TOP >作品データベース >オン・ザ・ロック

オン・ザ・ロック

みんなの感想/評価
「オン・ザ・ロック」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
95%
  • 良い
    19
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
140
ポジティブ指数100
公開日
2020/10/2
原題
On the Rocks
配給
東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
上映時間
97分
解説/あらすじ
ローラは順風満帆な人生を送っていると思っていた。しかし、夫のディーンが新しく来た同僚と残業を繰り返すようになり、良からぬことが起こっているのではと疑いを抱く。そこで、ローラはそういう男女の問題に精通しているプレイボーイの男性に相談を持ち掛ける。それは、自分の父親のフェリックスだった。フェリックスはローラにこの事態を調査すべきだとアドバイスし、父娘2人で夜のニューヨークへと繰り出す。アップタウンのパーティーやダウンタウンのホットスポットを駆け巡るうちに、フェリックスとローラは自分たち父娘の関係についてある発見をすることになる―。
© 2020 SCIC Intl
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • mylgbtqseats
    『オン・ザ・ロック』ユーモアたっぷり
    いいね

    良い
  • LUCKYCL06401923
    『オン・ザ・ロック』…人間模様が豊かに描かれている
    いいね

    良い
  • kamihiko
    『オン・ザ・ロック』“LIT”以来に好きかなぁ。本当に浮気してるかどうかは本人を信じるしかないが、当人たちが納得できれば心は落ち着く。曲の使い方がソフィアっぽい。これパッケージで欲しかったなぁ。Tシャツとかも
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『オン・ザ・ロック』ビル・マーレイは祖父で父親だけど娘と二人でいると恋人に間違われる。世のお父さんの理想?!自分が遊び人だからとイケメンの娘婿を危ぶむ姿に笑い。雨降っての例えがピッタリ。ニューヨーク舞台でお洒落な映画!
    いいね

    良い
  • garancear
    『オン・ザ・ロック』ソフィア・コッポラはこんな映画も撮るんだね。アッパークラスのおしゃれニューヨーカーな主人公に自分が重なっているのだろうか。娘に大きな影響をふるうビル・マーレイの愉快なキャラクター、楽しそうに翻弄される娘。 #映画
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『オン・ザ・ロック』ニューヨークの街並みとジャズの使い方が気持ち良い。リッリな映画だがちょっと眠くなる。『82年生まれ、キム・ジヨン』と重なる部分があると思うのだが義母が出てこず実父が悩みの種だった。ファザコン映画かな。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『オン・ザ・ロック』ローラは育児や家事に忙しく夫が会社の女と浮気しているのではないかと疑念をいだきプレーボーイの父に相談する。男は浮気するものだという父はローラを巻き込みながら夫を尾行する。家庭内コメディ。ソフィア・コッポラだから父親のことも関係してくるのかと妄想する。
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『オン・ザ・ロック』これはコッポラ一家のこと?ソフィア・コッポラフリークとしては、コンサバにシャネルバックって、まさにソフィアのいつものファッション。単なるオシャクソニューヨーカーの話、ファン意外、面白いのかな。めっちゃ好きでした。
    いいね

    良い
  • yukigame
    「オン・ザ・ロック」父親は何年経っても娘にぞっこんなんです。そんなパパをウザいと思わないで。#オン・ザ・ロック #ソフィア・コッポラ #ビル・マーレイ https://t.co/ADPJdCYym2?amp=1
    いいね

    良い
  • shignak
    映画】オン・ザ・ロック見てた。◎。NYに暮らすアッパークラスの三十代後半の二児の母で小説家が旦那の浮気を疑い、自分を探す話。Allen風。小学校で同じ親の話を聞くシーンを効果的に重ねているが、結局、Murrayが持たせていた作品。
    いいね

    良い
  • frenchbluee
    『オン・ザ・ロック』 道楽者の父ちゃん役のB・マーレーがハマり役。親子だと遠慮のない会話の応酬は見ていて気持ちよかった。NYのアッパークラスのオサレな生活の雰囲気も味わえる。
    いいね

    良い
  • sitaoka
    『オン・ザ・ロック』ビル・マレーがチャーミング。いくつか笑えるシーンもあり気楽に楽しめる
    いいね

    良い
  • 624ken
    ヒューマントラスト渋谷で『オン・ザ・ロック』を鑑賞。夫が浮気の疑いがある娘におせっかいする父親。ビル・マーレイさんがダンディーでとぼけてて憎めないですね。こんなおじいちゃんになりたい。男について語る言葉は、そうだよねーって納得。
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『オン・ザ・ロック』鑑賞。ソフィア・コッポラの等身大ムービーで今回は中年女の健気なクライシス。NYのハイソが舞台で愉快な父親との珍道中は女性目線のWアレンのよう。肩の力が抜けた感じはいいが辛辣さも起伏も少なく退屈。このラインは悪くないので次に期待。Phoenixの音楽が良かった。
    いいね

    普通
  • Kubric2001
    『オン・ザ・ロック』現役のプレイボーイで、皆が友達の様なビル・マーレイ演じるパパがとてもキュート。娘が夫の浮気を疑い狼狽すれば、早い動きで親子でプチ尾行旅行。そして男女の機微を指南する洒落たパパ。男の年季もこう発揮されればね。
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『オン・ザ・ロック』劇場で鑑賞。夫への疑念に揺れる娘が、人たらしの父と乗り出すささやかな冒険。R・ジョーンズを終始翻弄する名優B・マーレイの類稀な愛嬌。男と女を巡る微妙な関係を軽やかに描出する、洒脱な物語の妙味に只管酔いしれた。快作
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『オン・ザ・ロック』被害妄想気味の娘と夢想家の父のバディによるプチ冒険物語。説教くさくもなく人生の意義や心の憩いをサラリと息抜き程度に提供してくれる。ある種、文化の創造主だったS.コッポラらしくない地に足のついた普遍性と軽妙さが良い
    いいね

    良い
  • kmrks
    『オン・ザ・ロック』(On the Rocks)鑑賞。169 見ながら、ロスト・イン・トランスレーションが愉快な映画だったことを思い出した。ビル・マーレイとソフィア・コッポラの、リアルより3割自由で楽しい世界。 #eiga
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『オン・ザ・ロック』「ロスト・イン・トランスレーション」のソフィア・コッポラ監督とビル・マーレイが再タッグした本作は、夫の浮気疑惑や本業の執筆がスランプで落ち込むヒロインがブレイボーイの父と行動する中で人生の意義を見出だしていく。
    いいね

    良い
  • masaakiukulele
    『オン・ザ・ロック』ふたりの娘を持つ父親として、ビル・マーレイに憧れる。 ランダ・ジョーンズって💃『カンバック!』のフリオね。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    yukigame
    2989movies / tweets

    follow us