TOP >作品データベース >【Netflix映画】Mank/マンク

【Netflix映画】Mank/マンク

みんなの感想/評価
「【Netflix映画】Mank/マンク」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
83%
  • 良い
    8
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
12
ポジティブ指数100
公開日
2020/11/20
原題
Mank
上映時間
131分
解説/あらすじ
アルコール依存症の脚本家ハーマン・J・マンキウィッツが「市民ケーン」の仕上げを急いでいた頃の1930年代のハリウッドを、機知と風刺に富んだ彼の視点から描く。
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • A2hyro
    『Mank/マンク』鑑賞。 有名な権力者だから映画の題材にしたのだと思っていたら日頃からお世話になっている恩人だったとは・・・なんて仇の返しかた…。 当時も今も変わらずこれだとトランプを題材にした作品が作られるのもすぐだろうなぁ。
    いいね

    普通
  • A2hyro
    『Mank/マンク』鑑賞。 “人生は一直線でなくシナモンロールのような環”と例え、「市民ケーン」に沿いやや複雑な造りになっているものの「市民ケーン」の断片的なパズルが出てきてそれらが組みあがっていく様を見ていると高揚感が高まる。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『【Netflix映画】Mank/マンク』名作「市民ケーン」が誕生秘話を脚本家の“マンク”ことハーマン・J・マンキーウィッツの視点から同作へのオマージュを交え、モデルとなったメディア王や当時のハリウッドの有り様を浮き彫りにしていく。
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『【Netflix映画】Mank/マンク』単なる『市民ケーン』の内幕モノではなく、当時の社会を通して語られる人種や政治といった社会問題も織り込まれる。モノクロ、モノラルなど本家に寄せたこだわりも強いがそれならスタンダードで。(笑)
    いいね

    良い
  • PUJ920219
    『市民ケーン』に憑りつかれたD・フィンチャーが、今回は完全に『市民ケーン』を撮了。怒涛の対話劇と圧倒的な情報量は健在。主人公の脚本家マンクは権力者の意向一つで製作体制が変わるハリウッド業界に抗うフィンチャー自身。彼が自由な体制で映画が撮れるNetflixを選んだのは当然かも、
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『Mank/マンク』フィンチャー親子の執念と映像作家としての理念が「市民ケーン」への敬意たっぷりに、しかも(敢えて)熱を込めず虚構の都への冷笑まじりに描かれる。取り巻く政治的な背景が現代と変わらず、運命的な巡り合わせも皮肉めいている
    いいね

    良い
  • Hanashi_Sagashi
    『【Netflix映画】Mank/マンク』「市民ケーンは観た事あるけど、大分前で細かい点は覚えてないし、まして制作裏や時代背景までは…」…その程度のレベルな自分には、少々ハードル高かったです…でも市民ケーンに新しい視点をくれるかも。
    いいね

    普通
  • croaton0
    【Mank/マンク】 不朽の名作『市民ケーン』に対しフィンチャー親子が『マンク』という傑作で応えた。市民ケーンとゲイリー・オールドマンありきなのは否めないが、至極の132分は約70年の時を経ての映画と映画、映画人と映画人の邂逅だ
    いいね

    良い
  • kmrks
    『【Netflix映画】Mank/マンク』(Mank)鑑賞。193 1930年代風の画面で描く脚本家マンキウィッツの半生。映画や映画史が好きな人には堪らない! #eiga
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『Mank/マンク』鑑賞。フィンチャーの物語ることへの誇りと悲哀を見たような気分に。それはド直球の市民ケーン脚本誕生話しであり、メディア王の取り巻きとハリウッド黄金期の舞台裏。こんな映画史を描く傑作が配信文化から生まれるという皮肉と変革。瞬きが惜しいような2時間強だった。
    いいね

    良い
  • snake954
    『【Netflix映画】Mank/マンク』みる。
    いいね
  • garancear
    『Mank/マンク』映画館で。昨日市民ケーンを見ておいてよかった。映画の作りは市民ケーンのオマージュでここだわりの映像。名作にしても個人批判はなぜかと思っていたが、業界批判をテーマにネトフリで出すフィンチャー。でも途中寝てしまったのであまり偉そうなことは言えない。 #映画
    いいね
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    croaton0
    5356movies / tweets

    follow us