TOP >作品データベース >リトル・ガール

リトル・ガール

みんなの感想/評価
「リトル・ガール」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
98%
  • 良い
    73
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
191
ポジティブ指数100
公開日
2021/11/19
原題
Petite fille
配給
サンリスフィルム
上映時間
85分
監督
キャスト
 
解説/あらすじ
サシャは2歳を過ぎた頃から自身の”性別の違和感”を訴えてきたが、学校では女の子としての登録が認められず、”男子”からも”女子”からも疎外、バレエ教室では男の子の衣装を着せられてしまうなど、社会は彼女を他の子どもと同じように扱えずにいた。やがて7歳になってもありのままに生きることが出来ない、不自由なサシャ。家族は、そんな彼女の個性を支え、周囲に受け入れさせるため、学校や周囲へ働きかけるのだが…。
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • 4410_Kupa
    『リトル・ガール』(20/仏) 性自認が女の子の7歳児サシャと彼女の家族を追ったドキュメンタリー。サシャが学校でも女の子としての“ありのまま”でいられるよう、担任や校長に認めてもらうため尽力する家族の姿に頭が下がる。
    いいね

    良い
  • yukigame
    #リトル・ガール」幼少期に自分の性別が違うことに気付いた子のドキュメンタリーです。良い映画です。#フランス映画 #ドキュメンタリー #トランスジェンダー #性同一性障害 https://t.co/rlqRljd3Pd?amp=1
    いいね

    良い
  • eichan2014
    #リトル・ガール』幼い子供にトランスジェンダーの過酷な試練を与えた運命と世間の安易な風潮に抗い当然の権利を全うした両親の闘い。天使の如く綺麗なサシャの悲しみ、そして思いが実現した時の表情が頭から離れない。救われた幼い命の記録。
    いいね

    良い
  • milyfuji
    『リトル・ガール』幼気な少女に神様はこんな残酷な試練を与えるのだろう。サシャの母の気持ちも痛いほど伝わる。母を気遣い何も語らず目にいっぱい涙をためるサシャ。誰もが自分らしく生きられる寛容な社会であって欲しいと願わずにいられない。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『リトル・ガール』このドキュメンタリーに登場する男の子の身体に生まれ、女の子になることを夢見ている7歳の可愛いサシャを見ていると、多様性の容認と包容性が如何に社会にとって必要不可欠であることを、改めて切なさと共に痛感してしまいます。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『リトル・ガール』LGTB作品、子供を扱った映画。親が子供を病気扱いしたり、酷いのは改善させようとする話が多い中、映画での両親は子供を理解し生活させ、より良い環境をと専門医に罹る姿は凄い。ドキュメンタリーで嘘のない内容がいい。
    いいね

    良い
  • naru_yobi
    『リトル・ガール』そりゃ他人事で人生負えられたら楽だよなあと、顔も映らぬ弱い人にもちょっと共感しました。 #映画 https://www.naozari.com/2021/11/blog-post_48.html
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『リトル・ガール』フランスでも地方となると、トランスジェンダーに懐疑的で否定的、パリの専門医の存在がなければ、この家族はどうなっていたのかとふるえる。第二次性徴にも触れていたが、映画「GIRL/ガール」のような苦しみはいらない。
    いいね

    良い
  • adusan31
    『リトル・ガール』ー。サシャや家族の表情、光や風など、ドキュメンタリーであることを忘れてしまいそうになる瞬間がいくつもあった。そっか、『思春期』の監督なのね。納得。
    いいね

    良い
  • adusan31
    『リトル・ガール』ー。瞳いっぱいに涙をためるサシャ。どれだけ心を疲弊させられる経験をしてきたのか。どれだけ希望を打ち砕かれる経験をしてきたのか。母の「あなたには怒る権利があるのよ」という言葉の切なさに胸が締めつけられる。
    いいね

    良い
  • adusan31
    『リトル・ガール』ー。性別違和に悩み、葛藤するサシャと家族の記録。なぜ一方に理解され、受け入れられなければ自分が自分らしくいることができないのか。理解されなくてもいい。ただ自分らしくいたいと思う気持ちを尊重してほしいだけなのに。とてもシンプルなことなのに、と思わずにいられない。
    いいね

    良い
  • Yuta_USJ
    『リトル・ガール』 心を揺さぶられる傑作!母親の葛藤と苦悩は中々聞いて貰えずジェンダーへの理解がまだ少ないのがもどかしい。みんな幸せに生きれたらいいな
    いいね

    良い
  • tomoyanandayo
    『リトル・ガール』試写にて。性別違和を抱え悩む少女と世間、社会と闘う彼女とその家族のドキュメンタリー。 決して他人事にせず、この作品を通してより理解が深まればいいなと思った。個人的には長男君が母親に言った自分の考えが印象的👍
    いいね

    良い
  • hetsdk
    『リトル・ガール』よくある押し付けがましいLGBT作品とは異なり純粋に女の子でありたいサシャとそれを叶えたい家族の物語。まだ7歳の子なのになんて聡明なんだろう…きっと周りの人々の考えを感じ取っているんだろうと思えるシーンが辛かった。
    いいね

    良い
  • Orangepecco1031
    #リトル・ガール』 性別違和を持つサシャと家族を追ったドキュメンタリー。今は診療の中で2次成長の相談ができるという驚きと、どうにもできない違和と社会の不理解に静観に耐える彼女の不自由が、少しでも無くなればいいなと思った。
    いいね

    良い
  • aya_18eddd
    『リトル・ガール』子どもは大人が思っているほど"子ども"ではないんだよな、と。(性別違和についてだけではなく)真剣に考え悩み、大人に対して遠慮したり気づかったりすらする。そんな時彼らに対して真摯に向き合い行動できる大人でありたいね…
    いいね

    良い
  • Yukimovies
    『リトル・ガール』個性を尊重する両親と兄弟たち。「いつか」に備え、「もしも」を想定することがいかに大事で難しいか。サシャが自分で選択をしたときこの鮮鮮しい映像はどう影響するんだろう。観客にも想像する余白を与えてくれた一作。
    いいね

    良い
  • Ukkarihachibe
    『リトル・ガール』 この作品の視点が母寄りなのもあって自分の子供と重ねてしまう。学校や習い事で起こる事がとても辛い。この辛さが彼女の物語の消費になってしまわないよう、自分がどこから見ているのかも考え続けなければいけない。
    いいね

    良い
  • Ukkarihachibe
    『リトル・ガール』 オンライン試写にて。 可愛らしいポスタービジュアルに反して、わかってはいたけれど彼女たちの過酷な現実をカメラは捉える。 戦い続ける家族と彼女が天真爛漫な笑顔の下に抱くものを社会の構成員として忘れずにいたい。
    いいね

    良い
  • yurien
    『リトル・ガール』自分の持ち物や洋服の色一つ、好きなように選択することが自由にならない立場があるのだという、非常にシンプルで心が引き裂かれるような状況がひしひしと伝わってきた。家族があたたかく、「力になりたい」という姿勢が強く素敵。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    mokomoko37
    2871movies / tweets

    follow us