TOP >作品データベース >旅立つ息子へ

旅立つ息子へ

みんなの感想/評価
「旅立つ息子へ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
94%
  • 良い
    20
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
123
ポジティブ指数100
公開日
2021/3/26
原題
Here We Are
配給
ロングライド
上映時間
94分
解説/あらすじ
売れっ子のグラフィックデザイナーを引退したアハロンは、ひとり息子のウリと田舎町でのんびりと2人で暮らしている。実はウリは自閉症スペクトラムを抱えていて、アハロンがずっと世話してきたのだ。しかし、別居中の妻、タマラは将来を心配して、全寮制の特別支援施設への入所を決める。低収入のないアハロンは養育不適合と判断され、裁判所の決定に従うしかなかった。入所の日、ウリは大好きな父との別れにパニックを起こしてしまう。アハロンは決意した。「息子は自分が守る」こうして2人の逃避行が始まった。
©2020 Spiro Films LTD.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • mattsuanko
    『旅立つ息子へ』#movie 自助意識の高過ぎるお父さんの奮闘記。いずれ先に旅立つことになるのだから素直にタマラの言うこと聞けばいいのにと思った。入る施設があるのは共助公助が充実していて恵まれている。色々と考えさせられる😄
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #旅立つ息子へ 💚イスラエルの作品。自閉症の息子の将来を考えて、結果対立する父母。息子を世間から守るつもりの旅が、息子の成長へ繋がるきっかけとなったのは、瓢箪から駒なのかなぁ。父子の距離感が変わっていくのが、嬉しくも少し切ない。
    いいね

    良い
  • 624ken
    飯田橋ギンレイホールで『旅立つ息子へ』を鑑賞。自閉症の息子と暮らす老いた父親。施設への入所が決まるが。息子の父親の大好きっぷりも可愛いが、やっぱり父親大変だよなー。こだわり多いから難しいね。希望のラストは、温かい気持ちになった。
    いいね

    良い
  • 28kawashima
    『旅立つ息子へ』子離れできない父の葛藤を映した映画ではあって、彼には実は親離れできる息子を縛ってしまう悪い部分がある。それでも彼の親心は否定したくないんだよな…『靴ひも』のようなキーアイテムとなるスイッチの使い方が白眉でウルッとくる
    いいね

    良い
  • 28kawashima
    『旅立つ息子へ』父親を演じるシャイ・アヴィヴィの優しげながらも切ない顔が際立つ表情が絶品。微妙な口角の上げ方で息子と離れたくない気持ちや、成長を喜ぶ親心が表されていて、ほっこりしつつも切なくなる。親側が求めるモラトリアムの説得力
    いいね

    良い
  • 28kawashima
    『旅立つ息子へ』昨年の『靴ひも』に引き続いての自閉症の息子と向き合う父親の映画。こちらもまたイスラエル産なんで共通項が多いが、こちらは最初から父子が仲良し。仲良しすぎて施設にやりたくない父による逃避行。中々このアプローチは珍しい
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『旅立つ息子へ』障害を持った子を抱える家庭では、大なり小なり葛藤があることでしょう。子の幸せを願っても方法は違う。それ故の親子の逃避行。子離れ出来ないだけでは片付けられない父親の移ろい行く表情が涙腺を刺激するも、結末は爽やかでした。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『旅立つ息子へ』自閉症の息子とキャリアを捨て、人生を彼に捧げた父親の別離への逃避行。特別ではあるが愛情豊かな2人の普遍的な関係は、その奥にある誰もが抱く未来への不安を想起させる。さよならの言葉はこんなにも爽やかで幸せな響きだったんだ
    いいね

    良い
  • GEKIEKI
    『旅立つ息子へ』何とも切ない映画。
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『旅立つ息子へ』自閉症スペクトラムの息子ウリ、彼の世話をしてきた父アハロン、ウリを支援施設へ入所させようとする母。施設を嫌がるウリとアハロンが辿る場所と、20年前の私自身のイスラエル旅行が重なる。良い作品なのに、ネタバレな邦題が残念
    いいね

    良い
  • tsuccheee
    10本目『旅立つ息子へ』オンライン試写。自閉症の息子を守ることが生きるよすがだった父親。たとえそのために自分の夢を諦めたり、周りの人間と衝突したりしても。でもこれからは父親が旅立つ番なのかもしれない。#旅立つ息子へ
    いいね

    良い
  • a19660819
    #旅立つ息子へ』実話ベース自閉症スペクトラムの息子と理解ある優しき父~を、母が施設に入れようと手続きして、息子がパニック起こしての父子の当て所無い逃亡ムービーになるのだが。ラストは息子は旅立つ!子離れそれでも切ないハッピーエンドか
    いいね

    良い
  • yukigame
    #旅立つ息子へ」息子は自分が守らなければという使命感が息子を縛りつけている事もあるのかも。もう手を放す時期かもしれません。。#自閉症スペクトラム #イスラエル映画 https://t.co/e2eRnZHZ3w?amp=1
    いいね

    良い
  • eichan2014
    #旅立つ息子へ』青年期を迎えた自閉症の息子と父親の親離れ子離れの話だが名匠ニル・ベルグマンが撮るとこうなる。養育不適合と判断されての2人の逃避行。ラストに見える息子の成長が嬉しい反面何とも言えぬ寂しさの表情が本作の深さを物語る。
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『旅立つ息子へ』@オンライン試写♪父子の絆の強さゆえにタイトルとは裏腹にそうなる気配もなく終わりが刻一刻と迫るなか、まさか自分までこんな顔するとは思わなかった! 子育てってこんな瞬間があるのかぁ…って驚きと嬉しさよ! #旅立つ息子へ
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『旅立つ息子へ』息子は親の知らぬまに成長していた。息子べったりの父親と父親べったりの息子。いつまでも子供のつもりがすっかり成長している。息子の旅立ちは親の子供からの旅立ちでもある。父親の眼差しがなんとも言えない。 #旅立つ息子へ
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『旅立つ息子へ』イスラエルの名匠ニル・ベルグマンの最新作では、自閉症スペクトラムの息子ウリと、その息子の為に売れっ子グラフィックデザイナーというキャリアを捨てた父親との絆を、巣立ちへの物語の中で感動的に浮き彫りにする。#旅立つ息子へ
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『旅立つ息子へ』自閉症の息子が心配で子離れできない父の姿でもあるが、それだけでは終わらせられない父と子の絆がぐっとくる。障害を持つ子の親としては、いつか直面する厳しい現実。それをどう乗り越えればいいのか難しい時代 #旅立つ息子へ
    いいね

    普通
  • jasminya
    『旅立つ息子へ』父ちゃんが描いた絵の価値はさっぱり分からなかったけど、ワンコに貼ってきた付箋には一体何を書いてきたのか気になったなぁ…絵を描いたんじゃないかなぁ…?? #旅立つ息子へ
    いいね

    良い
  • jasminya
    『旅立つ息子へ』息子のためを思うばかりに何もかも棒に振ってきた父ちゃんだけど、これからは自分の人生を歩んでほしいと思う。チャップリンの映画が見れなくなった代わりに描いたパラパラ漫画と自動ドアのボタンが印象的だった。#旅立つ息子へ
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    d_hinata
    2936movies / tweets

    follow us