TOP >作品データベース >ヒトラーに盗られたうさぎ

ヒトラーに盗られたうさぎ

みんなの感想/評価
「ヒトラーに盗られたうさぎ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
94%
  • 良い
    18
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
237
ポジティブ指数96
公開日
2020/11/27
原題
When Hitler Stole Pink Rabbit
配給
彩プロ
上映時間
119分
解説/あらすじ
1933年、ヒトラーの台頭によってナチスが政権を握る直前にその迫害から逃れるために家族とともに故郷ドイツを出国、スイス、フランスを経て1936年にイギリスへと渡ったジュディス・カー自身の少女時代の過酷な逃亡生活の体験をもとに"9歳の少女アンナ"が貧困や差別などの困難を乗り越えながら家族との絆を深めていく。
©2019SOMMERHAUS FLIMPRODAKTION GMBH/LA SIALA ENTERTAINMENT GMBH / NEXTFILM FILMPRODAKTION GMBH&CO.KG/WARNER BROS.ENTERTAINMENT GMBH
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • momomikan0608
    『ヒトラーに盗られたうさぎ』絵本作家ジュディス・カーの少女時代。ドイツを逃れスイス、フランス、イギリスへ。平和な時なら裕福なはずが貧困で苦労するのですが、悲壮さはあまりなく家族の絆に心温まりました。家への別れの挨拶が可愛かったです。
    いいね

    良い
  • maru_a_gogo
    『ヒトラーに盗られたうさぎ』作家ジュディスカーの少女期を描いた実話。直接誰かが拷問されたりはしないので、辛くなり過ぎずに見れる。一家はナチスから逃れて移住を繰り返し、どんどん辛い境遇になるけど、明るく正しくあろうとする姿に感動😭
    いいね

    良い
  • renn6161
    『ヒトラーに盗られたうさぎ』ジュディス・カーの少女時代の物語。ヒトラー政権になる直前一家はスイスに。次にフランス、その後イギリスへ。ユダヤ人であるが故に追われ、生きるために歯を食いしばり、前を向く。彼女が無事成長してくれてよかった。
    いいね

    良い
  • mattsuanko
    『ヒトラーに盗られたうさぎ』#movie ホロコーストかとびくびくしながら鑑賞。先見の明のある両親のおかげで財産は失ったもののいち早く逃げて事なきを得た家族の話。英国に渡りこれからどうなる?というところで終わり。尻切れトンボ感あり
    いいね

    普通
  • 624ken
    飯田橋ギンレイホールで『ヒトラーに盗られたうさぎ』を鑑賞。ナチスから逃れ、スイス・フランス・イギリスと亡命していく家族の物語。時代に振り回されていったが、聞き分けのよい優秀な子供たちだった。みんな環境にうまく慣れてたね。
    いいね

    良い
  • nani1tenda
    『ヒトラーに盗られたうさぎ』うさぎの人形は盗られても、いつまでも心の中に残っている。非情な時代に振り回され、生活の困窮、家族との喧嘩などリアルな描写が辛い。変化を楽しみ、湿っぽい別れはしないで前を向く少女の姿勢がとても心強かった。
    いいね

    良い
  • birdmtbird
    #ヒトラーに盗られたうさぎ 』戦争の悲惨さを前面に押し出すのではなく9歳の少女の視点で描かれているのでソフト。戦争のこと…家族のこと…いろんなことを感じ考えたもらえたらいいなと思う https://t.co/iWWtLaPJgb
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『ヒトラーに盗られたうさぎ』反ヒトラーとしてマークされた父親と亡命しながら難を逃れていくユダヤ人家族の物語。ヒトラー政権が樹立した直後で、残虐シーンはないが恐怖がいつも隣に。アンヌとメイドのハインピーや友達と叔父さんと、別れは悲しい
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ヒトラーに盗られたうさぎ』ユダヤ人家族の亡命映画。少女の視点がそんなに悲観的ではないのでナチスものにしては珍しいかも。故郷を追われたけど家族愛で乗り切るという感じなのか家族映画になっている。少女が別れを告げるシーンが胸キュン。号泣するほどでもないが泣ける映画。
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『ヒトラーに盗られたうさぎ』ひたひたと、ナチスがヒトラーが追いかけてくる足音がする。逃避行。祖国なきはユダヤ人の運命(さだめ)か。教育は大事だなぁ。誰にも奪われない宝だよなぁ。最初はこまっしゃくれた少女がだんだん頼もしく見えてくる。
    いいね

    良い
  • tsuya_pi
    『ヒトラーに盗られたうさぎ』 ★★★★ 愛情は人として信頼して初めて伝わるものかもしれない。子ども相手でも自分たちが置かれた状況をうやむやに隠したりせずきちんと説明する両親だったからこそ生活のあらゆる変化に向き合えたのだと思う。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『ヒトラーに盗られたうさぎ』子供の視線で語られたナチスからの逃亡劇。裕福だったが逃亡生活で困窮する両親。主義を曲げない父と背に腹はかえられない母に対し子供二人はどこでも順応する逞しさ。戦争部分はないがナチスの恐ろしさは十二分伝わる。
    いいね

    良い
  • tsuya_pi
    『ヒトラーに盗られたうさぎ』 ★★★★ 教養とは人を思いやること。多少の脚色はあれどやはりこの監督は人生の写し出し方がとても美しい。日常に点在する細やかな悲喜を丁寧に交互にすくいとる演出は、まるで上品なダンスを見ているかのよう。
    いいね

    良い
  • tsuya_pi
    『ヒトラーに盗られたうさぎ』 ★★★★ 貧しくてもほんの少し贅沢したり工夫してプレゼントし合ったり人の好意を素直に受け止めてみたり。どんな状況下でも心の灯りを消さなければ人生はいくらでも楽しめるし愛に気付くことが出来る。大好き。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『ヒトラーに盗られたうさぎ』ナチスの迫害から逃れ、異国を流転する家族の冒険譚を少女の視点で描く自伝。「さよなら」の意味も、過酷な逃亡生活も理解して尚、利発で前向きな一家の揺るぎない絆。奪えはしない〝家〟という概念と子供の無垢な好奇心
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『ヒトラーに盗られたうさぎ』ドイツの絵本作家ジュディス・カーが少女時代の体験を基にした自伝的小説を映画化した本作は、ホロコーストの直接的な描写はないが、ヒトラーのユダヤ人迫害からの過酷な逃亡生活を9歳のアンナの視点で浮き彫りにする。
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『ヒトラーに盗られたうさぎ』絵本作家ジュディス・カーの自伝的小説を映画化。ナチスが政権を握る直前にドイツからスイスに逃れたユダヤ人一家。希望を捨てず、最善を尽くす親と、環境・文化・言語が変わっても適応し、成長する子供たちが素晴らしい
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『ヒトラーに盗られたうさぎ』まだ戦前だから兵士も出ないし、陽光で暗さはない。でも迫ってくるナチスから逃れ先の見えない生活を強いられる家族を、9歳の娘の目で描き、前向きで瑞々しい感性に清々しさと勇気を貰う。子供は親が思うより大人だな。
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『ヒトラーに盗られたうさぎ』ホロコーストや強制収容といったユダヤものの描写はない。だがその裏で確かに行われていた時代にあって、貧困ながらも生きる彼女たちの家族愛に心打たれ、希望の渡航に生きる勇気を感じる #ヒトラーに盗られたうさぎ
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • adusan31
    『ヒトラーに盗られたうさぎ』ー。ヒトラーの台頭により、亡命を余儀なくされる家族。言葉や慣習の違い、そして友だち。少女はたくさんの「さようなら」を重ねる。しなやかに逞しく。どこに行ったって、またチーズから始めればいい。家族がいる場所… https://t.co/3PmiqoAv75
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    mokomoko37
    3030movies / tweets

    follow us