TOP >作品データベース >【Netflix映画】マ・レイニーのブラックボトム

【Netflix映画】マ・レイニーのブラックボトム

みんなの感想/評価
「【Netflix映画】マ・レイニーのブラックボトム」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
78%
  • 良い
    7
  • 普通
    1
  • 残念
    1
総ツイート数
9
ポジティブ指数87
公開日
2020/12/18
原題
Ma Rainey's Black Bottom
上映時間
94分
解説/あらすじ
1927年。情熱的で歯に衣着せぬブルース歌手マ・レイニーとバンドメンバーたちの想いが熱くぶつかり、シカゴの録音スタジオは緊張した雰囲気に包まれる。
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • tatshead7
    【マ・レイニーのブラックボトム】脈々と続く差別が人の意識にどう影響し、人生を狂わせるか。その一端を目の当たりにしてやるせなくなりました。演技合戦は大きな見どころ。ただ閉じた空間を使った展開の面白さがなく、作品としては弱い印象でした。
    いいね

    残念
  • lonegothdog
    『マ・レイニーのブラックボトム』配信で鑑賞。若きトランペット奏者と伝説的なブルース歌手との激しい相克を描いた密室劇。一抹の寂しさが否応無く心を過る中、野心で燃え滾る男に扮したC・ボーズマンの渾身の演技にひたすら圧倒された。傑作です
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『【Netflix映画】マ・レイニーのブラックボトム』音楽映画にしては音楽のシーンが物足りないように感じた。もっとあっても良かったのに。黒人の受けた人種差別の方に重きを置く映画になっていただけにチャドウィック・ボーズマンの役どころのレヴィーの複雑な感情が映えていた。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『【Netflix映画】マ・レイニーのブラックボトム』その一つにライバルであるベッシー・スミスを恐れていた。ベッシー・スミスはブルースの女王(女帝とあったが)であり、新しいスタイルにも対応できた。ルイ・アームストロングやコールマン・ホーキンスとも共演している。
    いいね

    普通
  • aoyadokari
    『【Netflix映画】マ・レイニーのブラックボトム』マ・レイニーの映画というより、彼女に反抗するサイドメン・レヴィーが目立っていて映画でアカデミー賞の助演男優賞はチャドウィック・ボーズマンというだけあって存在感がある。要するにマ・レイニーはジャズ・スタイルを理解しなかった。
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『マ・レイニーのブラックボトム』Netflixにある製作ドキュメントも見てみる。製作のデンゼル・ワシントンも登場、歴史的背景や内容理解の手助けになった。本編のほうのある演出を見て、BTTFのジョニー・B・グッドを使った展開への批判がようやく肌感覚で分かったような気がした。
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『マ・レイニーのブラックボトム』鑑賞。もの凄いメタファー劇。壁、靴、マイクなど表現が痛く、舞台のままのような演出で時代を超えた感じも。ラストの展開と演奏でとどめを刺される。ヴィオラ・デイヴィスのなりきりに驚き、痩せたチャドウィック・ボーズマンの全身全霊の熱演に涙。改めて哀悼です。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【マ・レイニーのブラックボトム】黒人ミュージシャン達を食いものにする白人プロデューサーらにどう応対していくべきか。人種差別社会の悲惨さを敷きながら、“ブルースの母”なる名歌手と、血気盛んな若きトランペッターの姿勢が対比的に描かれる。V.デイヴィス、C.ボーズマンにヒリヒリ。#映画
    いいね

    良い
  • renn6161
    『【Netflix映画】マ・レイニーのブラックボトム』チャドの遺作。痩せた身体で全身全霊で演じる彼の姿が焼きついた。南部出身のこのバンドマンの話は壮絶。シチューの歌の歌詞、神様の話、白人との関係…デンゼルが映画にしたかった深い訳。
    いいね

    良い
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    TaulNcCar
    2270movies / tweets

    follow us