TOP >作品データベース >すべては海になる

すべては海になる

みんなの感想/評価
「すべては海になる」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
0%
  • 良い
    0
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
4
ポジティブ指数0
公開日
2010/1/23
解説/あらすじ
夏樹(佐藤江梨子)は大型書店に勤める書店員。10代の頃、本によって救われた経験がある彼女はそこで、独自の本棚を作り自分のコーナーとしている。夏樹の作る本棚に魅せられた客がその書店には集まってくるが、そのなかのひとりである中年女性が事件を起こす。それがきっかけで夏樹は、彼女の息子・光治(柳楽優弥)と出会う。光治の家庭は荒廃しており、光治もまた本を支えに生きているのを知り、2人はかけがえのない関係を築いていく――。
©「すべては海になる」パートナーズ
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • writelefthand
    映画『すべては海になる』鑑賞。愛がわからないとか父の圧力から逃れられないとか本の内容および作者のこととか主人公たちの悩みにかなり書き割り感を覚えた。佐藤江梨子のお姉さん感+書店員の様子はよかったのだが、他がちょっと……。柳楽優弥もそれほど巧くはなく感じた。
    いいね

    普通
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • okoku
    【邦画批評】佐藤江梨子主演「すべては海になる」鑑賞。いつの間にか公開していつの間にかDVD化。少女漫画映画。映画の体を成してないし、話の根幹がブレまくり。キャラが自分の心情を吐露しまくりの典型的日本映画。でもどう云う企画書だったらこの手の映画に数千万円も集まるのか不思議...。
    いいね
  • aka720
    キノタヨ映画祭と犬の巡礼の旅。:30日からパリに行って来ます。すでに始まっている、パリキノタヨ映画祭に、自分の映画「すべては海になる」が招待されているので、行ってきます。…http://yaplog.jp/akane-y-dairy/archive/2259
    いいね
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    coco 映画レビュアー
    sa9237a
    3678movies / tweets

    follow us