TOP >作品データベース >ある人質 生還までの398日

ある人質 生還までの398日

みんなの感想/評価
「ある人質 生還までの398日」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    15
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
122
ポジティブ指数95
公開日
2021/2/19
原題
SER DU MÅNEN, DANIEL
配給
パピネット
上映時間
138分
解説/あらすじ
怪我のために体操選手の道を断念したダニエルは、ずっと夢だった写真家に転身。戦争の中の日常を撮影するため、シリアの非戦闘地域を訪れた。だが現地の情勢が変わり、ダニエルはISに誘拐され拷問を受ける。家族は巨額の身代金を用意するために奔走するが、犯人側は容赦なく追い討ちをかけ、過大な要求を突きつけてくる…。
©TOOLBOX FILM / FILM I VÄST / CINENIC FILM / HUMMELFILM 2019
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • 4usoitk
    『ある人質 生還までの398日』緊迫感のある拘束の日々と救出のために身代金集めに奔走する家族。派手さは全くないが圧巻の138分。最後、教会でのスピーチに涙。自己責任論、政府の対応、テロ組織に大金が渡ること等色々考えさせられる
    いいね

    良い
  • eichan2014
    #ある人質』2013年にシリアで398日間もISの人質となりながら奇跡的に生還したデンマーク人写真家の実話。欧米人を誘拐し虐待する側は宗教の理想だ被害者だと正当性を主張するが所詮は巨額身代金目当ての強盗に過ぎない事がわかる映画。
    いいね

    良い
  • ShionSolt
    『ある人質 生還までの398日』、デンマークの写真家が、シリア取材中に拘束され救出されるまでの話。直接的な処刑描写を避けている故、全年齢向けだが、とにかく終盤まで生きた心地がしない。 #映画
    いいね

    良い
  • Marienbad1105
    『ある人質 生還までの398日』 無関与のスタンスを貫く政府、交渉人の攻防、家族の愛と苦悩と焦燥 ISの非道な内幕をリアルかつスリリングな映像に心が張り裂ける 生還した者散った者 尊厳の重みに限りはない
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『ある人質 生還までの398日』シリアでISに拘束され、拷問や飢えの極限状態を耐え抜いた写真家の実話。理不尽な憎悪に屈しない人質同士の絆や救出の為に奔走する家族の姿に涙。誘拐ビジネスの闇の深さも興味深く、自己責任論を超えた重さがある
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『ある人質 生還までの398日』シリアの非戦闘地域でISに誘拐されたデンマーク人写真家。拷問や飢えに苦しむ本人は言うまでもなく、家族の気持ちを考えると観るのも辛かった。私が彼らの立場だったら、最後まで希望を持ち続けられただろうか?
    いいね

    良い
  • a19660819
    #ある人質 生還までの398日』このたった7年前の狂気の実話をどう捉えるべきか?観始めて直ぐ異常な状態に引き込まれて、辛いシーンの連続。今までISドキュメンタリー物何本か観て来たが1番辛かった。家族の愛の力と生きる勇気もらえる映画
    いいね

    良い
  • kukucoo
    →デンマーク政府の対応にはイライラするけれども、国として金を出したらテロ活動資金に協力した事になるという話には納得しかない。でも家族は息子を救いたい。一般家庭では到底集めらない膨大な額の身代金をどう集めるかも興味深かった。『ある人質 生還までの398日』#eiga #映画
    いいね

    良い
  • kukucoo
    『ある人質 生還までの398日』2013年5月から1年余り、シリアでISの人質となったデンマークの写真家ダニエル・リューの体験を描いた実話ベースの物語。この後、ネットに流された衝撃的な「映像」が記憶に残っている。監禁シーンの緊迫感と並行して描かれる家族のストーリーに泣く #映画
    いいね

    良い
  • yukigame
    #ある人質 #生還までの398日」実話を元に作られた衝撃作でした。あの残酷な動画の裏であった事が描かれています。#イスラム国 #人質 #実話に基づく https://t.co/QqgwBXesTg?amp=1
    いいね

    良い
  • 370sana
    『ある人質 生還までの398日』。緊迫感で胸が苦しくなる映画だった。自己責任論では片付けたくないし、ジャーナリストが報じてくれないと世界のことがわからない。でもみすみす億を超える金をテロ組織に渡していいのか。でも自分の身内や友人なら助けたいよ。ジェームズ、あなたには愛が溢れてた。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『ある人質 生還までの398日』(19/丁/瑞/諾) 写真家志望のデンマークの若者が、シリアでISに捕まって解放されるまでの実話に基づくドラマ。ISから要求された200万ユーロを、家族がどうやって調達したかが並行して描かれる。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『ある人質 生還までの398日』ISの人質となる実態。初めて証される内容。人質になった本人も地獄、家族はある意味それ以上である。国家として身代金を出さない衿持も意味あるが人命は地球より重い。解放され真実を伝える勇気も素晴らしい!
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『ある人質 生還までの398日』試写会にて鑑賞。実話の映画化ということで、これが現実の様子なのか、人質の過酷な扱われ方に目を覆いたくなる。試写会ゲスト、シリアで人質になった経験を持つジャーナリスト、安田純平氏の解説が、心に重く響く。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『ある人質 生還までの398日』398日間もISの人質になりながら奇跡的に生還した写真家ダニエル・リューの実話を映画化した本作は、この様な人質事件で議論される自己責任論や ISとは何か、そして極限状況における勇気について考えさせる。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • TamakinTheCat
    映画「ある人質 生還までの398日」観了。ISに捕らわれたデンマーク人写真家が解放されるまで。人質生活の地獄感だけでなく、家族や政府、祖国の人々それぞれの理による正しさのぶつかり合いにとても苦しくなる。交渉人の役割の綱渡り感も興味… https://t.co/TWK05bHSUK
    いいね

    良い
  • noraneko285
    「ある人質 生還までの398日」ブログUP!内線下のシリアでIS系武装組織に拉致され、13ヶ月もの間人質となったデンマーク人カメラマンの実話。人間が作り出したこの世の地獄を、主人公と共に擬似体験する緊迫の138分だ。この地獄は今も… https://t.co/g53dqYxqCD
    いいね

    良い
  • asapu918
    『ある人質 生還までの398日』試写。壮絶な拷問と拘束の日々。スリラー並みの緊張描写が続く一方、救出に奔走する家族の動きが興味深い。人質専門家を交えたビジネスとも言える手続きの数々等、知られざる一面は重要。日本人としては後藤健二さ… https://t.co/S0DZDWHZjK
    いいね

    良い
  • kamoinu
    昨日みた『ある人質 生還までの398日』で、いよいよ解放という別れのとき、 君は「平凡で退屈な毎日」に戻る、 と残されるアメリカ人が言うんだよ。 なんの変哲もない平凡な日々こそが かけがえのないものだろう。
    いいね
  • Hdk23090310
    『ある人質 生還までの398日』実話の映画化。観ていて辛かった。140分あるけど緊迫感あって退屈しません。いい映画なのに邦題がダメ。
    いいね
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    renn6161
    2998movies / tweets

    follow us