TOP >作品データベース >ライトハウス

ライトハウス

みんなの感想/評価
「ライトハウス」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
88%
  • 良い
    38
  • 普通
    5
  • 残念
    0
総ツイート数
168
ポジティブ指数100
公開日
2021/7/9
原題
The Lighthouse
配給
トランスフォーマー
上映時間
109分
解説/あらすじ
1890年代、ニューイングランドの孤島に二人の灯台守がやって来る。彼らにはこれから四週間に渡って、灯台と島の管理を行う仕事が任されていた。だが、トシかさのベテラン、トーマス・ウェイクと未経験の若者イーフレイム・ウィンズローは、そりが合わずに初日から衝突を繰り返す。険悪な雰囲気の中、やってきた嵐のせいで二人は島に閉じ込められてしまう…。
©2019 A24 Films LLC. All Rights Reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • aoyadokari
    『ライトハウス』モノクロで灯台守の閉鎖空間で二人の登場人物を格闘させて、摩訶不思議な世界を構築している。寓話的でもあるし神話的でもある。喜劇とも言えるし悲劇とも言える。ホラーでもあるしサスペンスでもある。考えようによってはラブ・ストーリーでもあるかな。一般的じゃないが、服従と支配
    いいね

    良い
  • snake954
    『ライトハウス』みる。
    いいね

    良い
  • yukigame
    #ライトハウス」男二人が隔離された島で変わっていく姿が衝撃的でした。怖かったです。#洋画 #ホラー #サスペンス #ウィレム・デフォー #ロバート・パティンソン https://t.co/lFgFwVi3rT?amp=1
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『ライトハウス』@ホワイトシネクイント♪話が進むほどに何もかもが信じられなくなり、真相は分からないのに面白かった。画面は狭く振動さえ感じる音と役者の力とで終始圧迫感がはんぱなく、ロバート・パティンソンなの最後まで気付けなかった…。
    いいね

    良い
  • damegane_dameo
    『ライトハウス』常に不穏な雰囲気が画面を支配しており妙な緊張感が漂う。後半から2人の関係が崩壊していくのだが、怪奇現象によってそうなったというより酒に溺れてそうなったようにしか見えないので滑稽に思えてしまう。ほぼ2人芝居の俳優陣の怪演は圧巻だが、CGが浮いてしまっているのが残念。
    いいね

    普通
  • faaaaraway
    『ライトハウス』★★★☆☆カラーだったら匂ってきそうな不快な描写もモノクロだと美的に見える。幻視部分も現実と地続になっていい雰囲気になった。確かにラブクラフト的な素養が垣間見える。
    いいね

    良い
  • kmrks
    『ライトハウス』(The Lighthouse)鑑賞。076 孤島の恐怖感が狭く囚われたスクリーンから迫り来る。ここ最近で1番怯えながら観た1本。2人とも化け物じみて最高。、 #eiga
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #ライトハウス ♠酔っ払いの馬鹿騒ぎを、こんなに高尚にまとめあげるなんて! R.パティンソンの狂気や、W.デフォーのカメレオンぷりを堪能。嵐は何日続いたのだろう。時間の観念が曖昧になっていく。耳に残る汽笛の音。希望、絶望、幻聴。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『ライトハウス』ウィレム・デフォーとロバート・パティンソンの二人芝居のロバート・エガース監督の最新作は、垂れ込めた雲と荒れ狂う海に閉じ込められた灯台を舞台に、灯台守二人がが狂気に囚われていくにつれ、我々も現実と幻想の境界がぼやける。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『ライトハウス』絶海の孤島に2人の灯台守。スタンダードサイズのモノクロフィルムに響く霧笛とウミネコの鳴き声。精神が削れ、夢想に逃げるのも仕方なし。黯然の閉鎖空間に引き込む撮影と役者の異常なレベルの高さ。不穏不快が極まるR.エガース節
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『ライトハウス』劇場で鑑賞。孤島に屹立した灯台の下で気狂う二人の灯台守。怪奇色を煽り立てるモノクロ映像の魔力。虚実が混ざり合い、暗澹たる閉塞感がいや増す中で打つかり合う、W・デフォーとR・パティンソンの狂演に唯々圧倒された。怪作です
    いいね

    良い
  • 624ken
    TOHOシネマズシャンテで『ライトハウス』を鑑賞。孤島での二人の灯台守り。二人の仲がいまいちなので、超つらいね。絶対こんな仕事したくない。この空間では狂気に陥るのはしょうがない。不気味な雰囲気がたまらない映画ですね。難解でもある
    いいね

    良い
  • tsururuto
    『ライトハウス』全編モノクロ、正方形に近い画面サイズで古いサイレント時代の映画の趣。音は非常に凝っているが。灯台に固執する粗野な老人とワンオペでこき使われる訳あり新人の駆け引きが息苦しいまでの緊張感。如何様にも解釈できる寓話の様だ。
    いいね

    良い
  • eichan2014
    #ライトハウス』嵐に見舞われた孤島の灯台守二人が至る妄想とも現実とも判別しがたい悪夢と呪われた運命。暗闇に光る男達の見開いた目と息遣いが何時までも脳裏から離れない。ラストまで続く不吉な後味の悪さをアートにまで昇華させた力強い作品。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『ライトハウス』モノクローム画像と人間の狂気が上手くシンクして素晴らしい作品に仕上がってる。デフォーは想像つく演技だがパティンソンには驚いた👀‼️すっかり、演技派俳優で個性も感じた。アートにふってる作品。人間の欲望を垣間見た。
    いいね

    良い
  • garancear
    『ライトハウス』強烈な内容だが、こだわりのモノクロ画像に不穏なサウンドデフォーのセリフ、情報量が多くて文学作品を読んだような印象。俳優二人の狂気対決+かもめ(凄い)隣の席でカップルがポップコーンを食べ肩を寄せ合っていたが、デートムービーにはあまり向いていない。 #映画
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『ライトハウス』汗や泥や汚水を臭ってきそうに描き出すモノクロ画の強烈。幻想なのか現実なのか曖昧模糊な展開は、音による不快な刺激を伴って終始不穏さを纏い最後まで気が抜けない鑑賞。狂気という部分では、状況とデフォーが演じるあの上司相手ではそりゃ追い込まれるよと同情。
    いいね

    良い
  • nodatetu
    7/9公開「ライトハウス」TOHOシャンテで鑑賞。難解なストーリーとギリシャ神話を散りばめた暗喩の連続。孤島に残された2人の灯台守が狂気と幻想に侵され、徐々に狂っていくスリラー。これは現実か?幻想なのか判別不能場面が多数あり。音響デザインも秀逸。彼らは単なるアルコール中毒患者か
    いいね

    良い
  • croaton0
    狂いに重点を置いた発狂映画。鑑賞中はどうにも流れに乗れず、鑑賞後少しずつ作品内容を咀嚼していくことで状況の恐ろしさと事のおぞましさが胸中に広がっていったが、舞台となる孤島にそこはかとない“厳かさ”を感じるのは何故だろうか?
    いいね

    普通
  • TaulNcCar
    『ライトハウス』鑑賞。この監督、このキャスト、この設定、このスタジオならと期待したどおりの男二人で遊ぶ狂気の美学。マチズモと父殺しを軸に下世話なネタから文学的継承、恐怖や性のオマージュまで閉塞感たっぷりに展開。女は魔女で男は灯台。またも深層心理をはらわたまで見せ弄ぶダークコメディ
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    d_hinata
    2939movies / tweets

    follow us