TOP >作品データベース >竜とそばかすの姫

竜とそばかすの姫

みんなの感想/評価
「竜とそばかすの姫」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
69%
  • 良い
    46
  • 普通
    18
  • 残念
    6
総ツイート数
2,903
ポジティブ指数90
公開日
2021/7/16
配給
東宝
解説/あらすじ
自然豊かな高知の村に住む17歳の女子高校生・すずは、幼い頃に母を事故で亡くし、父と二人暮らし。母と一緒に歌うことが何よりも大好きだったすずは、その死をきっかけに歌うことができなくなっていた。曲を作ることだけが生きる糧となっていたある日、親友に誘われ、全世界で50億人以上が集うインターネット上の仮想世界<U(ユー)>に参加することに。<U>では、「As(アズ)」と呼ばれる自分の分身を作り、まったく別の人生を生きることができる。歌えないはずのすずだったが、「ベル」と名付けたAsとしては自然と歌うことができた。ベルの歌は瞬く間に話題となり、歌姫として世界中の人気者になっていく。 ベルの大規模コンサートの日。突如、轟音とともにベルの前に現れたのは、「竜」と呼ばれる謎の存在だった。乱暴で傲慢な竜によりコンサートは無茶苦茶に。そんな竜が抱える大きな傷の秘密を知りたいと近づくベル。一方、竜もまた、ベルの優しい歌声に少しずつ心を開いていく――。
©2021 スタジオ地図
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • tsuccheee
    33本目『竜とそばかすの姫』。すず=Belle(中村佳穂さん)の歌声の圧倒的存在感あってこその映画。せっかく居場所を見つけた仮想世界で「竜」のため自らをアンベイルするすず。幼き日の母親の姿と重なるシーンに心が震えた。
    いいね

    良い
  • 138_kaz
    『竜とそばかすの姫』サマウォっぽい導入からのこれまでの細田作品には見られなかった音楽を大々的にフィーチャーした演出に「これは!」とアガるも、その後の美女と野獣的な展開からリアル暗部を見せつけられ困惑。映像と音楽は一級品なのに、節々に感じる違和感で乗るに乗れないもどかしさが惜しい。
    いいね

    普通
  • halm2f
    『竜とそばかすの姫』オープニングのUの映像と音楽は眼を見張るものがある。まさに映画館で観るべき迫力ある映像。しかし、その後はUと現実が半々で進むので現実のお話に感情移入がしにくい。もっと現実の話を多くすべきだった。
    いいね

    普通
  • eliminator250v
    『竜とそばかすの姫』バルト9で観たらドルビーサラウンド7.1ch上映でラッキー。歌が持つ影響力の大きさを感じられる作品やったので特にラッキー。皆で集まって声をあげて歌える世界を早く取り戻したい。ユーとリューややこしい、OZでええやん
    いいね

    良い
  • ChamoneArubaw
    『竜とそばかすの姫』他の人に脚本をという人も多いけど、ここまで強烈な個性を出せたのは細田監督が脚本をしたからだと思っている。多くの人に愛される作品も素晴らしいが、細田監督には細田監督にしか作れない作品をこれからも作ってほしい。
    いいね

    良い
  • Hewmoon
    『竜とそばかすの姫』建築家、エリック・ウォンの、世界50億人以上が集う<U>のサイバー空間。四国高知の女子高生とNet空間の繋がり。ダイレクトに感情を揺さぶる演出。だが、エンディングに繋がる脚本が、イージーだったのが残念…。 
    いいね

    良い
  • 28kawashima
    『竜とそばかすの姫』最終的に異様に生々しい現実の問題が発生するが、ふわふわしたままの仮想空間のノリで解決に乗り出すのでまるで説得力がないという。映像と音楽には圧倒されるものの、それ以外が全てなんか現実味がなく横を素通りしていくという
    いいね

    普通
  • 28kawashima
    『竜とそばかすの姫』仮想空間はどういう空間なのか、竜が具体的にどう悪いのか、正義マンの謎特権は何等々、設定上でも数々のふわふわが発生しているため屋台骨が超不安定。そのためそこで起きる全ての事象も空を切るかのように響いてこない
    いいね

    普通
  • 28kawashima
    『竜とそばかすの姫』一番よくわからないのは現実はやり直せないから、第二の現実の仮想空間でやり直そうって描いてるのに、仮想空間のが悪意に満ち溢れているとこですね……いやネットなんてそんなもんだがこの時点でどうしたいのかふわふわしてる
    いいね

    普通
  • 28kawashima
    『竜とそばかすの姫』ほ……細田くん……!何か嫌なことでもあったのか……!?と心配したくなるくらいにネットの悪意が描かれて困惑してしまう。サマウォの発展系のようでいて、それ以上に力技+特に解決した訳じゃないラストも困るしなんだこれは
    いいね

    普通
  • ma24ta
    #映画、『竜とそばかすの姫』。映像美と声優の答え合わせが面白い、
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『竜とそばかすの姫』どんな新しい世界を見せてくれるのだろうと期待したのに、絵は確かにきれいだけど、世界観は意外に陳腐。ネットの架空世界も、今更、真新しさはないし、何故に美女と野獣? ジャスティンって、昭和のアニメキャラっぽくない?
    いいね

    普通
  • ultra_k_zero
    現在におけるファンタジーショー『#竜とそばかすの姫』 ディズニープリンセスのようなお話を現実に起こすなら…こんな感じになるのかな。単純なドラマは見やすい一方で爆発力に欠ける。冒頭の掴み含め音楽が素晴らしくショーとして見れば満足
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『竜とそばかすの姫』(21/日) IMAXレーザーで鑑賞。映像表現や音楽表現が更に洗練された細田守ネクストステージとでも呼べる作品。ネット社会の描写が性善説に基づいた優しい世界なのに違和感も。50億人に素顔を晒すなんて無茶でしょ。
    いいね

    良い
  • melmo_chan
    『竜とそばかすの姫』 つかみはOK!歌と煌びやかな映像の中に引き込まれました。仮想世界も夢のある広い世界で素敵だった。だけど結果狭すぎたのでは?それでも映画館という空間にあって素敵な作品でした。
    いいね

    良い
  • watashi_S_
    『竜とそばかすの姫』細田守作品初鑑賞。全体的に微妙。冒頭のシーンは映像のクオリティが素人目で見ても高く、音楽とマッチしていてとても感動した。他は感動ポイント無し。心情描写が雑い。メインの登場人物が全く好きになれなかった。
    いいね

    残念
  • chata_xwx
    『竜とそばかすの姫』映像と音楽は素晴らしい。そこだけは劇場で観る価値があると思う。それ以外はどこかで見たような設定や演出の繋ぎ合わせで、色んな映画の劣化版を見ているようだった。キャラクターにも感情移入がしづらく、入り込めない。
    いいね

    残念
  • dwpcs477
    『竜とそばかすの姫』アニメで感銘を受けた作品は初めてです。音楽、映像が最高で、美女と野獣を彷彿させたり話題作の彼女はキレイだったやAdoさんをイメージさせてくれて私的には満点に近い作品でした。IMAXで見たかったですね。
    いいね

    良い
  • KanataXa87235
    『竜とそばかすの姫』ベルの歌声は素晴らしい。ただ、仮想現実の光と影、もろに『美女と野獣』な竜と姫の邂逅、高校生の青春、のいずれを主軸に置きたかったのかがわからず、全てが淡泊に終わってしまった印象。Uの世界及び登場人物の印象も薄い
    いいね

    残念
  • frodopyon
    #竜とそばかすの姫 🎵歌声に圧倒された。想いの強さが仮想世界では具現化するから、最高の歌姫で最強の竜。『あなたを助けたい』という気持ちに満ちた作品だったな。ベルだけでなく、現実の鈴の周りの人達も。しのぶくんの母親的優しさとか^^
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    more info
    coco 映画レビュアー
    tamagawajyousui
    2136movies / tweets

    follow us