TOP >作品データベース >リトル・ガール

リトル・ガール

みんなの感想/評価
「リトル・ガール」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
98%
  • 良い
    73
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
191
ポジティブ指数100
公開日
2021/11/19
原題
Petite fille
配給
サンリスフィルム
上映時間
85分
監督
キャスト
 
解説/あらすじ
サシャは2歳を過ぎた頃から自身の”性別の違和感”を訴えてきたが、学校では女の子としての登録が認められず、”男子”からも”女子”からも疎外、バレエ教室では男の子の衣装を着せられてしまうなど、社会は彼女を他の子どもと同じように扱えずにいた。やがて7歳になってもありのままに生きることが出来ない、不自由なサシャ。家族は、そんな彼女の個性を支え、周囲に受け入れさせるため、学校や周囲へ働きかけるのだが…。
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • kasa919JI
    『リトル・ガール』 我々は既に「トランスジェンダー」という言葉は知っている。しかし、所詮他人事だ。もちろん私も。わからないことをとりあえず受け入れる寛容さこそ大事だと、痛感させられるドキュメント。ラストショットに頭がクラクラした。
    いいね

    良い
  • PairylandMovie
    『リトル・ガール』性別違和を2歳の頃から感じていたサシャと、家族の話。 彼女の葛藤や悩みはもちろんだが、家族の彼女を支援したいという気持ちがひしひしと伝わってきて何度も泣いた。自分が自分らしく生きるって、簡単なようでとても難しい。
    いいね

    良い
  • mxxxpiyo
    『リトル・ガール』オンライン試写で鑑賞。2歳から性別違和を感じているサシャと家族のドキュメンタリー。子の苦しみも親の葛藤もどちらも切実で胸が苦しくなった。この家族のように子の望む幸せをそのまま受け止めてあげられる親でありたい。
    いいね

    良い
  • Lita1224710
    『リトル・ガール』男の子の身体に生まれ女の子になる事を夢見るサシャと家族のドキュメンタリー。サシャの笑顔は本当に可愛いく、けれどその中に渦巻く複雑な感情がある事を思い苦しくなる。日々積もっていた痛みの涙が忘れられない。
    いいね

    良い
  • mako_movie
    女の子になりたいサシャとその家族のドキュメンタリー映画。 誰かに迷惑をかけるわけでもない、、 家族みんなが愛溢れてて素敵だった。 た手違いで違う身体で生まれてきてしまっただけだから、無料で手術ができるようになればいいなと思った
    いいね

    良い
  • skuraata2018
    『リトル・ガール』試写にて。心が女の子、体は男の子のサシャと家族の奮闘を映したドキュメンタリー。LGBTQへの配慮が叫ばれるようになったけど、社会はまだ不寛容である事実を突きつけられた。彼女がありのままに生きられる世界になるように。
    いいね

    良い
  • matilda4912
    『リトル・ガール』試写にて。女の子として生きたいサシャと家族の静かな闘いのドキュメンタリー。これは誰のせいでもなく、誰にでもありうることで、なぜこんなにも社会は冷たいのだろうと思った。サシャの表情が忘れられない。
    いいね

    良い
  • trick_world
    『リトル・ガール』サシャを受け入れない学校やバレエ教室、サシャが自由に生きられる様に奮闘する母親の姿に寄り添うように撮影されたドキュメンタリー。サシャが自分らしく生きられる世界を切に願った。
    いいね

    良い
  • ruvFvu6K9mXLGZd
    『リトル・ガール』 "でも女の子だよ" 実在の家族を映したドキュメンタリー作品 仮想ではなく現実 誰も傷つけていないのに自分らしく生きることを否定され涙する子どもがいるこの世界 世界はまだ未熟なのだと確信する
    いいね

    良い
  • Kassy33141638
    『リトル・ガール』これはとても素晴らしいドキュメンタリー! 7歳のサシャの性の不一致。静かに涙を目にいっぱいにためる姿に受けてきた傷の深さを感じ胸が張り裂けそうになる。家族のサポートと社会の寛容について考えさせられる良い作品です。
    いいね

    良い
  • mrharusp
    『リトル・ガール』 ある少女の過程についてのドキュメンタリー。 とにかく美しい横顔と社会の不寛容さにハッとさせられ続ける。どうしてかないつも問題は大人にあって、子供たちのような純粋な目で彼女を見守ってほしいと切に願ってしまった。
    いいね

    良い
  • moviefwiruma04
    『リトル・ガール』 LGBTQについて改めて考えさせられる内容だった
    いいね

    普通
  • stem910
    『リトル・ガール』オンライン試写会で観ました。早くトランスジェンダーへの理解が進んで、当事者はもちろん周囲の人も苦しまずに済むようになってほしい…と願わずにはいられない。母親が自分を責めてしまう様子が辛かった。
    いいね

    良い
  • gero89325
    サシャがサシャらしく生きるという、特別でもなんでもない普通な事が難しいのはなぜだろう。 サシャが病院で目に涙を溜めて静かに泣くシーンがとても悲しかった。
    いいね

    良い
  • Le_long_samedi
    『リトル・ガール』試写会にて。多くの国に性別違和を抱えている人はいると思うけれど、幼いサシャを通じて先進国だってまだまだ理解が足りないことや、彼女があれだけ傷つき悩む姿は、ドキュメンタリーだからこそ多様性とは何かを考えさせられた。
    いいね

    良い
  • mizuyuri2
    『リトル・ガール』同世代の息子を持つ母として私も同じ境遇なら無条件で子供の生き方を尊重したいと思った。彼女の願いはただ学校にスカートを穿いて行きたいだけ。序盤の涙を流す不安な表情から徐々に柔らかい表情に変化していったのが印象的。
    いいね

    良い
  • mizutama_1221
    『リトル・ガール』 2歳半から自分は女の子だと自覚しているサシャ。彼女に理解のある家族がいて良かった。 これから先も色んな壁を越えなければいけない時が他の子より多そうだけど、どうか頑張って生きてほしい。ラストシーンの表情が好き!
    いいね

    良い
  • aussie422
    『リトル・ガール』試写会で鑑賞。性別違和を感じる幼いサシャをめぐるドキュメンタリー。表情も言葉もセリフや演技でない分、観ている側も心を削られるし応援したくなる。観終わって時間と共に今後のサシャの人生を思うと作品のあり方を考えてしまう
    いいね

    良い
  • nelutzeko
    『リトル・ガール』自身は女の子だと思っているのに、生まれた体は男の子だったサシャ。まだあんな小さいのに親に気を遣って感情を抑え込みながら闘う姿にたまらない気持ちになるが、彼女が自分らしく生きられるよう全力で支える家族が本当に暖かい
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #リトル・ガール ♦生誕時に性別を選べないのだから、性別不和があっても不思議はない。カメラが捉えるサシャは、どこから見ても可愛い女の子。診察を受け始めた頃は不安そうなサシャが、徐々に明るい表情になるのが少し救い。そのままでいいんだよ
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    mokomoko37
    2871movies / tweets

    follow us