TOP >作品データベース >サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ

サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
92%
  • 良い
    12
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
13
ポジティブ指数100
公開日
2020/12/4
原題
Sound of Metal
上映時間
120分
解説/あらすじ
ドラマーのルーベンは恋人ルーとロックバンドを組み、トレーラーハウスでアメリカ各地を巡りながらライブに明け暮れる日々を送っていた。しかしある日、ルーベンの耳がほとんど聞こえなくなってしまう。医師から回復の見込みはないと告げられた彼は自暴自棄に陥るが、ルーに勧められ、ろう者の支援コミュニティへの参加を決意する。
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • tatshead7
    【サウンド・オブ・メタル】人生は常に不可逆。かつての幸せを取り戻そうとして、仮に手にできたように見えたとしてもそれは別ものでしかない。「失った」ではなく「別の生き方を得た」と考える難しさを描くのは安易な希望で誤魔化さない誠実さの表れ
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ』副題の「聞こえるということ」は普段気にも留めてないが、本作の主人公でドラマーのルーベンのように突然聞こえなくなったら絶望に囚われてしまうと思う。本作は、そこからの生き方を静かに見詰める。
    いいね

    良い
  • trustpine
    サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ(配信)、観ました。恋人とバンドを組んでツアー生活をしているドラム奏者が、突発性難聴になってしまう話です。映画はスクリーンで鑑賞してこそですが、この作品はヘッドフォンで聴いたほうがいいのかも。主観と客観のサウンドデザインが秀逸です。
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~』配信で鑑賞。突如として聴力を失ったドラマー青年。彼の懊悩とその変遷を穏やかに、鮮やかに描き出す物語の筆致に深く感心。主人公を苛む聴覚の異常を主観的に体験させる音響演出も強烈。秀作です
    いいね

    良い
  • Woodstocknoopy
    難聴度合を体感させる音響の在り方が凄かった。 特にイヤホンで大音量で聴いたりよくライブ行く人はライブ耳栓って大切かも。 また、依存性、共存…他の苦悩も同時に描かれている。 関根光才監督の「生きてるだけで、愛」を思い出した。
    いいね

    良い
  • mokomoko37
    『サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ』音を意識させる演出が素晴らしい!音を失ったドラマーが現実に向き合いながらも突き進む先・・・求めていた形とは違いつつも希望を感じさせるラストが印象的。
    いいね

    良い
  • tb_polkadots
    『サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ』自分ももし突然聴覚を失ったら、混乱し事実を受け入れられず足掻くに違いない。ただ、ろう者コミュニティーでの生活は失ったことで得られるものもあると教えてくれているような気がした。#eiga
    いいね

    良い
  • nodatetu
    「サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ」アカデミー賞6部門ノミネート作をAmazonプライムで視聴。静かな傑作だった。聴覚を失ったメタルドラマー、ルーベンの苦悩する姿は老いを受容できぬ我々の姿でもあり現代の普遍的なテーマでもある。悲観ではなく未来を感じる無音のラストが良い。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ】何かの能力を失うことにどう向き合って生きていくか…は老いを避けられぬ人間にとって普遍的なテーマでもある。コミュニティのリーダーの言葉が深く響く。巧みな聴覚の主観表現。終盤の哀しい空気を写すような映像、繊細な仕草描写が自然で美しい。
    いいね

    良い
  • YELLOTRASH
    音楽好きには辛い題材なのでパス予定だったけど蓋を開ければ『続・ボラット』を凌ぐオスカー6部門ネミネイトで尼配給『サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ』観了。特に"聞こえ"を表現した音響は見事! 編集畑出身、初長編監督のダリウス・マーダーは音楽も担当した弟と共に脚本も担当。
    いいね

    普通
  • akiyoshi752
    『サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ』人が欠落を抱えてしまった時に、どう対処するのか。元に戻るためことに力を注ぐのか。それともその欠落を抱えて、自分の一部として生きていくのか。その問いを突きつられた映画だった。
    いいね

    良い
  • renn6161
    『サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ』普通って何だろう。それは天恵?権利?奇跡?また別のもの?ルーベンは突如失い、耐え、努力し、妥協し、また失う。しかし愛したり苦しんだりした過去は、間違いなく自分のものだ。命の「音」を聞け。
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『サウンド・オブ・メタル』鑑賞。何というタイトル、何というラストカット。衝撃、癒し、享受の三幕で知る失った世界との付き合い方。人はそれでも生きていくしかない。他者、居場所、手段と彷徨いながら聴くのは心の声。その瞬間のルーベン=リズアーメッドの澄んだ大きな瞳にこちらは泣くしかない。
    いいね

    良い
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    renn6161
    3030movies / tweets

    follow us