TOP >作品データベース >夢のアンデス

夢のアンデス

みんなの感想/評価
「夢のアンデス」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    6
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
135
ポジティブ指数87
公開日
2021/10/9
原題
The Cordillera of dreams
配給
アップリンク
上映時間
85分
解説/あらすじ
1973 年 9 ⽉ 11 ⽇、チリ・軍事クーデター。世界で初めて選挙によって選出されたサルバドール・アジェンデの社会主義政権を、⽶国 CIA の⽀援のもと、アウグスト・ピノチェトの指揮する軍部が武⼒で覆した。ピノチェト政権は左派をねこそぎ投獄し、3000 ⼈を超える市⺠が虐殺された。南⽶ドキュメンタリーの巨匠パトリシオ・グスマン監督は、40 年以上にも渡りチリの弾圧の歴史を描いてきた。「光のノスタルジア」(10)「真珠のボタン」(15)に続く⼀⼤叙事詩最終章となる本作は、かつて「チリの闘い」(1975-1978)で映像に残した、永遠に失われた輝かしいアジェンデ時代の歴史と、クーデター後、新⾃由主義の実験の場となってしまった祖国の現状を、アンデスのように俯瞰した視座から改めて⾒つめ直す。
© Atacama Productions - ARTE France Cinéma - Sampek Productions - Market Chile / 2019
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • aoyadokari
    『夢のアンデス』チリの軍事クーデターは、アメリカの傀儡政権を作るために仕組まれたものだ。その後に自由主義経済になって、アメリカの経済学者がやってくる。竹中平蔵みたいな奴。格差は広がり、アンデスの山から取れる銅は多国籍企業が独占し、私有地で立ち入れないアンデスが広がっているという。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『夢のアンデス』一般人はという。彼は果敢に記録を残すのは次世代のため。そして、クーデター時の映像が出てくるのだが、今の香港やアラブのデモと同じだった。抗議する民衆に 催涙弾や放水車を浴びせる軍隊。警棒で殴る蹴るの非道さだ。抗議の歌としてベートヴェンの「歓喜の歌」が歌われていた。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『夢のアンデス』亡命生活だからなおさら郷愁の思いが募るのだろうと思った。そして、軍事クーデターの後もチリに残ったカメラマンもいた。当時は20分しかフィルムを回せなかったのだが、今ではスマホで手軽に撮れてハードディスクに記憶出来るので無限大だ。しかし、政府が弾圧するところは撮れない
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『夢のアンデス』サンティアゴの地下鉄の駅に描かれているアンデス山脈は誰も振り向きもしない。都市はアンデスに背を向けているという。たぶん東京もそうだ。東京を下る246を車で帰るときに、いつも見えない富士山が見えると嬉しくなる。また、富士山が見える所に飛ばされた時は富士山が力になった
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『夢のアンデス』南米のドキュメンタリー監督パトリシオ・グスマンはチリ・軍事クーデターで亡命生活を送っている。彼が年々募っていくアンデス山脈の郷愁。日本人が富士山に寄せる気持ち(関東圏だと思うが)のようなものか。チリの80%が山だというのだから富士山以上なのかもしれない。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『夢のアンデス』南米ドキュメンタリー映画の巨匠パトリシオ・グスマンがチリ弾圧の歴史を描いた3部作の最終章では、クーデター後に新自由主義の実験の場となったチリの現状を、作家や彫刻家、音楽家たちの告白を交えて俯瞰した視点から見詰直す。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • nsetz
    『夢のアンデス』(承前)ピノチェト政権下で拷問を受けた人の数は、政府が認めたものだけでも数万人に上るが、女性の被害がひどかったと聞く。そうした経緯から女性の政治意識が高いのかもしれない。シカゴ学派批判も出てくる。チリは新自由主義経済を実践した最初の例ということになるか。
    いいね
  • dW2oe4OHjagsg4s
    『夢のアンデス』巨匠パトリシオ・グスマン監督のチリ愛に溢れた傑作。アンデス山脈が風音だけで記憶を語りかけてくる。構成・編集も非常に考え尽くされたシンプルさで「家」の映像対比も見事。過ちを繰り返さないため「次の世代のために記録したい」映像作家のパブロ・サラスの一言が重い。
    いいね
  • uplink_kyoto
    🔻上映終了日決定🔻 『夢のアンデス』アップリンク京都にて、12月11日(土)上映終了⛰️🎥🏔️ チリ弾圧の歴史を描いた3部作最終章。 南米ドキュメンタリーの巨匠が、祖国の現状をアンデスのように俯瞰した視座から改めて見つめ直す。… https://t.co/Bo6eKo1jZV
    いいね
  • hinagikulorosae
    映画「夢のアンデス」南米チリでピノチェト軍事政権がやったことは国民の虐殺と徹底した新自由主義だという。日本でも竹中平蔵に感化された維新や自民などが新自由主義を目指す。生活全てを民間企業の利益追求主義に任せた結果は生活の破壊しかもた… https://t.co/SZTkjzkjQP
    いいね
  • omanukeshingo
    シネマ5bisで「夢のアンデス」を観た。1973年9月の軍事クーデターはピノチェト政権崩壊後も新自由主義経済と富裕層に便宜をはかる憲法として残っているとか。それを後押ししたのはアメリカと知って大国の身勝手さに悲しくなる。 https://t.co/ASbwdthAZM
    いいね
  • natsukusa1953
    上田「トラゥム・ライゼ」でP・グスマン監督の新作『夢のアンデス』と『光のノスタルジア』を再見。天空や地表、脳内に遍在する夥しい過去を遡り続ける人々の物語。我々は遥か遠い過去への旅の途上にあるのだ。 https://t.co/xRSMA8LRDk
    いいね
  • 3teru
    前売りチケット買ってから配給がアップリンクだと知り、躊躇している内に終映が近づいたので『夢のアンデス』。本当は『チリの闘い』3部作を観たかったんだけど、日程合わずに断念。私の中のアンデス山脈はというと、『母をたずねて三千里』が初めての出会いかな。
    いいね
  • gardens_cinema
    📣明日11/22(月)メンズデーの上映 開館10時 定員33人 10:30『異邦人』 13:00『田舎司祭の日記』 15:25『夢のアンデス』 17:30🍸お酒の文化を考える映画特集『YUKIGUNI』 19:20『全員切腹』☆1… https://t.co/R2oWhowEPY
    いいね
  • gardens_cinema
    明日11/21(日)の上映 開館10時 定員33人 10:15『田舎司祭の日記』 12:30🆕『全員切腹』窪塚洋介さん舞台挨拶付※満席 13:30🆕『夢のアンデス』 15:15🍶お酒の文化を考える映画特集『カンパイ!日本酒に恋した… https://t.co/GeLzdpX7GS
    いいね
  • mkmtrain
    母なるアンデスが見ていた麓の人々のドラマとは・・・。 映画「夢のアンデス」を名演小劇場で。 https://t.co/qgZy8L3sPy https://t.co/6yQVB1r5PQ
    いいね
  • oyasumihatohato
    「夢のアンデス」をスライディングで見てきたのだけれど、映像の記録の伝わりの容赦なさ=現実の容赦なさを久々に目にして慄いた。グスマン監督の帰れない祖国へ幽霊のように彷徨うドローンの映像、抽象的にそして懸命に触れようとする場面と、現場でカメラを回してきたパブロさんの
    いいね
  • reRenaissancist
    岩波ホールの最終日最終上映に駆け込んで、ようやく観ることができた。とても勉強になった。 映画『夢のアンデス』公式サイト https://t.co/1RzvGAiMrk #映画夢のアンデス
    いいね
  • uedaeigeki
    南米ドキュメンタリーの巨匠パトリシオ・グスマン監督作品も明日(11/20)から一挙上映!鑑賞料金は通常通りですので、3部作すべてを鑑賞されたい方は回数券(3枚綴り/3,900円)をおすすめいたします💁🏻 『夢のアンデス』(~12… https://t.co/9eMTXnoZ1A
    いいね
  • gardens_cinema
    🔜🇨🇱『夢のアンデス』 🏆カンヌ映画祭2冠 巨匠パトリシオ・グスマン『光のノスタルジア』『真珠のボタン』に続く、チリの歴史的記憶、政治的トラウマ、地理の関係を探る3部作最終章 11/21(日)11:30・22(月)15:25 2… https://t.co/7QvfwvuBq4
    いいね
    関連動画
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    mokomoko37
    2952movies / tweets

    follow us