TOP >作品データベース >クーリエ:最高機密の運び屋

クーリエ:最高機密の運び屋

みんなの感想/評価
「クーリエ:最高機密の運び屋」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
96%
  • 良い
    50
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
875
ポジティブ指数98
公開日
2021/9/23
原題
THE COURIER
配給
キノフィルムズ
上映時間
112分
解説/あらすじ
1962年10月、アメリカとソ連、両大国の対立は頂点に達し、「キューバ危機」が勃発した。世界中を震撼させたこの危機に際し、戦争回避に決定的な役割を果たしたのは、実在した英国人セールスマン、グレヴィル・ウィンだった。スパイの経験など一切ないにも関わらず、CIA(アメリカ中央情報局)とMI6(英国秘密情報部)の依頼を受けてモスクワに飛んだウィンは、国に背いたGRU(ソ連軍参謀本部情報総局)高官との接触を重ね、そこで得た機密情報を西側に運び続けるが―。
© 2020 IRONBARK, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • uoa3
    【クーリエ:最高機密の運び屋】恐ろしい実話。戦争回避のためにサラリーマンがスパイになり…ベネさんのやせこけた姿に、あぁ、もう…あきらめそうになる。いや、あきらめなかった彼はすごい。友人、家族、あの人のために!は強いねんなぁ
    いいね

    良い
  • dwpcs477
    『クーリエ:最高機密の運び屋』異国間友情、家族愛を考えさせてくれる作品です。今の時代には当てはまらない史実ですが、戦争が怖い事を教えてくれます。
    いいね

    普通
  • youpon0gou
    『クーリエ:最高機密の運び屋』前半の頑張るビジネスマン(でもスパイ)から、後半のマジに苦しい展開のギャップが見てて辛い。あの2人がいなかったら、第三次世界大戦が起こっていたかも。。と思うと、すごい事成し遂げたのに。。と泣ける。
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『クーリエ:最高機密の運び屋』ビジネスマンの立場を利用してソ連に潜入、機密情報をCIAに提供するという嘘みたいな本当の話。カンバーバッチの変貌ぶりには役者魂見せつけられる。友情を確認する瞬間は見どころ。妻が夫を怪しむ理由が可愛い。
    いいね

    良い
  • yukigame
    #クーリエ #最高機密の運び屋」キューバ危機の回避の為にこんな事件があったことを初めて知りました。#洋画 #キューバ危機 #歴史映画 #サスペンス #カンバーバッチ https://t.co/1AgJlZNa1L?amp=1
    いいね

    良い
  • amatoama
    『クーリエ:最高機密の運び屋』冷戦時代の米ソ対立。キューバ危機の実話がベース。エモーショナルなKGBと一般人を巻き込むCIA。スパイ合戦の緊迫感の中での最前線で諜報戦を制する者は・・・。エンドロールで本人の映像が出てきてよりぐっと。
    いいね

    良い
  • amno1wb2016
    #クーリエ 鑑賞 前半は素人セールスマンと国家に反旗を翻した軍人との奇妙な関係を描きつつ、後半はある出来事以降一気に雰囲気が変わる 甘くない現実、怖すぎるKGB…けどそんな中でも最後にあった“ある救い”には僕は静かに涙した
    いいね

    良い
  • paranoiaquality
    『クーリエ:最高機密の運び屋』ただのセールスマンがスパイにスカウトされるなんて最初はコミカルな感じもあるけどベルリンの壁、キューバ危機と世界情勢が緊張を増すに従い映画の方も緊張が高まり終盤の激瘦せカンバーバッチに衝撃を受ける。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『クーリエ:最高機密の運び屋』第三次世界大戦寸前だったキューバ危機の舞台裏。緊迫感溢れる諜報戦に挑む素人が冷徹なプロでないが故に陥った窮地だが、営業で磨いた相手を見定める審美眼は濁らない。派手さはないが人間味あるスパイ劇が味わい深い
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『クーリエ:最高機密の運び屋』@TOHO日比谷♪思わずスパイ映画かよと言いたくなるほど上手くいってしまった事実と、映画じゃないことを目の当たりにする終盤とで緊張感たっぷり。そこをつなぐ物語と感情もしっかりしてて最後まで面白かった!
    いいね

    良い
  • namino8na
    #クーリエ:最高機密の運び屋』今もって、こういう事が繰り返されているのかと思うと、なんとも後味の悪い映画だった。
    いいね

    普通
  • tomomori34
    『クーリエ:最高機密の運び屋』1960年米ソ冷戦時代。スパイにスカウトされた普通の中年サラリーマンの実話。ソ連が無表情で感情を出さない怖さ、比して英米は表情があり国情の違いを。鑑賞し、国の安全は自国でと実感した。自分の身は自分で!
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『クーリエ:最高機密の運び屋』核戦争寸前まで達した米ソの「キューバ危機」回避の裏側に、このようなドラマが繰り広げられていたとは、本作を観るまで知らなかった。劇中に「歴史を変えるのは普通の人々」というのがあるが、この台詞が胸に沁みる。
    いいね

    良い
  • Alisalyssa
    『クーリエ:最高機密の運び屋』歴史の裏を知る面白さあり、ハラハラ感もありの作品だった。あの大きな出来事の裏でこんな事があったなんて。カンバーバッチがいつものカンバーバッチだなと思って見ていたんだけど、途中からの変貌ぶりに驚いた。
    いいね

    良い
  • Limawano55
    『クーリエ』役者たちみな流石。家族の立場や家族への愛もきめ細やかだが、グレヴィル妻の普通の人ぶりがちょっと面白い。ペンコフスキーと再会した別れ際圧巻。あの時代は色々あったねと思い出すが今もだものね。全く変わることはないんだな
    いいね

    良い
  • Limawano55
    『クーリエ:最高機密の運び屋』面白かった。キューバ危機背後、東西対決さなかもやりとりはあったわけで、そこをくぐり抜けてのあれこれがリアリティ感じられる作り。いわゆるスパイ物とは違い普通の優秀な営業マンが動くのだが現実はそりゃ厳しい
    いいね

    良い
  • eichan2014
    #クーリエ最高機密の運び屋』いささか能天気な冒頭から後半はキューバ危機、米ソ核戦争が現実に起こり得た冷戦時代の張り詰めた空気へと一気に展開していく。接待と御世辞上手な営業マンの平凡な民間人が辿った過酷な運命をカンバーバッチが好演。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #クーリエ:最高機密の運び屋 ♦ペンコフスキーが自国では裏切者扱いされている事実にモヤる。彼の決心が世界の危機を阻止したとも言えるのに。そして彼と親友のような間柄になるウィンの人間力に感嘆する。普通の会社員なベネさん、新鮮だな。
    いいね

    良い
  • GD_momoco
    『クーリエ:最高機密の運び屋』ごく一般のサラリーマンがスパイになんて、映画の中だけの話ではなく本当にあったとは。後半の大きな変化において、カンバーバッチの俳優としてのとてつもない努力が感じられ、真実味が増す。演技って本当に凄い!
    いいね

    良い
  • tb_polkadots
    『クーリエ:最高機密の運び屋』核戦争回避の為の運び屋をセールスマンが担ったことに驚く。現地の高官と親しくなるにつれ、次第に深みにはまっていく様にドキドキ。カンバーバッチの芸達者ぶりを堪能。東西を超えた厚い友情に打たれる。#eiga
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    more info
    coco 映画レビュアー
    mokomoko37
    2858movies / tweets

    follow us