TOP >作品データベース >死刑にいたる病

死刑にいたる病

みんなの感想/評価
「死刑にいたる病」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
80%
  • 良い
    54
  • 普通
    6
  • 残念
    5
総ツイート数
2,170
ポジティブ指数87
公開日
2022/5/6
配給
クロックワークス
上映時間
129分
解説/あらすじ
理想とは違う大学に通い、鬱屈した日々を送る雅也に、ある日届いた1通の手紙。それは、世間を震撼させた稀代の連続殺人事件の犯人・榛村からのものだった。24件の殺人容疑で逮捕され、そのうちの9件の事件で立件・起訴、死刑判決を受けた榛村は、犯行を行っていた当時、雅也の地元でパン屋を営んでおり、中学生だった雅也もよくそこに通っていた。「罪は認めるが、最後の事件は冤罪だ。犯人は他にいることを証明してほしい」。榛村の願いを聞き入れ、雅也は、事件を独自に調べ始める。そこには想像を超える残酷な事件の真相があった――。 櫛木理宇の小説「死刑にいたる病」が映画化。
©2022映画「死刑にいたる病」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • TaulNcCar
    『死刑にいたる病』鑑賞。原作未読。サイコキラーとの対峙という定番の面白さの中ダークさとミステリーで惹きつけられる。やがて浮かび上がってくる真相とテーマ。社会に潜む関係性が怖い。白石和彌監督、終盤説明調なのが惜しいが面会室などでの手練れの演出が光る。阿部サダヲの黒眼が尾を引きそう。
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『死刑にいたる病』舞台挨拶@バルト9♪3回目。今までは大和がキャラも強烈で印象に残ってたけど、雅也も母親のことを思いやっているようで父親以上に圧がすごくてなかなかのキャラだなぁと。お蔵入りしたという大和のラストの花道見てみたいなぁ。
    いいね

    良い
  • eliminator250v
    『死刑にいたる病』櫛木理宇の原作も読んでみたくなった。PG12なら云うほどグロくないやろと思っていたら予想以上で怯んだ。桜の花びらやと思ってたので余計怯んだ。岡田健史が思った以上にハマってた。宮崎優て女優さんイイ。え!?岩ちゃん?!
    いいね

    良い
  • trustpine
    死刑にいたる病、観ました。24人もの若者を殺した連続殺人鬼から届いた冤罪証明の依頼をきっかけに、大学生が事件を独自に調べ始めるが、次第に事件に翻弄されていくサイコサウペンス。PG12の割には思いの外グロかったですが、阿部サダヲ、岡田健史、宮崎優が良かったですね。
    いいね

    普通
  • uoa3
    【死刑にいたる病】連続殺人犯からの手紙で面会に行く大学生。二人を隔てるガラス越しの心理戦にゾクゾクする。顔が重なる映像効果に唸る。阿部サダヲ優しい可愛いめちゃ怖い。親しげな笑顔で心の隙間に忍び込む。それは伝染する恐ろしい病。ぎゃー!
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【死刑にいたる病】原作未読。榛村の嗜好のベクトルが興味深い。ノワールじゃないから犯人に1ミリも共感できないのは良いとしても、タイトルに“病”と付けるなら心理構造やその推移をもう少し掘り下げ、深く理解できるくらいまで描写が欲しい。阿部サダヲの役処は演技を堪能できるほどでもなく…。
    いいね

    普通
  • tomomori34
    『死刑にいたる病』阿部ちゃんの面目躍如!まさしくはまってて怖い位。途中からミステリーっぽくなって怖さ激増!まさかまさかの展開で息をのめず。ちょっとグロいのも怖さ倍加。主人公、ここまでいけばまさしく病ですね。インパクト高い映画。
    いいね

    良い
  • tsururuto
    『死刑にいたる病』容赦の無いハードな描写と緊張感で最後まで飽きさせない。ただ虐待される子供たちに対する目配せが足りない気がした。それならそれで榛村を徹底して怪物として描くべきでは。その点において凶悪のピエール瀧は凄かった。
    いいね

    良い
  • faaaaraway
    『死刑にいたる病』★★★☆☆ハンニバル的なものの和製展開は面白い。面会室の趣向が凝っている。
    いいね

    良い
  • Hanashi_Sagashi
    『死刑にいたる病』原作未読。前半〜中盤は『事件もヤバいけど、素人のくせにずかずか進んでいっちゃうこの主人公も怖いぞ…』というぞくぞくが面白かったが、後半は話の広がっていく方向にあまり興味を抱けず…。面会室での超現実演出は好きだわ〜。
    いいね

    普通
  • amno1wb2016
    #死刑にいたる病 鑑賞 恐ろしい映画だった。目を背けたくなる残虐さ、見る者を吸い寄せられる阿部サダヲの怪演と出来は良かった。一方この映画自体がある種の新たな犯罪者を生む洗脳ムービーになり得る可能性もあり危険な映画とも言える
    いいね

    良い
  • FreeMVE2
    『死刑にいたる病』賛否のネット分析:人を選ぶ映像要素
    いいね

    残念
  • itikoro
    観てるだけなのに常に痛みを感じる。ギリギリのラインで踏み留まるかは観てる人任せなのかな。喪黒福造にドーーン‼︎と指さされたような陰鬱気分。拘置所の対面ガラス越しの場面は表裏一体感な緊張もあり、いつそっち側にいくのか胃がが痛くなった。
    いいね

    普通
  • 1224Lowtech
    『死刑にいたる病』阿部サダヲが苦手、でも予告編が秀逸。「凶悪」の白石監督だしねと期待を寄せる、が、ミステリーでもサスペンスでもなくどんでん返しでもなく。。サイコパスの殺人鬼が阿部サダヲだったら狂った論理や凄惨な殺しの手法であろうと納得出来てしまう。原作ではイケメンの犯人とのこと。
    いいね

    普通
  • paranoiaquality
    『死刑にいたる病』これまでも普段は人当たりが良く魅力的なシリアルキラーは大勢いたが今作の阿部サダヲは↑のわざとらしさが無くリアル。羊たちの沈黙ぽいと思ったが大和に操られ連続殺人鬼の息子と思い込まされ粗暴になっていく頃から違ってくる。
    いいね

    良い
  • paranoiaquality
    『死刑にいたる病』阿部サダヲの黒目が大きく見えるのは気のせい?面会室シーンで最初は互いのアクリル板に映る目を重ねていたのが3回目は顔を重ねて映す不思議な撮影だが後でこれが伏線になってると判リ驚く。真実判明が分かりづらいのは原作通り?
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『死刑にいたる病』これは、却ってそら恐ろしさを感じさせる、ものすごく人当たりがいい連続殺人鬼。それを阿部サダヲが怪演。ただ、ストーリーは、ひねりすぎた挙げ句、最後、何だか訳がわからない状態に。原作を読めば、ちゃんと分かるのだろうか。
    いいね

    良い
  • OnlyTheDesire
    『死刑にいたる病』色々と凄い。なにより、最後の最後に、見る者にも与えられる恐怖心。あそこに至る積み重ねだったかっ!!
    いいね

    良い
  • w2steps_pause
    『死刑にいたる病』40点
    いいね

    残念
  • tomin_twi
    『死刑にいたる病』怖すぎた。連続殺人犯が最後の事件は冤罪であると主張…、その真相を追うサイコサスペンス。阿部サダヲさんの怪演に吞み込まれた。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    more info
    coco 映画レビュアー
    croaton0
    5833movies / tweets

    follow us