TOP >作品データベース >スウィート・シング

スウィート・シング

みんなの感想/評価
「スウィート・シング」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
85%
  • 良い
    23
  • 普通
    2
  • 残念
    1
総ツイート数
71
ポジティブ指数96
公開日
2021/10/29
原題
Sweet Thing
配給
ムヴィオラ
上映時間
91分
解説/あらすじ
15 歳のビリーと 11 歳のニコ。このうえなく悲しいけれど、このうえなく幸福なファンタジー…。マサチューセッツ州・ニューベッドフォード。普段は優しいが酒のトラブルが尽きない⽗アダムと暮らす、少⼥ビリーと弟ニコ。ある⽇、⽗アダムが強制的な⼊院措置となり、⾝寄りのないビリーとニコは、家を出て⾏った⺟親イヴのもとへ⾏くのだが……。⼦どもたちの、悲しいけれどどこか希望に満ちた、ひとときの冒険が始まる。
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • atsucurry
    『スウィート・シング』できれば古い映画館で観たい作品。終わってもすぐに現実に戻らず、やる気のない喫茶店でぼーっとダウンタイムを過ごして、できれば歩いて帰りたいような。
    いいね

    良い
  • atsucurry
    『スウィート・シング』cocoオンライン試写で。わずかな輝きが余計に嫌な予感をかきたてて苦しくなる。現実はモノクロで、ときどきさす色が美しくて悲しい。どうか姉弟に恐ろしいことが起きませんようにと祈りながら観た。
    いいね

    良い
  • oosaki_domari
    『スウィート・シング』 ビリーが口ずさむヴァン・モリソンの"Sweet Thing"が美し過ぎて涙が出る。 どうか子供たちの幸せが1日でも多く続きますように。
    いいね

    良い
  • waterlilyumi
    『スウィート・シング』子どもたちは皆それぞれの環境で傷ついているけど、誰かの幸せを思って動くことができる、その作中の描き方が美しくて、でも子どもの力には限界がありその結末に劇的なものはないが、胸が暖かくていい映画見たなと心から思えた
    いいね

    良い
  • LEUI_info
    『スウィート・シング』自身が毒親持ちなためか、過去のフラッシュバックが起きそうであまり入り込んで観られなかった。映画は少し現実と乖離しているくらいが良いのかもしれない。
    いいね

    残念
  • PairylandMovie
    『スウィート・シング』 ビリー役のラナ・ロックウェル、ニコ役のニコ・ロックウェルは監督の子どもたちだそうで。そりゃあんなに仲良しなはずだわ。なんなら、お母さんのイヴは2人の実際のお母さんって聞いてまた驚いた。
    いいね

    良い
  • PairylandMovie
    『スウィート・シング』オンライン試写会にて。 素敵なカミング・オブ・エイジ・ムービーにまた出会えた。モノクロの質感って想像力をガッツリ掻き立てられる。また音楽、特に主演のラナちゃんの歌声が気持ち良く響く。大好きな作品がまた増えた!
    いいね

    良い
  • outofblue9
    『スウィート・シング』主役の二人は名前からしてロックウェルの実のお子さんなのかな。とてもいい表情を見られました。子どもたちを取り巻く大人たちの描写もなかなかリアル。特にお母さんの愛人のクズっぷりがすごいです。
    いいね

    良い
  • 7gAc3
    『スウィート・シング』頼れない大人への諦めに似た視線。演じるのは監督の子。美声の姉ビリーはビリー・ホリデイから。傍に彼女がいて飛べる日を願う。スウィート・シング(愛しい人)なのに何故上手くいかないのか。製作総指揮にS・ブシェーミ。
    いいね

    良い
  • outofblue9
    『スウィート・シング』オンライン試写。「イン・ザ・スープ」アレクサンダー・ロックウェルの新作。15歳のビリーと11歳のニコ姉弟の自由を求めての逃走劇。リリカルでとても美しい作品で、逃走の果てのラストにもしみじみと感動、泣けました。
    いいね

    良い
  • eichan2014
    #スウィート・シング』酒乱の⽗と暮らす15歳11歳の姉弟が大人の身勝手な事情に抗いつつ一時の幸福を求めて放浪の逃避行。虐待や子育て放棄、未だ残る人種差別等今日的問題を織込みつつ無上の優しさや希望を感じさせる温性溢れるアート的作品。
    いいね

    良い
  • _i_t_a_
    『スウィート・シング』coco試写にて。③ マリクはいつかビリーが歌ってくれたスウィート・シングを思い出せるといいな。ストーリーは言うまでもなく映像も音楽も抜群。レイトショーで観たい映画。
    いいね

    良い
  • _i_t_a_
    『スウィート・シング』coco試写にて。② 時折飛び込んでくる鮮やかな映像にビリーの可能性と幸せの欠片を見た。もっともっと彼女の色づく世界が広がりますように。
    いいね

    良い
  • _i_t_a_
    『スウィート・シング』coco試写にて。自分がチビだった頃のエピソードと被る部分があって「生き延びろ、生き延びろ、生き延びたらなんとかなる」って全力で応援してしまった。→
    いいね

    良い
  • lovelyrockqueen
    『スウィート・シング』試写。モノクロ映像の中に痛みと温かみが混在し、子供たちの冒険にノスタルジーを感じる。辛い話も美しい音楽が映画全体をふんわりと包み込んでおり、ビリーの歌うヴァン・モリソンの曲が染みる。雰囲気がたまらなくよい。
    いいね

    良い
  • keikob1
    『スウィート・シング』ほぼモノクロなんだけど、時々カラーになってそれがビリーの楽しい気持ちなのを思うと涙がでちゃう。
    いいね

    良い
  • keikob1
    『スウィート・シング』ビリーの名前の由来がビリー・ホリディでもうそれだけで胸がいっぱいになるような映画だった。絶対に映画館で観たい!パンフもあるなら絶対買いたい!!
    いいね

    良い
  • DaichiOgi
    『スウィート・シング』オンライン試写。ロックウェルの極めてパーソナルな映画あることは、キャスティングや空間において間違いないが、パーソナルな部分に本作は徹底的に力を入れることで、他作品の追随を許さない。
    いいね

    普通
  • g510m
    オンライン試写会『スウィート・シング』。ろくでもない親がいて、世間に見放され、彷徨う3人の子どもたち。家族の物語でもあり、全編ほぼモノクロの映像が美しい映画でした。
    いいね

    普通
  • jui_kelione_
    『スウィート・シング』モノクロからカラーになったときのハッとする美しさがたまらない作品。ずっとビリーの視点で描かれているのでストーリーにも入り込みやすい。予想がつきそうでつかない展開が良い。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    GD_momoco
    2417movies / tweets

    follow us