TOP >作品データベース >ドライブ・マイ・カー

ドライブ・マイ・カー

みんなの感想/評価
「ドライブ・マイ・カー」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
96%
  • 良い
    58
  • 普通
    1
  • 残念
    1
総ツイート数
703
ポジティブ指数96
公開日
2021/8/20
配給
ビターズ・エンド
解説/あらすじ
舞台俳優であり、演出家の家福悠介は、脚本家の妻・音と満ち足りた日々を送っていたが、妻はある秘密を残したまま突然、この世からいなくなってしまう。2年後、演劇祭で演出を任されることになった家福は、愛車のサーブで広島へと向かう。そこで出会ったのは、寡黙な専属ドライバーみさきだった。喪失感を抱えたまま生きる家福はみさきと過ごす中、それまで目を背けていたあることに気づかされていく…。 作家・村上春樹が2013年に発表した短編小説「ドライブ・マイ・カー」の映画化。
(C)2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • tatshead7
    【ドライブ・マイ・カー】前進する車と不可逆な人生の機微とが奇妙にシンクロしながら熱を帯び、やがて過去にとらわれた魂を解放する旅路が形成される。演技と言語と嘘と本音と過去と現在と。コミュニケーションの成立と不成立に見る人間らしい陰影。
    いいね

    良い
  • ultra_k_zero
    #ドライブ・マイ・カー』どんな言葉でも語りきれない。好き嫌いで決めつけたくない思いにさせられる。3時間という長い時間だったが、見てよかった。長い説明台詞があってもそれを必然とさせるところにシナリオの巧さがあるのかも。
    いいね

    良い
  • sato_henri
    『ドライブ・マイ・カー』良かった。鑑賞前は不安要素だった長尺が鑑賞後は意味のある長さだったと納得。劇中劇も効いていて、言葉にして話すことの引きと説得力の強さを感じた。劇中で主人公がドライバーの運転を褒めるシーンがあるが、その時の言葉がそのままこの映画自体にも当てはまりそう。
    いいね

    良い
  • takajan72
    『ドライブ・マイ・カー』村上春樹のエッセンスをしんみりと感じました。きっとマイ・カーとは自分の心?何かを引きずっている家福の心、貫禄さえ感じるみさきの寡黙さ、お互い一人では解けなかった過去を、二人は会話と空気を通して紐解いていきます
    いいね

    良い
  • tb_polkadots
    『ドライブ・マイ・カー』他の短編の要素も加えながら淀みない物語にまとめる手腕は見事。登場人物達が混じり合うことで自分と向き合う過程が、舞台劇を効果的に使いつつ自然に描かれる。テーマや帰着点が原作とは違うがこちらの方が好み。#eiga
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #ドライブ・マイ・カー 💜エンドレスなカセットテープの語り。一生続く後悔。本気で相手に向き合うと恐怖。心の闇を包む柔らかい色調の風景。ドライバーのプロ意識。感情豊かな手話。ガソリン車と煙草は10年後も存在してるのかな? …マスク。
    いいね

    良い
  • lovetravelmovie
    『ドライブ・マイ・カー』カンヌ脚本賞受賞!けど3時間の長尺と村上春樹原作というのが足を遠のけた。でもどっちも杞憂で問題なし。想像のロードムービーとは違い淡々と人生いろいろが描かれる。劇中劇が映す生き方の多様性、出会いと別れを経て…
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【ドライブ・マイ・カー】原作小説の入れ子構造に呼応する2つの核は外され、別の物語に脱構築されていたが味わい深い。異なる人物関係、「シェラザード」を纏う妻の肉付け、「木野」の要素を注ぐ山場や「ワーニャ叔父さん」との重奏など翻案巧みな脚本。濃い高槻役の岡田将生の演技も素晴らしい。
    いいね

    良い
  • 624ken
    TOHOシネマズ新宿で『ドライブ・マイ・カー』を鑑賞。妻が死んだ演出家とドライバー。妻に対して、目をそらしてしまった後悔。ぶっきらぼうのドライバーの過去との相乗効果。人生ドラマだなー。ドライブと煙草が吸いたくなりますね。
    いいね

    良い
  • ks_ngsk
    ドライブ・マイ・カー、心がスクリーンの中へ引き込まれました。優れた脚本◎音の不思議な存在感を霧島れいかさんが見事に演じ◎、本編ではみさきの心のおもむきを三浦透子さんが印象深く演じきった◎撮影技にも無駄がない。是非観て欲しい1本♪
    いいね

    良い
  • tatsunosuke246
    映画『ドライブ・マイ・カー』感想。ドライブシーンが心地よくてずっと見ていられる。この感覚は覚えがある...と思ったらタランティーノ作品に近いんだね。作風は全く違うのに不思議。リアルのタバコは遠慮派ですが、巧く演出された喫煙シーンは印象に残るね。長尺ですが退屈はしませんでした
    いいね

    良い
  • yabu7
    『ドライブ・マイ・カー』179分と長尺なので眠気が来るのかと思ったら、最後まで楽しめた。改めて三浦透子さんて田畑智子さんに酷似だったなぁ。
    いいね

    良い
  • amno1wb2016
    #ドライブ・マイ・カー 鑑賞 大好きな映画なのにその好きをどう伝えればいいのか難しい。劇中劇を交えながらゆったりとドライブするように自らの人生や価値観を振り返る話だが 心地よい空気で話が進むので3時間があっという間だった
    いいね

    良い
  • tsururuto
    『ドライブ・マイ・カー』演劇パートでコミュニケーションの難しさと可能性について語り、自分に向き合う時間としてのドライブ中の車内。ゆったりとして静かで暖かな語り口が心地良く3時間の長尺があっという間だった。俳優陣も素晴らしかった。
    いいね

    良い
  • Limawano55
    『ドライブ・マイ・カー』村上春樹の小説は、自分にはあまり食いつくことがないんだけど、美しくまとまっている。何よりいろんな国の役者さん達にとても興味が湧いた。手話のセリフに目がしらが。
    いいね

    良い
  • Limawano55
    『ドライブ・マイ・カー』静かに淡々と進むので途中気絶したが多分大丈夫。喪失とそこに自分が関わってること逃れられないままの旅の道連れ。それらがワーニャ伯父さんの演劇と共に描かれる。国際演劇祭素晴らしい。終盤に心が持ってかれた。まあ良し
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『ドライブ・マイ・カー』あの短編をよく3時間の映画にしたもの。他の短編の要素も若干入っているが、話が膨らみすぎて、これはもう、村上春樹作品というより、濱口竜介作品。ただ、原作通り、黄色のサーブ900コンバーチブルを使って欲しかった。
    いいね

    良い
  • uoa3
    【ドライブ・マイ・カー】喪失の物語。劇中劇の最後のシーンのセリフが沁みる。もやもやが少しずつ晴れていく過程がまたつらい。人間臭い役の岡田将生、車中での会話の時の表情が脳裏に残る。赤いサーブかっこええなぁ。サンルーフのシーンが好き。
    いいね

    良い
  • garancear
    『ドライブ・マイ・カー』とにかく原作のというか春樹ワールドの映画化がうまい。村上さんにはラジオでコメントして欲しい。長い理由はあの流れのせいだったのかとは納得。ワーニャ伯父さん超重要。ただ皆喋りがすごく平坦で単調。西島秀俊の劇中劇の演出かというくらい。 #映画
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『ドライブ・マイ・カー』今年のカンヌ映画祭4冠受賞作。映画好きとしては無視できませんが、いかんせん3時間の長尺。何故3時間もあるのか?それは間が非常に重要な作品だからでした。天気の子で主題歌歌ってた三浦透子さんってこの人だったのか!
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...