TOP >作品データベース >サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ

サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
95%
  • 良い
    26
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
35
ポジティブ指数100
公開日
2021/10/1
原題
Sound of Metal
配給
カルチャヴィル × Filmarks×GEM Partners
上映時間
130分
解説/あらすじ
突如難聴になったドラマーのルーベンは、一緒にバンドを組む恋人ルーに難聴者のコミュニティに連れていかれる。難聴であることをハンディとして捉えていなコミュニティの人々と過ごしながらも、その現実を受け入れることの難しさに直面するルーベンは、自分の人生を前に進めるために、ある決断をする…。人生の挫折・再生を描きながら、その主人公の人生を疑似体験できる秀逸な感動作。
© 2020 Sound Metal, LLC. All Rights Reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • trustpine
    サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ、(劇場で)観ました。突如難聴となったドラマーの人生の挫折と再生を描いた主人公の聴感を疑似体験できる、今年度アカデミーの音響賞と編集賞を獲った秀逸な作品。とにかく切ない話ですが希望があるのがいい。やはりスクリーンで観てこその映画。必見!
    いいね

    良い
  • damegane_dameo
    『サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ』劇中で通常で聴こえる環境音と、難聴状態や補助装置を通した時のとの音の感じ方の違いなどの、音響の表現が凄まじかった。ストーリーは主人公が難聴者のコミュニティでの生活を通して立ち直る様が印象的であるが、後半の展開が駆け足気味に感じた。
    いいね

    良い
  • ma_MJ
    『サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ』2ピースメタルバンドというと‎Royal BloodとMantarが有名だけど主人公のバンドもツーピース。メタルというよりはパンクやポストメタルに近いかな。→
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『サウンド・オブ・メタル』boidsound@シネマート心斎橋。攻めた表現力の音響でルーベンの体感度が爆上がり。説得力が違い生まれ変わったよう。バリアフリー字幕の音の注釈もすぐに慣れ重層的な見方で深みさえ。シネスコに美しく広がる世界とリズ・アーメッドの瞳。劇場で体感でき良かった。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ』圧巻の音響と静謐な映像演出が同時に聞こえないということを語り「当たり前」を享受してきた者に、喪失や欠落と向き合う生き方を問う。聴きたくない音、不可逆な時間、無音の世界で心の声に耳を傾ける
    いいね

    良い
  • eliminator250v
    『サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ』odessa上映字幕版。初っ端の大音量に怯んだがこれが音響演出と分かると劇場で観て良かったと思った。耳が聞こえる我々に聴覚障害がどういうものか体感させてくれる映画。ラブストーリーでもある
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ』(19/米) ヘビメタのバンドマンがある日突然聴力を失ってしまったことで、人生が大きく転換していく様を描いたヒューマンドラマ。難聴者の世界を再現させた音響演出が出色の素晴らしさ。
    いいね

    良い
  • 28kawashima
    『サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ』音響表現は終始素晴らしいが、それらが聴こえない生活を送る静寂を受け入れ愛した人々を尊重し、真に受け入れるラストのスゴ味よ…結局のところ無音という音を引き立たせる為の音響だったと気付くのだ
    いいね

    良い
  • 28kawashima
    『サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ』それでも聴こえることを求める主人公の気持ちはわかるし、施設の人も尊重する。しかし求めていた音とは程遠いものが聴こえた時の絶望ったるや。恵まれた環境でも音一つで不快になる地獄表現が凄まじい
    いいね

    良い
  • 28kawashima
    『サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ』音に丁寧だからこそ難聴になった時の不快感の追体験が映え、音というコミュニティを奪われた苛立ちも際立つ。そんな彼が、音楽を楽しめぬ男の子に音楽を教えて打ち解けていく過程がステキだった
    いいね

    良い
  • 28kawashima
    『サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ』難聴になって自暴自棄になったドラマーが聴覚障害者のコミュニティで過ごし、そして少しずつ聴こえない生活に慣れ始めていく。音の伝え方が圧巻で不協和音から始まり、そこから生活音を繊細に流す
    いいね

    良い
  • 28kawashima
    『サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ』聞こえるということであり、聞こえないということでもある。配信で話題になっていた映画ですが、これは劇場の大音響で観たいなってことでシネマート新宿のブーストサウンドで観聴。いや、凄かった!
    いいね

    良い
  • ma24ta
    #映画 『サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ』。お医者さんがスパニッシュで薬剤師がアジア系。プアホワイトもテーマかしら。
    いいね

    良い
  • ultra_k_zero
    音で語る人間ドラマ『#サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ』 この映画の素晴らしいのはとことん映画的であること。映像と音だけで深い感情の動きを表現していて、かつ聴覚障害を怖いほど疑似体験できてしまうこと。良作。
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【サウンド・オブ・メタル】人生は常に不可逆。かつての幸せを取り戻そうとして、仮に手にできたように見えたとしてもそれは別ものでしかない。「失った」ではなく「別の生き方を得た」と考える難しさを描くのは安易な希望で誤魔化さない誠実さの表れ
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ』副題の「聞こえるということ」は普段気にも留めてないが、本作の主人公でドラマーのルーベンのように突然聞こえなくなったら絶望に囚われてしまうと思う。本作は、そこからの生き方を静かに見詰める。
    いいね

    良い
  • trustpine
    サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ(配信)、観ました。恋人とバンドを組んでツアー生活をしているドラム奏者が、突発性難聴になってしまう話です。映画はスクリーンで鑑賞してこそですが、この作品はヘッドフォンで聴いたほうがいいのかも。主観と客観のサウンドデザインが秀逸です。
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~』配信で鑑賞。突如として聴力を失ったドラマー青年。彼の懊悩とその変遷を穏やかに、鮮やかに描き出す物語の筆致に深く感心。主人公を苛む聴覚の異常を主観的に体験させる音響演出も強烈。秀作です
    いいね

    良い
  • Woodstocknoopy
    難聴度合を体感させる音響の在り方が凄かった。 特にイヤホンで大音量で聴いたりよくライブ行く人はライブ耳栓って大切かも。 また、依存性、共存…他の苦悩も同時に描かれている。 関根光才監督の「生きてるだけで、愛」を思い出した。
    いいね

    良い
  • mokomoko37
    『サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ』音を意識させる演出が素晴らしい!音を失ったドラマーが現実に向き合いながらも突き進む先・・・求めていた形とは違いつつも希望を感じさせるラストが印象的。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    yukigame
    3360movies / tweets

    follow us