TOP >作品データベース >すべてが変わった日

すべてが変わった日

みんなの感想/評価
「すべてが変わった日」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
94%
  • 良い
    27
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
525
ポジティブ指数94
公開日
2021/8/6
原題
LET HIM GO
配給
パルコ ユニバーサル映画
解説/あらすじ
1963モンタナ州の牧場。元保安官のジョージ・ブラックリッジと妻のマーガレットは、落馬の事故で息子のジェームズを失う。3年後、未亡人として幼い息子のジミーを育てていた義理の娘のローナが、ドニー・ウィボーイと再婚。暴力的なドニーがローナとジミーを連れてノースダコタ州の実家に引っ越したと知ったマーガレットは、義理の娘と孫を取り戻すことを決意する。しかしジョージとマーガレットを待ち受けていたのは、暴力と支配欲ですべてを仕切る異様な女家長、ブランシュ・ウィボーイだった…。
©2020 Focus Features LLC. All Rights Reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • tatshead7
    【すべてが変わった日】一度決めたら真っ直ぐ突き進む妻に対し、寡黙で冷静な夫という対比。この関係性で長年生きてきたことが手に取るように伝わります。陰惨で哀しい出来事を描く作品ですが、映画を包む温もりを感じる理由はここにある気がします。
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【すべてが変わった日】西部劇でありロードムービーであり、何より深い愛情の物語の本作で、夫婦の絆に説得力をもたせたのは2人の円熟した演技。穏やかな空気が暴力と無縁の夫婦を血みどろの世界に引きずり込むスリルとショックを際立てていました。
    いいね

    良い
  • kmrks
    『すべてが変わった日』(LET HIM GO)。100 敵となる田舎集落が頭おかしすぎてミッドサマーか八つ墓村だと思う事にして鑑賞。デフォルメ含めて実在するであろう田舎半グレ一族。 ダイアン・レイン健在の大捕物。 #eiga
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『すべてが変わった日』西部劇の趣きを感じる現代劇は復讐や奪還の名の下に押し通す正義の暴走を描く。劇中は63年だが現在の正義はより曖昧で、その混迷っぷりに対し原題が良いフックに。日常を切り裂く代償と喪失こそ、この半世紀のアメリカの姿か
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『すべてが変わった日』@ TOHO流山♪開始早々に田舎特有の息苦しさを思い出す…。マーガレットは目的があるから最初そこまで意識しなかったけど、意外とブランチと似てるとこも垣間見えたりで色んな意味でハラハラさせられた。 #すべかわ感想
    いいね

    良い
  • a19660819
    『すべてが変わった日』#すべかわ感想 もうホラーなの?チョイ物語知りながら、西部劇の体を取りつつ驚愕の展開こんな怖い映画久々!ケビン・コスナー&ダイアン・レインが対峙する極悪一家の女主人ヤバさ。可愛い孫を手にする為の壮絶な闘い必見!
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『すべてが変わった日』(20/米) 落馬事故で息子を失った老夫婦が再婚した義理の娘と孫に会いに婚家に出向いたら、そこはとんでもないサイコ家族だった! しっとりと落ち着いた画面で狂った物語を奏でるというアンバランスさがジワる。
    いいね

    良い
  • yukigame
    #すべてが変わった日」怖いゴッドマザーが対決します。マーガレットは優しそうだけどどっちもどっちだと思うなぁ。#洋画 #クライムサスペンス #嫁姑 #人種問題 https://t.co/llJQYmGjS4?amp=1
    いいね

    良い
  • a19660819
    #すべてが変わった日』ケヴィンコスナー&ダイアンレイン豪華キャストでのもうスリラー!息子夫婦の孫を可愛がってた老夫婦の息子突然亡くなり、数年後嫁が再婚、その嫁ぎ先が激ヤバ暴力一家&鬼ヤバ女主との戦い最近1番怖かった映画見甲斐あり
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『すべてが変わった日』1960年代のアメリカ。1番小さな社会である家族の中の脅威と不幸。あのボスママは何をどうしたいのか。優しき先住民の言葉から窺える人種問題や女性の地位等も孕みつつ、ケビンとダイアン演じる二人の必死さで一気に鑑賞。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『すべてが変わった日』原題を直訳すると「彼を手放す」になるが、彼が誰で、誰が手放すのかが本作の鍵になると思う。息子の落馬事故を切っ掛けに不幸な連鎖に絡めとられたブラックリッジ夫妻の、その連鎖を断ち切る物語が西部劇仕立てで展開する。
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『すべてが変わった日』1960年代のアメリカ。D.レインとK.コスナー演じる老夫婦が命懸けで変えようとしたことは…。DV、児童虐待、人種差別など難しい問題を描きつつも、主人公二人の不器用ながらも最善を尽くそうとする姿勢に心を打たれた
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『すべてが変わった日』西部劇で現代を語る、西部劇を語り直す、といった趣向はアメリカ映画の伝統。奪還や復讐ものも多いが敵対するものも変わってきた。本作はお話自体は分かりやすいがテーマを考える余地も残されていて原題「Let Him Go」の解釈が複数にかかる感じが良く反芻している。
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『すべてが変わった日』アメリカ映画は西部劇のフォーマットで何度新しい物語を紡ぐのだろう。時代は60年代だがミソジニーを育む支配を描くと共に女性の生き方を問う映画にも。往年の名作のような静かな語り口からあらゆる狂気から解放せよとばかり燃え上がる展開、その決意。堪らない味わいだ。
    いいね

    良い
  • dwpcs477
    『すべてが変わった日』ケビン・コスナー、ダイアン・レインなのに数館しか上映されないのは作品内容に問題があるからでしょうか?悪人に対峙するには命がけなんて流行りませんね。
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『すべてが変わった日』穏やかな幕開けからの悲痛…別れシーンかと思ったら次の展開だし、携帯のない時代設定とグランパの元職業設定が説明なしの見せ方に好感。出会うウィーボーイ家、中でもボスママのブランチの不快と暴挙、ラスト展開に驚き。先住民ピーターの意味合いと邦題に?は残るが楽しめた。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『すべてが変わった日』本来ならば再婚した嫁の家庭の事情だからと日本人の俺なんかは考えてしまうが、DVは許されないアメリカなんだろう。人種差別も絡んできているのも。それでも銃で決着を付けるのがアメリカ。ケビン・コスナーの夫が斧で指を切られたシーンで「ジャンゴ」を思い出した。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『すべてが変わった日』現代の西部劇かな。白人の暴力一家の息子が嫁と孫に対してのDVを目撃してしまった義母が孫を取り返しに行く。白人一家がレイシスト的な保守主義で義母がユダヤ系なのかな。ダイアン・レインが勝ち気な義母役。その夫で元保安官がケビン・コスナーだった。相手の女家長が怖い。
    いいね

    良い
  • toomilog
    『すべてが変わった日』作品を楽しめる見方がたくさんある 二度三度じっくりみるとまた違うなにかに気がつくような 主演の二人がよかったな 【感想】https://toomilog.com/subetegakawattahi
    いいね

    普通
  • eichan2014
    #すべてが変わった日』一途なシニア夫婦が鬼畜の様な一家から亡き息子の妻子を救い出すサスペンススリラーだがダイアン・レインとケビン・コスナーの存在感で佇まいの良い映画になった。作品理解を深める試写会後トークも秀逸。@TheRiver
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...