TOP >作品データベース >私は確信する

私は確信する

みんなの感想/評価
「私は確信する」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
83%
  • 良い
    28
  • 普通
    5
  • 残念
    0
総ツイート数
316
ポジティブ指数95
公開日
2021/2/12
原題
Une intime conviction
配給
セテラ・インターナショナル
上映時間
110分
解説/あらすじ
10 年前に失踪した妻を殺した容疑で、裁判にかけられたジャック。250 時間に及ぶ電話記録が、隠された真実を暴き出す。彼の無実を信じるシングルマザーのノラは、敏腕弁護士エリックと裁判と事件に挑む!三人の子供たちを残して姿を消したスザンヌ。夫である大学教授のジャックは妻殺害の容疑者となる。彼の無実を信じるシングルマザーのノラは、敏腕弁護士デュポン=モレッティに弁護を懇願、アシスタントになり事件の調査を始める。新たな真実と疑惑が浮かび上がる、スリリングな展開に息を吞む。冤罪か、有罪か。裁判の行方は―。
©Delante Productions - Photo Séverine BRIGEOT
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • momomikan0608
    『私は確信する』フランスの実在の冤罪事件に基づく。素人なのに知人の無実を証明しようと奮闘するヒロインの情熱が凄い。そして悪意までは無くとも真実を語る勇気を持てない人々が、無実の人の人生を簡単に狂わすことが出来るのが恐ろしかったです。
    いいね

    良い
  • maru_a_gogo
    『私は確信する』実際の事件をモチーフとした法廷モノ。オリヴィエグルメの大熱弁など見応えあり。でもシングルマザーのノラが失業してまでのめり込む理由が分からず、共感しにくい。弁護士の助手設定とかにすれば良かったのでは?
    いいね

    普通
  • 4usoitk
    『私は確信する』物語を回すためとはいえ単に息子の家庭教師の父親の「冤罪」をはらすためにあそこまでの行動を起こせるかという疑問はつきまとうが、緊張感を最後まで保って見せてくれる。あと、なんであんなに通話記録残ってるの?(^^;)
    いいね

    良い
  • renn6161
    『私は確信する』実際にフランスで起きた裁判がベースに。そうか、そういうことか。法廷シーンにがっつり重きを置かれているが、寡黙な被告人がそこにいる理由が投げかけられているのだ。仮説、流れに乗る報道や紛れ込んだ嘘。オリビエ弁護士の迫力!
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【私は確信する】証拠のない確信ほど質の悪いものもなかろう…プロフェッショナルな関わりに徹する弁護士役オリビエ・グルメの名演技。スピーディに畳み掛ける演出で引き込まれた。一方でノラの人物像には疑問。純粋な正義感だけからこれほど傾倒するものなのだろうか?裁判の決着も割と無難で…。
    いいね

    良い
  • mattsuanko
    『私は確信する』#movie ノラの動機がよく分からなかった😆
    いいね

    普通
  • robasuke2015

    普通
  • akafundosi
    『私は確信する』@ 塚口サンサン劇場観。実話が元と。疾走した妻の夫は冤罪か犯人か?審判員制度、法廷、報道の在り方を問う。また信念でのめり込む「確信」や「真実」の危うさ、義憤に囚われ身近な大事を忘却する盲進の怖さを視る。途中途中ノラの動向は観ててハラハラ…法廷物面ろさ緊張感上々!
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『私は確信する』最終弁論で「推定無罪」という裁判の前提について感動的なスピーチをするのだが、このおばさんの推理はある部分で当たっているかもしれないが、裁判では必要ないことまで語ってしまう。要はおっせかいおばさんなのだが、ラストはちょっと泣ける。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『私は確信する』フランスの法廷ドラマだが、ちょっと違うのはマリーナ演じるシングル、アザーが狂言回しで子供の家庭教師の娘の父親の無罪のために推理を働かせるのだが、それが「家政婦は見ていた」の市原悦子が相応しいような役で、弁護士はちょっと迷惑しているのだが、けっこう活躍するのだった。
    いいね

    良い
  • snake954
    『私は確信する』みる。
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『私は確信する』劇場で鑑賞。"完全犯罪"を巡る裁判にのめり込むシングルマザーの懊悩。主人公の危うい執心と並列される法廷劇の緊張感が堪らない。罪に問われた男の尊厳と共に踏み躙られる裁判の大原則を、改めて問い直す最終弁論が圧巻。秀作です
    いいね

    良い
  • 624ken
    新宿武蔵野館で『私は確信する』を鑑賞。突然姿を消した妻殺害容疑の夫の裁判。証言が怪しい証人たちだね。なんなのこの裁判って感じです。真実と裁判の弁論はまた別物やな。裁判の行方が気になり、判決の瞬間は、緊張した。おもしろいですね。
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『私は確信する』事実に基づいた話ということだが、警察が調べていない膨大な音声データがあるなんて、そんなことあるのだろうか。法廷劇は、なかなかドラマチックだが、事実だから仕方がないにしても、全てが解決してくれないことにモヤモヤが残る。
    いいね

    良い
  • eichan2014
    #私は確信する』疑わしきは罰せず、推定無罪の大原則が検察の横暴でねじ曲げられそうな事件で義憤と信念に燃えるシングルマザーとその熱意に突き動かされる敏腕弁護士。フランスでは有名な冤罪事件。リアルな展開に魂が揺さぶられる傑作。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『私は確信する』実話ベースだけど主役ノラはフィクションとの事。家族ではないものの無実を確信してのめりこんで弁護士へ協力する様は凄まじかった!冤罪って最初の思い込みから発生するんだと感じた。初動捜査の重要性、被告の家族の辛さが伝わる。
    いいね

    良い
  • Limawano55
    『私は確信する』息子がないがしろになり不眠も続き全てを投げ打つノラを思えば、途中少し睡魔が来たりして申し訳ありませんでした。でも息苦しい力の入った作品でした。解決せず証拠もないまま犯人にされそうになる。不思議な裁判。弁護士の言葉良い
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『私は確信する』冤罪に推定無罪さらに推定有罪の漢字が頭を巡る。どこまで情熱を持って裁判に挑んでくれるかが大きなカギだけど、私生活を犠牲にし、睡眠を削ってまで協力するノラは異常に見える。彼女がそこまでする納得できる理由が欲しかった。
    いいね

    普通
  • ma24ta
    #映画 『私は確信する』。冤罪捜査もの。捜査が正しいかを確認するものだと学んだのでしっくりくる。どれだけ熱意をもって弁護してもらえるのかなのかも。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『私は確信する』(18/仏/白) 裁判モノは大好物なので楽しく観た。妻が行方不明になり、死体も見つかっていないのに、殺人の容疑者として訴えられた夫を、救おうとする弁護士と一般女性の物語。「推定無罪」を訴える弁護士の最終弁論に感動。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    croaton0
    6120movies / tweets

    follow us