TOP >作品データベース >モーリタニアン 黒塗りの記録

モーリタニアン 黒塗りの記録

みんなの感想/評価
「モーリタニアン 黒塗りの記録」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
98%
  • 良い
    55
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
166
ポジティブ指数100
公開日
2021/10/29
原題
THE MAURITANIAN
配給
キノフィルムズ
上映時間
129分
解説/あらすじ
2005 年、弁護士のナンシー・ホランダーはアフリカのモーリタニア出身、モハメドゥ・スラヒの弁護を引き受ける。9.11 の首謀者の 1 人として拘束されたが、裁判は一度も開かれていない。キューバのグアンタナモ収容所で地獄のような投獄生活を何年も送っていた。ナンシーは「不当な拘禁」だとしてアメリカ合衆国を訴える。時を同じくして、テロへの“正義の鉄槌”を望む政府から米軍に、モハメドゥを死刑判決に処せとの命が下り、スチュアート中佐が起訴を担当する。真相を明らかにして闘うべく、両サイドから綿密な調査が始まる。モハメドゥから届く手紙による“証言”の予測不能な展開に引き込まれていくナンシー。ところが、再三の開示請求でようやく政府から届いた機密書類には、愕然とする供述が記されていた──。
© 2020 EROS INTERNATIONAL, PLC. ALL RIGHTS RESERVED.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • tetsukichi
    『モーリタニアン 黒塗りの記録』モーリタニアン人容疑者を演じるタハール・ラヒム、対立するも真実を究明しようとするも米軍中佐を演じるベネディクト・カンバーバッチ、双方とも良いが、ジョディ・フォスターの立ち居振る舞いが素晴らしい。
    いいね

    良い
  • tetsukichi
    『モーリタニアン 黒塗りの記録』観てきた。9.11事件の首謀者として拘束され続けたモーリタニア人の弁護人となる女性弁護士が主人公。冒頭で入るクレジットには「事実に基づく物語」ではなく「真実の物語」。重い内容ながら魅せる映画だった。
    いいね

    良い
  • tb_polkadots
    『モーリタニアン 黒塗りの記録』鑑賞。グアンタナモ収容所で起きた重大な人権侵害。9.11の報復で始めたイラク戦争と通じるものがある。J・フォスター演じる弁護士の存在が救い。「自由の国」アメリカの深い闇に戦慄した。#eiga
    いいね

    良い
  • 4usoitk
    『モーリタニアン 黒塗りの記録』展開もグアンタナモでの拷問もある程度予想出来るけど、それでも見て良かったと思える作品。ラヒムとジョディお見事。モバメドゥさんの実際の映像とグアンタナモの現実の数字が流れるエンドロールも必見
    いいね

    良い
  • trustpine
    モーリタニアン 黒塗りの記録、観ました。9.11の首謀者のひとりとして、キューバのグアンタナモ米軍基地に収容されていた主人公の手記を基に映画化された、アメリカ政府との対決とそこから見えてくるアメリカ政府の闇に迫った真実の物語。タハール・ラヒム、ジョディ・フォスターがいい。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『モーリタニアン 黒塗りの記録』9.11の肥大した怒りが正義を歪ませる恐怖。アメリカ暗部の糾弾に固執せず、法や信仰の下に誠実に生きる者に寄り添う現実的なBBC精神に頭が下がると共に、This is a true storyが刺さる。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #モーリタニアン 黒塗りの記録 ♦『これは事実』という断言で始まる作品。どのような立場に陥ろうと自分の信念を裏切らなかった3人の話。感情が曇らせる客観性と、言葉では表現しない信頼。BBC製作なのか、なるほど。ベネさん、良かったv
    いいね

    良い
  • 370sana
    『モーリタニアン 黒塗りの記録』 裁判もなく無実を主張する場がない状態で拷問、監禁が行われているなんて。しかもアメリカで。主人公と同様、アメリカは建前だけでも正義の国だと思ってたので結構ショック。
    いいね

    良い
  • KanataXa87235
    『モーリタニアン 黒塗りの記録』実話であることの重み。冤罪や法廷闘争自体ではなく、あくまでも「人権」を主軸とした点が出色。ラストの諸テロップが、ある意味クライマックス。タハール・ラヒムの力演と、名優2人の「覚悟」を感じさせる演技も◎
    いいね

    良い
  • amatoama
    『モーリタニアン 黒塗りの記録』自国の正義感という名の強いエゴがまかり通るアメリカ政府。9.11の証拠をこじつけてまで人権無視で処刑しろという危険な空気。立ち向かうジョディ・フォスターの弁護士。一進一退緊迫感みなぎる攻防戦が凄い!
    いいね

    良い
  • faaaaraway
    『モーリタニアン 黒塗りの記録』★★★☆☆この邪悪さが肥大するシステムから生還した稀有な人間だから映画になったのか。ラヒムの心が解放された場面はこっちも共感した。
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『モーリタニアン 黒塗りの記録』グアンタナモで何があったのか。うっすら知っていても、それを映像で観る事で改めて人権とか、戦争について考えさせられる。重い。歳を重ねてもジョディ・フォスターはかっこよい。
    いいね

    良い
  • namino8na
    『モーリタニアン 黒塗りの記録』オバマの7年はなんだったのか?
    いいね

    良い
  • namino8na
    #モーリタニアン 黒塗りの記録』瞬きを忘れるほど、見入ってしまった。それにしても評価が、良い、残念、ふつう とはなんだかなァ
    いいね

    良い
  • yukigame

    良い
  • TaulNcCar
    『モーリタニアン』ジョディ・フォスターが羊たちの沈黙ネタをまじえぶれないキャリアの貫禄。タハール・ラヒムはいつも凄いなりきりだ。製作も兼ねたカンバーバッチが似合わぬ米軍も脇で好演。ケヴィン・マクドナルド監督はドキュメンタリー作家的に現場で立ち上がったものを大事に撮っている感じだ。
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『モーリタニアン 黒塗りの記録』驚きの壮絶なる実話でアメリカの闇と人権の尊さに胸震える。映画は何かの糾弾や視点の偏りを避けるかのように人物達に寄り添う。史実ものや法廷ものにしないその気概が現実になだれ込むような感覚で身を結ぶ。アメリカの9.11後自省作品はまだまだ続くのだろう。
    いいね

    良い
  • kukucoo
    →やられたことは酷いことだが、国家ぐるみで復讐を遂行することの恐ろしさについて考えさせられる。老けてなおカッコいいジョディ・フォスターと、正義の在り方について悩むカンバーバッチさんの対峙が見物『モーリタニアン 黒塗りの記録』#eiga #映画
    いいね

    良い
  • kukucoo
    →一度疑われてハメられたら逃げ場はなく、自由と尊厳を奪われて、作られた台本で偽の自白をさせられ、死に追いやられる。何と恐ろしい。人権派の弁護士が守りたかったのは「やったか。やらないか。」ではなく、誰でも正しく裁かれる権利を守る事『モーリタニアン 黒塗りの記録』#eiga #映画
    いいね

    良い
  • kukucoo
    『モーリタニアン 黒塗りの記録』同族・同組織を悪と見なしたら、とことん疑い、誰かに責任取らせないと収まらないからと無実の人間を監禁・拷問・自白強要…。9.11後、裁判もなく10年以上も監禁された実在のモハメドゥ・スラヒを描くストーリー。まさに大国黒塗りの歴史 #映画
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    WaseiG
    3933movies / tweets

    follow us