TOP >作品データベース >アーニャは、きっと来る

アーニャは、きっと来る

みんなの感想/評価
「アーニャは、きっと来る」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
91%
  • 良い
    10
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
140
ポジティブ指数92
公開日
2020/11/27
原題
Waiting for Anya
配給
ショウゲート
上映時間
109分
解説/あらすじ
1942年、第二次世界大戦さなかのフランス。ピレネー山脈の麓の小さな村に住む羊飼いの少年・ジョーは、平和な日常を送っていた。しかしある日、ナチスの迫害から逃れてきたユダヤ人・ベンジャミンと知り合い、ユダヤ人の子供たちを山の向こうのスペインに逃す救出作戦に協力することになる。そんな中、ついにのどかな村にもナチスがやって来た。村人たちを巻き込んだ作戦のゆくえは―。
(c) Goldfinch Family Films Limited 2019
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • sa9237a
    『アーニャは、きっと来る』母を訪ねて三千里のごとく離れ離れになったアーニャが長い旅で苦難の乗り越えて戻ってくるお話だと思っていたが、ナチスによるユダヤ人迫害から子供たちを救出するお話で、アーニャはつけたしみたいなものだったかな。
    いいね

    良い
  • Mochina1984
    『アーニャは、きっと来る』ナチス占領下のフランス南部でどこか牧歌的ともいえるユダヤ人救済物語。ナチ軍曹も普通の人間として描いている点が現代的だし、それぞれの話の伏線と回収が丁寧。
    いいね

    良い
  • yukigame
    「アーニャは、きっと来る」ドイツ軍に追われるユダヤ人たちはピレネー山脈を越えて逃げられるのか。子供たちの運命は少年にかかっていた。#アーニャはきっと来る #洋画 https://t.co/q5OmcRJfJd?amp=1
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『アーニャは、きっと来る』ナチスのユダヤ人迫害。南フランスの人々はこっそりとユダヤ人を逃していた事実。称賛利益を求める事なくナチスと対峙した人々に共感。しかし戦争末期はナチスでも殺人鬼ばかりでなかった事に温かさも感じた。実話は重い。
    いいね

    良い
  • trans_american
    『アーニャは、きっと来る』ナチス軍駐留の南仏において、ユダヤ人のこどもたちを逃がすという、実話系なのですが、簡単ではないし、ユダヤ人とナチス兵どちらにも接している少年の運命もただじゃすまないのではと、結構ドキドキしながら観れた
    いいね

    良い
  • eichan2014
    #アーニャはきっと来る』日々労働に明暮れる牧歌的なピレネー山麓の村にもナチスの軍靴はやってきた。極秘に匿われたユダヤ人の子供達を逃がすべく村を挙げて国境超えを果たす人々の勇気と矜持を描く実話。雄大な山岳地帯を行く羊の群れが美しい。
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『アーニャは、きっと来る』ピレネー山脈が美しいこと。珍しくドイツ兵がそこまで悪人に描かれていないのに好感。この時代の色々な所で人々が手を尽くし危険を感じながらもユダヤ人を助ける話には、人として嬉しく思うけれど少しだけ平板な作りかな。
    いいね

    普通
  • usako_usagiclub
    『アーニャは、きっと来る』第二次大戦中、ピレネー山脈の麓の羊飼いの少年が、ユダヤ人の子供たちの逃亡を助ける物語。ドイツ人兵士=悪者というステレオタイプで描かれていないのは○。でも、兵士と村人が一緒にミサに出席したのか等疑問点も多い
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『アーニャは、きっと来る』実話を基にしたマイケル・モーパーゴの同名小説を映画化した本作は、ナチス占領下のフランスを舞台に羊飼いの少年ジョーをはじめ当事者ではない村人達が自らの危険を顧みずユダヤ人救出に手を貸す様が感動的に描かれる。
    いいね

    良い
  • kmrks
    『アーニャは、きっと来る』(Waiting for Anya)鑑賞。195 ノア・シュナップの成長もジャン・レノ&アンジェリカの配役も素晴らしいし、フランス風に仕上げなかった英比合作なのもかなり好感度高い #eiga
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『アーニャは、きっと来る』戦争の悲惨さやナチスの蛮行より、大切な人がいたり、命の尊さを知っている事で繋がれる人の本質を描くヒューマンドラマ。戦地ではない美しく雄大な自然が、時世に揺るがず、正しさを持つ勇気ある柔らかな物語によく合う。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • noraneko285
    「アーニャは、きっと来る」全体に少年少女に向けた作りで、モチーフの割に描写はマイルド。前記したナチス兵の描写も含め、客観性にこだわったために観やすいが、ややキャラクター描写が画一的になった嫌いがある。ちっぽけな人間の戦争など、無関… https://t.co/waAoigbd2Q
    いいね

    良い
  • noraneko285
    「アーニャは、きっと来る」ファシストのフランコ政権はフランコ自身がユダヤ系って説もあるくらいだから、SSの調査に協力はしても送還などの具体的な迫害は避けていたらしい。そのためピレネーは数少ない脱出ルートで、主人公はユダヤ人を助けた… https://t.co/ewrWYtKoXd
    いいね

    良い
  • noraneko285
    「アーニャは、きっと来る」ナチス占領下の南仏で、ピレネー山脈を超えてスペインに逃れるユダヤ人を助けた羊飼いの少年の話。村にはドイツ占領軍もいるんだが、主人公と仲良くなる下士官がいて、自分の任務について葛藤を深めていたり、なるべく双方を人間的に描こうとしている。#映画 #eiga
    いいね

    良い
  • Automatic_T
    「アーニャは、きっと来る」観終わった。ジャン・レノにトーマス・クレッチマンと脇を名優で固めた良作くと云っていいんだけど、大戦とユダヤ人を題材にしてる以上後味が悪いよな。
    いいね
  • noriko_c
    訂正2。『アーニャは、きっと来る』、タイトルだけがちょっと不自然で、あとは完璧に美しかった。根はいい人なのに業務を遂行しないとならない伍長の演技が素晴らしい。あと、主人公パパがイケメンすぎ。主人公もかっこよすぎ。ファッションが超気になった(ツイートし直すほどの感想じゃなかった)。
    いいね
  • jokirian
    『アーニャは、きっと来る』を鑑賞。第二次世界大戦中の南仏で、ユダヤ人の子供たちをスペインに逃がそうとする話。個人的にはちょっと物足りず…。ドラマがあっさりしてんなーと思ってしまった。南仏の雄大なロケーションはグッときました。ジャン・レノに似てる人出てるなーと思ったら本人でした。
    いいね
  • akky813
    ランチを食べ終え「アーニャは、きっと来る」を鑑賞してきました。戦争は悲しみしか生まない。主人公のジョーの繊細で優しく時に勇敢な姿に惹き込まれました。そしてピレネー山脈の美しい自然が素晴らしかったです。 #アーニャはきっと来る… https://t.co/5KrfTPuAAB
    いいね
  • oni_maru
    『アーニャは、きっと来る』 #映画 #cinema 場所: 新宿ピカデリー https://t.co/0rlmUzir3l
    いいね
  • mokurenjan
    『アーニャは、きっと来る』(ネタバレ感想) https://t.co/Hq6t1Ko0fi
    いいね
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    GD_momoco
    2366movies / tweets

    follow us