ミナリ

みんなの感想/評価
「ミナリ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
74%
  • 良い
    48
  • 普通
    14
  • 残念
    0
総ツイート数
263
ポジティブ指数98
公開日
2021/3/19
原題
MINARI
配給
ギャガ
上映時間
115分
解説/あらすじ
1980 年代、農業で成功することを夢みる韓国系移民のジェイコブは、アメリカはアーカンソー州の高原に、家族と共に引っ越してきた。荒れた土地とボロボロのトレーラーハウスを見た妻のモニカは、いつまでも心は少年の夫の冒険に危険な匂いを感じるが、しっかり者の長女アンと心臓に病を持つが好奇心旺盛な弟のデビッドは、新しい土地に希望を見つけていく。まもなく毒舌で破天荒な祖母も加わり、デビッドと一風変わった絆を結ぶ。だが、水が干上がり、作物は売れず、追い詰められた一家に、思いもしない事態が立ち上がる──。
©Photo by Melissa Lukenbaugh, Courtesy of A24
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • st_yokohama
    『ミナリ』個人的にアタリハズレが大きいA24の作品ですが、これはアタリの部類!何気ない日常にほんのうっすら漂う不穏な空気感が絶妙なスパイスになっています。全ては家族をつなぎとめる方向に働く運命のいたずら。オスカーの行方が楽しみ♪
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【ミナリ】私たちは苦しみを味わい続けることで、思わぬきっかけで事態が好転する可能性について目をつぶりがちですが「生きていればなんとかなる」。過酷な環境でも青く茂るミナリのような生き方に希望を見ることができるのを忘れずにいたいです。
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【ミナリ】「生きていれば、なんとかなる」は『藁にもすがる獣たち』でのユン・ヨジョンの台詞ですが、それがこの作品と響き合うとは。生きることの苦難がありありと描写される中で、祖母と孫のやりとりなど人情の機微に触れる美しさが胸を打ちます。
    いいね

    良い
  • Shimichin
    『ミナリ』簡単に言うと、韓国人キャストによるアメリカ版"北の国から"です。農業で成功を夢見てアーカンソー州のド田舎に引っ越してきた家族4人の開拓物語。そこにお婆ちゃんも加わり思わぬ方向に話が展開!PLAN BとA24、これは強力だ!
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『ミナリ』劇場で鑑賞。米国のアーカンソーに移住した韓国人家族の奮闘記。意識すれ違う夫婦の緊張と、ユン・ヨジョン演じる為人朗らかな祖母の可笑しみ。物語の端正な語り口が見事で、"セリ"のような逞しさを得た息子の疾走に胸打たれた。良作です
    いいね

    良い
  • snake954
    『ミナリ』みる。
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『ミナリ』出だしが「北の国から」に似た音楽、純くん似の男の子が、田舎にやって来る場面で、これは「北の国から」かと笑ってしまった。そうして観ると、どうしても比べてしまい、いい映画だけど、「北の国から」より感動が少ない、と思ってしまう。
    いいね

    良い
  • ultra_k_zero
    #ミナリ』やっぱり苦手なタイプだった。昔の朝ドラ感。動かないドラマに前半ウトウト。おばあちゃんと弟の掛け合いもっと見たかった。子役の存在感が1番の魅力。
    いいね

    普通
  • KJ_LINE
    『ミナリ』2度目の収穫の方が美味しいミナリ。様々な困難に見舞われても必死に奮闘する父親。自身の姿を子供に見せる事で豊かな実りを次世代に繋げようとする想いが伝わる。子は親の姿をしっかりと見ている。状態が悪く十分に堪能出来ず残念だった。
    いいね

    普通
  • trustpine
    ミナリ、観ました。1980年代を舞台に、農業を営むためアメリカ南部のアーカンソー州へ移住してきたアメリカンドリームを夢見るも現実の厳しさに直面する韓国人一家の姿を描いた作品。とにかく普遍的なテーマを扱った脚本とキャスティング、特に子役がいいですね。好みは別れるかな。私は好きです。
    いいね

    普通
  • ShionSolt
    『ミナリ』、ここまでしなければ家族や人間はお互いが一緒になれないものなのかと考えさせれる逸品。それにしても『母なる証明』と言い、韓国映画には老いた母の描き方に独特のキレキレ感がある。 #映画
    いいね

    良い
  • uoa3
    【ミナリ】韓国からアメリカに移住して農業で成功を夢見る夫と現実的な妻は喧嘩が絶えない。生々しい家族の物語。上手くいった!あかんかった…の繰り返し。そういうもんよねぇとしみじみ思う。無邪気なおばあちゃん優勝!実は先見の明あり。ミナリ。
    いいね

    良い
  • level5555
    『ミナリ』試写にて スンジャ婆ちゃんは韓国版の市原悦子か樹木希林って感じでとっても良い味。子供も素直に婆ちゃんに臭い~!とか煙たがって懐かしさあり。A24作品にハズレは無し。#エンタジャム #NeolMagazine
    いいね

    普通
  • wildlife2steps
    『ミナリ』家族映画だけど感動の押し付けが全くない。リアルさが心にしみる。
    いいね

    良い
  • estate_la
    『ミナリ』レーガン時代に韓国からアメリカに移住した家族の話し。ほぼ実話。 セリ=ミナリ 生命力強く生き抜く姿は今のコロナ禍に 必要だなーと感じた。 また明日から頑張ろう。 凹んでも、上手くいかなくても。
    いいね

    良い
  • akeake10
    『ミナリ』キーワードは信仰と水。妻は夫の夢と執着から逃げ出そうとするが、最後には心より先に身体が動いて夫と行動を共にする…この先も苦労しそうだけれど、ラストの夫の台詞とエンドロールの最後の言葉に大きな希望を感じました。観て良かった!
    いいね

    良い
  • tenkyouin
    『ミナリ』人間万事塞翁が馬。ゼロから始まり、ゼロに戻る。家族の絆だけは残った、そう言うことなのかなあ?オススメはしないが考えさせられるな。
    いいね

    普通
  • Pooh_kuru_san
    『ミナリ』新たな地で成功を夢みる夫と堅実な妻の隔たりと、両親の姿を見ながら暮らす子供たち。其々が役割とアイデンティティーに苦悩しながら、根強く生茂るセリの如く生きる。豊かさと過酷さが同居する普遍的な物語は次の世代へ静かに希望を伝う。
    いいね

    良い
  • 51thor
    『ミナリ』アメリカに移住し農業で成功を夢見る夫とそれについていけない現実的な妻。喧嘩の絶えない親のやり取りを見守る子供達。ごくありふれた風景を壮大な自然とわずかな登場人物で現実の過酷さを描く。なかなか希望は見えずらい。#eiga
    いいね

    普通
    もっと見る Loading...
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    GD_momoco
    2352movies / tweets

    follow us