TOP >作品データベース >羊飼いと風船

羊飼いと風船

みんなの感想/評価
「羊飼いと風船」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
90%
  • 良い
    9
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
529
ポジティブ指数96
公開日
2021/1/22
原題
気球
配給
ビターズ・エンド
上映時間
102分
解説/あらすじ
神秘の地・チベットの大草原。牧畜をしながら暮らす、祖父・若夫婦・3 人の息子の三世代の家族。昔ながらの素朴で穏やかな生活をしていたが、近代化によって受け継がれてきた伝統や価値観は少しづつ変わり始めていた。そんなある日、子どもたちのあるいたずらによって、家族の間にさざ波が起き始める…。信仰との向き合い方、牧畜民として生きる厳しさ、伝統的な役割を強いられてきた女性たちの選択̶̶それぞれの想いは交錯し、チベットの空に浮遊していく。
©2019 Factory Gate Films. All Rights Reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • eichan2014
    #羊飼いと風船』風船の正体は微笑ましいがチベット民族浄化を企み計画出産を強要する当局と仏教的死生観の狭間で苦悩する牧羊家の姿はとても重い。更に大自然や生命力溢れる人々が余すこと無く描かれ久々にスケールの大きな映画を観た気になった。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #羊飼いと風船 ♦子供のおもちゃ、風船。白いのは直視しがたい現実を、赤いのは手の届かない理想を体現しているのかな。自然豊かな開放的な土地で、伝統的な役割を押し付けられる女性達。自由ってなんだろう。バイクに乗せられる羊のおとなしさ。
    いいね

    良い
  • takajan72
    『羊飼いと風船』チベットの素朴な生活に同居する複雑な事情、笑顔が殆どなく問題ばかりに焦点を当てて生きているかのようです。その問題も劇中で何も解決しません。四苦八苦の人生、だから徳を積み悟りを目指す、そんな仏教のエッセンスを感じました
    いいね

    普通
  • tomomori34
    『羊飼いと風船』チベットで生活する家族達が凄くリアル。まるでドキュメンタリーのよう。大部屋で生活してプライベートがないと大人は辛い。中国の子供政策が重くのしかかる現実。草原でのびのび暮らすとストレスが少ないから草食系はいないかもね。
    いいね

    良い
  • yukigame
    #羊飼いと風船」中国の近代化に伴いチベットの人々の生活も変わらざるを得なくなっていく。チベットを中国の一部とするのは違ってると思うのよ。#中国映画 #チベット自治区 https://t.co/gPWF4gJYve?amp=1
    いいね

    良い
  • garancear
    『羊飼いと風船』チベット仏教の転生の思想が古い価値観ともなって妊娠の問題に絡んでくるのが映画として巧いが辛い。「育児するし酒も煙草もやめるから!」ってそれ絶対ないよねえ。自然や暮らしの映像は丁寧で美しい。イメージ映像がちょっと長過ぎた。 #映画
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『羊飼いと風船』(19/中) チベットの草原で羊飼いで生計を立てている家族の物語。伝統的な生活と産児制限を是とする近代化との相剋が描かれる。全編にチベット人の宗教観や死生観が色濃く滲み出ていて滋味深い。ラストの風船も印象的。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『羊飼いと風船』伝統的な生活を営む信仰心の厚い羊飼いの一家。幸せな日々も、個々人の心に波紋を広げていく近代化の唸り。信仰と現実の狭間に生きる葛藤と生命力を、文学的でありながら、夢幻を帯びた牧歌的スタイルで。空を漂う風船は答えなき問い
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『羊飼いと風船』ウォン・カーウァイとアッバス・キアロスタミ絶賛ってのも頷ける作風。作中に出てくる風船は思い通りにならない様々な事の象徴に思えた。チベットの大自然の美しさと不自由さが棘の様に心に刺さる。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『羊飼いと風船』チベットの大草原に生きる羊飼いの家族の日常を女性視点で描く本作は、受け継がれてきた伝統や宗教と押し寄せてくる近代化と一人っ子政策の狭間で右往左往する人々、変わった人、変わろうとする人、変われない人を群像劇で活写する。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • shinroshitu
    映画「羊飼いと風船」を見ました。中国ですが、チベットが舞台です。乾いた土や羊飼いの生活、チベット仏教のしきたりなど、異国文化に浸るにはもってこいでしたが、テーマは重く、考えさせられました。#羊飼いと風船
    いいね
  • inooper
    『羊飼いと風船』観ていて辛くなるシーンも多かったけど、意識を変えていかなくちゃダメなんだっていう啓蒙も未来への希望も見出せる素晴らしい作品だった。精力絶倫のお父さん役ジンバ氏は、ソンタルジャ監督『巡礼の約束』でも印象的な役で出演してたな。子どもたちも活き活きしてて最高だった。
    いいね
  • tsuyutsuki
    映画「羊飼いと風船」鑑賞。チベット高原で、今の羊飼いの家族の普通の暮らし。遊牧ではなく移動もバイクだ、政府の産児制限政策のため配布される無料のコンドームもヤンチャ坊主からみれば風船。夫婦問題、恋愛問題…固定化されてきた見方ではない、違う角度からが新鮮だった。最後の風船のオチ...
    いいね
  • chiaki25
    『羊飼いと風船』をみてきた。馬がバイク、口コミが携帯電話にとってかわられてゆくチベットのある家族を描いた映画。子どもたちの無邪気さが微笑ましくも切ない。空へ飛んでゆく風船はあの老人の魂か、それとも民族の魂のようなものの象徴か。冒頭の風船は産児制限のためのコンドームなのだが
    いいね
  • mahaera
    チベットを舞台にした映画『羊飼いと風船』が拡大公開中。東京フィルメックス最優秀作品賞受賞。サブストーリー的に絡む、尼僧になった主人公の妹と学校の先生の過去も気になる。詳しいレビューはリンク先に。#横川シネマ #シネマ・クレール… https://t.co/j19lkB64uP
    いいね
  • acheron2
    『燃ゆる女の肖像』『聖なる犯罪者』『羊飼いと風船』『天国にちがいない』『わたしの叔父さん』観たのですが、全部2019年製作なんですね。どれも名作ですがメジャーシーンからは外れた作品。日本であっても一般公開には2年ほどのタイムラグが生じてしまうのはなんか複雑。
    いいね
  • keropankumapan
    チャンシルさん!好き!レスリー・チャン!!!と思ってたんだけど、「羊飼いと風船」もすごい観てよかった。今年のベストに入ってくる作品だった。
    いいね
  • lawn2bishop
    本日二本目は「羊飼いと風船」でした。チベットの羊飼いの家族を通じて、一人っ子政策とチベット仏教の輪廻転生が衝突する様を“風船”を通じて詩的に描いているのが秀逸でしたね。
    いいね
  • cine53ra
    『羊飼いと風船』鑑賞。手持ちカメラの利点を活かした自由闊達な撮影(大胆な構図のショットもある)による躍動感に満ちた映像(様々な青が印象的)が特長だ。冒頭で一人っ子政策に触れた上で、性欲が強い夫婦とコンドームを風船にする子供達の一家を描くツェテン監督の狙いは単純ではない。力強い佳作
    いいね
  • geKibun
    ◎『羊飼いと風船』 粗暴で美しく繊細。透過、反射させて描くチベットの大草原と家族。リーインカーネイションと社会制度の狭間で女性たちを押し潰そうとするのはTokyo2020の老害会長と同じく男たち。風船と子どもたちは映画ではベストペアだね。
    いいね
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    624ken
    4277movies / tweets

    follow us