とんび

みんなの感想/評価
「とんび」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
84%
  • 良い
    22
  • 普通
    3
  • 残念
    1
総ツイート数
1,491
ポジティブ指数95
公開日
2022/4/8
配給
KADOKAWA
解説/あらすじ
広島県備後市。ヤスは、愛妻との間に待望の息子・アキラを授かったが、ようやく手に入れた幸せは、妻の事故死で無残にも打ち砕かれてしまう。親の愛を知らずして父になったヤスは、仲間たちに助けられながら、不器用にも息子を愛し育て続けた――。これまで2度TVドラマ化され話題を呼んだ重松清のベストセラー小説が、オリジナルエピソードを加え、映画版として新たに蘇る。
©2022『とんび』製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • akafundosi
    『とんび』@ TOHOなんば観。母が亡くなり父親壱人手で息子を育てる王道の"昭和"の物語。この王道感が昭和年代には心地良い。創り込まれた昭和も見事っ。ベっタベタな設定、展開だが薄くなった昨今の人情を省みる。適度に笑わせホッコリ度合いや泣かせる塩梅が良い加減。阿部ちゃん上手いわぁ!
    いいね

    良い
  • LUCKYCL06401923
    『とんび』邦画の平凡さをどう語ればいいのかわからないが、もしそのような普通のフォーマットがあるのだとしたら、このような映画のことをいうのではないだろうか。人情という言葉に頼ってしまう日本映画の性質が見て取れる。
    いいね

    普通
  • takajan72
    『とんび』夫婦で鑑賞。人情溢れ心を揺さぶられる反面、家族に執着し過ぎる窮屈さも感じました。不器用者は愛されますが、もっと穏やかに生きられたら、人生豊かかも?でも劇中の「山あり谷ありの方が、人生の景色がきれいなんよ」も記憶に残ります。
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『とんび』ドラマの映画化ではなく完全に独立した映画作品。昭和のベタな人情ドラマには違いないがちゃんと感動させてくれる良作。脇役だけど薬師丸ひろ子と安田顕が秀逸で泣かせる。阿部寛主演なので入浴シーンだけはテルマエ・ロマエw
    いいね

    良い
  • yukigame
    #とんび」昭和の時代を振り返る感動作でした。このお話は何度観ても誰が演じても、素晴らしいです。#邦画 #ヒューマンドラマ #重松清 #昭和 #父子家庭 #阿部寛 #北村匠海 https://t.co/xMsL6i8VQZ
    いいね

    良い
  • estate_la
    『とんび』妻を事故で亡くした父子(阿部寛と北村匠海)の 物語。オヤジがグダグダになっても心溶かしてくれる周りの人達が我が子のように育ててくれ立派に成長していく。自分と息子の二重写しが目に浮かび号泣。父子の絆って深いなー。
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『とんび』@ MOVIX亀有♪最後にグッとくる映画は多いけど、これは背中にあてた手のようにずっと温もりがあって終始泣けた。ただ北村匠海の坊主だけどうにかならなかったんかなぁ…。コントのカツラ被ってるみたいな違和感しかなかったわ。。
    いいね

    良い
  • lovetravelmovie
    『とんび』ありがちな昭和人情劇と思いきや、ずっと泣かされた。時代遅れのクソ親父にイラっとするが、時折見せる愛と優しさが愛おしい。人情なんてきれい事かもしれない。それでも現代の生き方に寄り添われ、尊さを再認識。あぁ人生の味わい深さよ。
    いいね

    良い
  • popol_vuuh
    『とんび』息子アキラの為に生きる妻に先立たれた男ヤス。アキラの成長を物心両面で支える周囲の人々。人間同士の濃い繋がりがいい。阿部寛はもちろんだが脇を固める俳優の演技の全てが素晴らしい。安田顕と薬師丸ひろ子の演技は必見。 #eiga
    いいね

    良い
  • reptilicus1
    阿部寛、粗野だが心やさしい父親役が板についてないし、前半は湿っぽいエピソードの羅列で、こりゃアカンと思った。 息子役が北村匠海になる頃から持ち直すし、安田顕もいいが、 三十年前に菅原文太主演で撮られてたら、の想いは消えず。
    いいね

    普通
  • tamagawajyousui
    『とんび』直木賞作家・重松清のベストセラー小説を、阿部寛と北村匠海の共演で瀬々敬久監督がオリジナルエピソードを交えながら実写映画化した本作は、幾度途切れても必ず繋がる、いつの世も変わることのない親子の不滅の絆を感動的に描き出す。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『とんび』時代が変わっても、関係が複雑になっても通底する家族やコミニティーの絆を描いた人情ドラマ。ベタだが温かい気持ちになれるのも事実。男だらけの古くさい話の中で、前衛的な女性の生き方も肯定。意外と「お母さん」が1番刺さる気がする。
    いいね

    良い
  • Yu_Luck
    『とんび』。松竹のような角川映画。人情物というベタな題材に加え、登場人物が驚きのあまり口からものを吐き出すという噴飯もののベタな描写が2回、『駅 STATION』のベタなオマージュ...ほかベタベタを受入れる度量のある人向けの映画。
    いいね

    残念
  • hunnwarigohann
    昭和の男性の生き様を描いた感動作品でした。人生に節目に悲しみが訪れ、涙が止まらないストーリーでしたが、所かしこで笑いを混ぜた昭和の演出はとても滑稽でした。親持つ子の思いがうまく表現されており、親子で見てもよい作品です。
    いいね

    良い
  • 28kawashima
    『とんび』まあもうベタベタに人情モノですが、登場人物皆が気持ち良いくらいに想いやっている世界を構築して、ちょっとかいま見せる人間臭いとこをユーモアとしてフフフとさせてくるんだから手堅く良い作品ですよ。ヤスケンの頼れる叔父さん感もイイ
    いいね

    良い
  • 28kawashima
    『とんび』破天荒な父という触れ込みのヤスが旭が中学時代まで真っ当なくらいに良い父親しているのが予想外で驚いたが、そこから歳取って頑固になり、息子可愛さに面倒臭くなっていくのが何とも。しょうもないが阿部ちゃんが滲み出す愛嬌で良い感じに
    いいね

    良い
  • 624ken
    よみうりホールで『とんび』試写会鑑賞。親というものは、子供のことを本当に思っているのだなあと感じる。父親は頑固だけど、わかりやすいなー。いい話だったよ。
    いいね

    良い
  • milyfuji
    『とんび』世代的にはハマってもおかしくないし、親として似たような経験もしてるのだけど、この手の人情ドラマが苦手なのかもしれない。育児や子離れに苦労した身としてはヤスの周辺の温かさにジェラシー感じたのかも。映画に罪はない。
    いいね

    良い
  • Ripley2001
    『とんび』を試写会で観た。 全世代向けらしいが、これ、年配の方向けじゃないの?と思える程私は共感できず。 阿部寛演じる昭和の父親像に終始心の中で「めんどくさい」と連発。 ノスタルジーは覚えても、感動はできない私は人情物が苦手。
    いいね

    普通
  • kyamokyamo
    『とんび』高度成長期を舞台に描かれる父子の成長と絆☆特段ひねりがあるわけではないので次の展開が予想でき安心して観れる分、主演の阿部ちゃん始め昭和の雰囲気を上手く演じる俳優さんたちが手堅く好演、ノスタルジックな作風も味わい深いです
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    more info
    coco 映画レビュアー
    yukigame
    3624movies / tweets

    follow us