TOP >作品データベース >ドライブ・マイ・カー

ドライブ・マイ・カー

みんなの感想/評価
「ドライブ・マイ・カー」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
96%
  • 良い
    58
  • 普通
    1
  • 残念
    1
総ツイート数
703
ポジティブ指数96
公開日
2021/8/20
配給
ビターズ・エンド
解説/あらすじ
舞台俳優であり、演出家の家福悠介は、脚本家の妻・音と満ち足りた日々を送っていたが、妻はある秘密を残したまま突然、この世からいなくなってしまう。2年後、演劇祭で演出を任されることになった家福は、愛車のサーブで広島へと向かう。そこで出会ったのは、寡黙な専属ドライバーみさきだった。喪失感を抱えたまま生きる家福はみさきと過ごす中、それまで目を背けていたあることに気づかされていく…。 作家・村上春樹が2013年に発表した短編小説「ドライブ・マイ・カー」の映画化。
(C)2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • garancear
    『ドライブ・マイ・カー』とにかく原作のというか春樹ワールドの映画化がうまい。村上さんにはラジオでコメントして欲しい。長い理由はあの流れのせいだったのかとは納得。ワーニャ伯父さん超重要。ただ皆喋りがすごく平坦で単調。西島秀俊の劇中劇の演出かというくらい。 #映画
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『ドライブ・マイ・カー』今年のカンヌ映画祭4冠受賞作。映画好きとしては無視できませんが、いかんせん3時間の長尺。何故3時間もあるのか?それは間が非常に重要な作品だからでした。天気の子で主題歌歌ってた三浦透子さんってこの人だったのか!
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『ドライブ・マイ・カー』日本でこんな映画が作れるとは!脚本のクレジットにはチェーホフも入れるべきでは?共感というより圧倒的な納得感とカタルシス。多言語に手話が加わったことで、物語に一層の厚み。パク・ユリムさんの演技が素晴らしかった!
    いいね

    良い
  • tsuccheee
    38本目『ドライブ・マイ・カー』。車内に流れる妻の声、或いはリハーサルで語られるチェーホフの台詞が全編にわたって印象的。家福とみさきの(映画を観る者の)魂を救済するかのような劇中劇の終幕、ユナの手話表現の豊かさに心が揺さぶられた。
    いいね

    良い
  • faaaaraway
    『ドライブ・マイ・カー』★★★☆☆カットの長さが丁寧な印象と独特の緊張感を持ち、原作の短編を179分長尺にした。必然に独白に近いセリフが多くなり情景描写で表現がすくなくなったのは仕方がないか。
    いいね

    良い
  • kukucoo
    →「それでも生きていく」話だった。生きて行かなくては。神様が見ているかどうかは分からないけれど 『ドライブ・マイ・カー』#eiga #映画
    いいね

    良い
  • kukucoo
    →上映前、3時間越えの予定にちょっと引き、村上春樹原作は、そうじゃなくても長いんだよなぁ…と思っていたけれど、全く長さを感じず夢中になって見た。聞いた。音のテキストを長々と語る岡田将生のシーンが怪談のようにゾクゾクした。『ドライブ・マイ・カー』#eiga #映画
    いいね

    良い
  • kukucoo
    『ドライブ・マイ・カー』カンヌで最優秀脚本賞を取ったというのが納得できる。だって脚本が面白いもの。劇中劇と映画自体の台本の絡み、言葉を発することで情景が見えてくる。「テキスト」の魔力を存分に味わう。彼の大事な車もテキストを味わうパーツ。死も性も時間も、全てパーツ #映画
    いいね

    良い
  • Marienbad1105
    『ドライブ・マイ・カー』戯曲の舞台台詞が淡々と進むにつれ、心象とシンクロしながらシームレスな異界へ誘う村上作品を見事に映像で紡ぎ、喪失と再生を主軸にした「それでも生きること」の深淵を突き付けられ、ラストの解釈の余韻に浸る
    いいね

    良い
  • yukigame
    #ドライブ・マイ・カー」村上作品を見事に映像化しています。優しくて待ってくれるような映画でした。#邦画 #濱口竜介 #西島秀俊 #岡田将生 #三浦透子 #村上春樹 https://t.co/guP4Jz1tYg?amp=1
    いいね

    良い
  • A2hyro
    『ドライブ・マイ・カー』鑑賞。 多言語が混じり合う舞台とあって“?”だったのだけどああいう演出もあるんだなと感心。 成功しているように見える西島秀俊さんの、彼の躓きや失敗、後悔してるところを見て、少し生きていくのが楽になった気が…。
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『ドライブ・マイ・カー』長尺映画、前半の村上文学を踏襲する重厚さに比べて、後半は濱口監督のオリジナリティが増長。国際映画祭を標的にした意図がみえる。下手くそ役者役岡田将生の終盤、ヌラっと照明を浴びながらの告白、ホンコワシーン、名演。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『ドライブ・マイ・カー』劇中劇であるチェーホフの芝居「ワーニャ伯父さん」の台詞が、恰も喪失感に囚われた主人公達の心情を代弁するかのような本作は、人を理解するには真に自らに向き合うことを経て成り立つことを心のロードムービーとして描く。
    いいね

    良い
  • eichan2014
    #ドライブ・マイ・カー』大きな喪失を経験した二人が期せずして1台の車に同乗し多様性溢れる人々との交流と心の奥底に秘めた後悔を理解しあって克服していく。車種選定も渋い。様々な表情声仕種で繊細な感情を表現した西島秀俊が素晴らしかった。
    いいね

    良い
  • halm2f
    『ドライブ・マイ・カー』一言で言うと、魂の再生を描いた映画。私自身はそれほど感動はしなかったが3時間という時間を感じさせない映画ではある。ただ、驚きのラストシーンがあるのだが、あれはなんだったのか?意味が知りたい。
    いいね

    良い
  • milyfuji
    『ドライブ・マイ・カー』あの原作短編をどんな風に3時間に膨らませるのかと思ったらそう来たか。「女のいない男たち」の別作品2作からの良いとこどり。演劇も好きな私は多言語演劇に身体性も加味する手話まで加わる劇中劇のアイデアにやられた。
    いいね

    良い
  • eliminator250v
    『ドライブ・マイ・カー』PG12。よく分からん劇場特報に惹かれてあらすじも確認せず、3時間あるというのだけ直前に知った。村上春樹はよう分からんしチェーホフも名前しか知らんかったし、思ってたロードムービーでもなかったけど観て良かった。
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『ドライブ・マイ・カー』原作未読だが喪失と再生の物語は村上春樹を感じさせられたし上十二滝町にもニヤリ。観賞後調べで分かった映画オリジナルらしい多言語演劇の部分が結構面白く、また各シーンの映像が美しく3時間の長さをそれ程感じず最後まで楽しめた。淡々とした感じの三浦透子が嵌ってる。
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『ドライブ・マイ・カー』@ TOHO日比谷♪岡田将生がひたすら喋るとこがめっちゃ好きでゾクゾクしちゃった。言葉なのか台詞なのか、それが相手だけじゃなく自分や他者にも跳ね返ってくるのが面白かったけど、終盤がうまく咀嚼できなかったな…。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『ドライブ・マイ・カー』夫婦も20年以上となると色々ある。かっこよく妻の仕事にも理解ある満点夫…。夫の息抜きが一人で過ごす車の中。不思議とガラスごしに登場人物達を覗いてる感覚になる映画。車もかっこよく見えた。現代感覚溢れる作品。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...