しめる。オマール・シーも出て豪華な布陣のミリタリー男子向け娯楽作品。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『ウルフズ・コール』(19/仏) 潜水艦モノの新たな傑作! 天才的な耳を持つ音響分析官が主人公という、ニッチな設定がまず良い。世界の危機を回避するため味方の潜水艦同士で対決という、切なさ炸裂の海洋ミリタリーアクション。
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『ウルフズ・コール』フランスの潜水艦が舞台って、ちょっと意外な設定。そして身動きとれない海底の圧迫感とか、マジな戦争勃発の危機があって、ますますおフランス映画?となりつつも、気分上がり気味に鑑賞。潜水艦映画っておもしろい!
    いいね

    良い
  • 624ken
    新宿バルト9で『ウルフズ・コール』を鑑賞。潜水艦の音声特殊分析官が主人公の話。潜水艦は、戦闘になると怖いです。音を聞きわける力が運命を左右しますね。ストーリー展開的にもおもしろかったし、潜水艦の中の緊迫感も堪能できておもしろかった。
    いいね

    良い
  • eliminator250v
    『ウルフズ・コール』日本予告編はミスリードを誘う編集がなされているが、ネタバレすると面白くないのでまあ良し。PG12なのは本屋の店員さん(前歯可愛い)が乳を披露するせい。仏海軍全面協力も納得の潜水艦映画、艦長が主役じゃないのが画期的
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『ウルフズ・コール』ソナー音をモチーフにしたフランスの実力派キャストたちによる潜水艦アクション映画は、戦争勃発を回避する為に僅かに聞こえる音を索敵して戦闘行動に移るという瞬時の判断が生死を分けるので、観ていてスリリングで手に汗握る。
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『ウルフズ・コール』劇場で鑑賞。"黄金の耳"を持つ分析官が直面する世界の危機。潜水艦内を満たす臨戦の緊張感…耳を澄ませ"敵"と対峙する様に思わず息を呑む。主人公の脇の甘さは些かノイズになるが、物語の苦く切ない幕引きは好印象。良作です
    いいね

    良い
  • trustpine
    ウルフズ・コール、観ました。仏の攻撃型原潜で並外れた聴力を活かし、黄金の耳と呼ばれる分析官として従事する男が危機に直面していく様子が描かれていく潜水艦アクションです。仏海軍全面協力の下、本物の潜水艦を使用したリアリティーが圧巻でした。効果音の出し入れがうまかったですね。
    いいね

    普通
  • kmrks
    『ウルフズ・コール』(Le Chant du lou)鑑賞。166「スペシャルズ」のレダ・カテブ! タイトルから想像し難い仏海軍の戦闘ドラマ。少し前提知識要るかな。 #eiga
    いいね

    良い
  • 28kawashima
    『ウルフズ・コール』 観る前:スッゲェーハンターキラーみ溢れてるゾ!!ワクワク!! 観た後:PMCルートだったかァー…… 割と予想外な潜水艦軍事サスペンス。いやァー、観応えはあるんだが、しんどいなァー……
    いいね

    普通
  • akafundosi
    『ウルフズ・コール』@ 梅田ブルク7観!壱歩の過ち壱つの誤りが鉄の棺となって海深く沈む…視えない海底では耳と計器が生命線!重圧が耳を覆う!序盤の緊迫感たるや流石「潜水艦物にはづれなしっ!」耳を突き刺す中高音と響く重低音!まさに劇場箱内が閉塞感と鉄板壱枚向こうは地獄の様相!
    いいね

    普通
  • 1224Lowtech
    『ウルフズ・コール』潜水艦映画に外れ無し!が、此方はひと味もふた味も違うフランス製。海軍の警備するのはシリア沖、主人公は鋭敏な聴覚で海中音を聴き分ける音響分析官。この"黄金の耳"を頼りに繰り広げられる海中戦は、謎めいていて惹き込まれる。最後にロシアの仕掛る罠が然もありなん
    いいね

    良い
  • nodatetu
    「ウルフズ・コール」仏産の潜水艦映画をUC豊洲で。抜群の聴覚を持つソナー員の判断ミスが船員達の運命を左右する。主人公シャンテレッドの脇の甘さや馬鹿過ぎる行動が鼻につく。雑な恋愛シーンは全部不要。仏、露、シリアとの攻防は本作の見所。彼の運命の着地点は哀しく、ラストの描写が胸に残る。
    いいね

    普通
  • Pooh_kuru_san
    『ウルフズ・コール』音響分析を軸とした切り口の面白みとスリリングさを兼ね備えた船出から、B級アクションと思いきや軍事サスペンスへと予測不能な流浪の航路を辿るフランス産の潜水艦映画。豪華キャストも哀しいかな、主人公の脇の甘さに不信感。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『ウルフズ・コール』フランソワ・シビルの初主演。フランスでとてもホットな俳優さん。様々な映画出演目白押し、この作品では凄くフレッシュな演技。どんでん返しも随所で楽しめます!昨年のフランス映画祭鑑賞。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • noraneko285
    「ウルフズ・コール」まあ主人公ボンクラでも面白いのだから、改めて「潜水艦映画にハズレ無し」を証明してるとも言える。ところで「ハンターキラー」ほどではないが、トンデモ描写があるのは映画だからともかく、用語の翻訳あちこち間違ってないか… https://t.co/getLSCt2vh
    いいね

    普通
  • noraneko285
    「ウルフズ・コール」しかし、主人公の職業は興味深いが、キャラクターがここまでボンクラなのも珍しい。優秀なのは確かなんだろうが、いい歳して任務中に泣き出して職場放棄って。お前は「碇シンジ」かw 主人公逃げちゃったおかげで他のキャラク… https://t.co/UzxN6E3Uqf
    いいね

    普通
  • noraneko285
    「ウルフズ・コール」現代を舞台にしたフランス製潜水艦映画。主人公が潜水艦の“目”となると音響分析官なのは珍しい。シリア沖に現れた正体不明の謎の潜水艦がヨーロッパに核戦争の危機を引き起こし、味方の核ミサイル発射を阻止するミッションはなかなかスリリングに展開する。#映画 #eiga
    いいね

    普通
    もっと見る Loading...
    関連動画
    coco 映画レビュアー
    croaton0
    5407movies / tweets

    follow us