TOP >作品データベース >ミラベルと魔法だらけの家

ミラベルと魔法だらけの家

みんなの感想/評価
「ミラベルと魔法だらけの家」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
60%
  • 良い
    9
  • 普通
    5
  • 残念
    1
総ツイート数
143
ポジティブ指数78
公開日
2021/11/26
原題
Encanto
配給
ウォルト・ディズニー・ジャパン
解説/あらすじ
舞台は、活気あふれる南米コロンビアの奥地に佇む、魔法の力を持つ不思議な家。そこに住むマドリガル家に生まれる子どもたちは、1人1人違ったユニークな”魔法のギフト”を家からプレゼントされる。しかし、たった1人だけ”魔法のギフト”をもらえなかった少女がいた―彼女の名はミラベル。”魔法のギフト”の力を持たずとも家族と幸せな生活を過ごしていたミラベルだが、ある日、この魔法だらけの家が危険に晒されていることを知り、家族を救うため”唯一の希望”として、立ち上がることを決意する―。
© 2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • dwpcs477
    『ミラベルと魔法だらけの家』なんとなく雰囲気がリメンバー・ミーでしたが、感動という点では今ひとつでした。でもディズニー作品は外れが無いですね。
    いいね

    普通
  • ichiwheat
    【ミラベルと魔法だらけの家】原色系の美しい映像。時限付きの魔法が教えたものは一体何だったのだろう。何か特別な能力などなくても人は互いに助け合えるし尊重し合えるはず?所々で主題と矛盾するような箇所があって何かすっきりしない。歌詞は仕方ないが台詞の吹替翻訳が熟れてないのも不満。
    いいね

    普通
  • lonegothdog
    『ミラベルと魔法だらけの家』劇場で鑑賞。魔法の家で"奇跡"とともに暮らす大家族。明朗な楽曲に乗って奔放に躍動する、鮮烈なアニメーションに多幸感迸る。"家族"への普遍的な葛藤、"特別な自分"への今日的な懊悩を描く物語にも感心。快作です
    いいね

    良い
  • amno1wb2016
    #ミラベルと魔法だらけの家 鑑賞 穿った見方と言われるかもだが駄目だった。“家族”でありながら家族内で差別が横行し、非差別側も「家族だから」の一言で簡単に許すのは無いだろう 挙げ句の超ご都合主義ラスト…見てて頭が痛くなった
    いいね

    残念
  • LunaLove213
    音楽が素敵で始まりからわくわくさせてくれました♩⋆︎* 奇跡を起こす魔法はみんなの心の中にあって、自分にできることを見つけたい!そう思える作品でした💐 ミラベル上映前の短編作品も感動的で生きる強さと優しさを感じました🦝✨
    いいね

    良い
  • paranoiaquality
    『ミラベルと魔法だらけの家』今度のヒロインは丸眼鏡に太眉でぽっちゃり体型だし最後まで男の影すらない。全編家の中だけの大冒険でカラフルな色彩にミランダマニュエルらしいラテンナンバーがウキウキさせる。スペクタクルで感動的なラストは涙。
    いいね

    良い
  • misumy3
    『ミラベルと魔法だらけの家』🌟🌟🌟🌟🌟
    いいね

    良い
  • ultra_k_zero
    楽曲に面白さ全振りしたと思ったのは私だけ?『#ミラベルと魔法だらけの家』 曲はどれも素晴らしい。聴いてるだけでワクワクする。ゆめっちが声優してたこと気付かなかった。平野綾も良かった。ドラマは主人公の主体性がなく完成度低くく残念。
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『ミラベルと魔法だらけの家』@ TOHO日本橋♪華やかさや本人の前向きさに緩和されているものの家族からミラベルに向けられる仕打ちもなかなかで、それを覆せるだけの物語の力強さも無いから、"何…この手のひら返しは?"感が拭えなかった。
    いいね

    普通
  • tamagawajyousui
    『ミラベルと魔法だらけの家』ディズニーにとって4年ぶりの新作オリジナル・ミュージカルにして、記念すべき60本目の作品は、魔法だらけの一家で唯一人、魔法のギフトを与えられなかったミラベルが巻き起こす奇跡を通して伝わるのは家族の強い絆。
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『ミラベルと魔法だらけの家』誇示のための有能さが大事ではなく、それぞれ思い合い自分らしく過ごせることが家族なんだという安定安心のいつものディズニー。ただ異変の原因の人の変心というか気づきシーンがないので終盤が唐突に感じた。キャラの現実にいそうなデフォルメ感ほんと凄いなと思った。
    いいね

    良い
  • GD_momoco
    『ミラベルと魔法だらけの家』南米ならではの原色風景と、アナスイにありそうなミラベルの服が飛び込んできた!持って得て当たり前ではなく、まずは自分が自分に期待してあげたいし認めたいし、相手を認めたい!ゆめっちのルイーサ良かった!
    いいね

    良い
  • aniyan_otakoji
    二子玉で『ミラベルと魔法だらけの家』。メッセージは判るとして、それを表現する物語が妙に歪に感じる。物語る事の楽しさを忘れてキャラの苦しみがそのまま作品に映ってあちこちで歪んでいるようで。台詞と歌で説明しまくる事で絵は霞む。形の崩れた『リメンバー・ミー』の如し。
    いいね

    普通
  • Ishigakorogaru
    『ミラベルと魔法だらけの家』歌唱シーンが長くて退屈。最後は無理やり大団円にさせられた感じ。主人公のミラベルが近藤春菜に似ている。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • mizokumiko
    『ミラベルと魔法だらけの家』見てきた。カピバラ目当て。コロンビアの閉鎖コミュニティの物語なんだけど、登場人物たちの行動原理や倫理観が我々のものと少し違っていてよくわからず、そうなると閉鎖コミュニティができるきっかけになった事件や追われた側の切実さの問題が理解できないと
    いいね
  • na_tyawa
    『ミラベルと魔法だらけの家』観た。前半はカルトの教祖家族とコミューンみたいでヤダなとかおもってたら、やばい『リメンバーミー』級に泣いた。コロンビアの暴力の歴史から逃れ逃れて今。併映の2Dあらいぐま短編もテーマが合っていて良いです。
    いいね
  • xUORIzZdySXXDil
    昨日「ミラベルと魔法だらけの家」観た すごいよかったよ まずコロンビアが舞台になってて、音楽や色合いがすごい綺麗でよかった 話の内容は「魔法だらけの家」といいつつすごい現実的な内容だったので、引き込まれるように観れた ↓からはネタバレするかも
    いいね
  • mouse15278
    『リメンバー・ミー』や『ミラベルと魔法だらけの家』は、各々メキシカンカルチャーや南米文学へのリスペクトがあって、家族という共同体を重視するのは一つの文化(或いは生き抜く手段)の描写でもある。となると、それを欧米的な価値観から単に血縁主義として切り捨ててしまうのは勿体ない気もする
    いいね
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    WaseiG
    3933movies / tweets

    follow us