TOP >作品データベース >ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男

ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男

みんなの感想/評価
「ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
97%
  • 良い
    37
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
201
ポジティブ指数100
公開日
2021/12/17
原題
DARK WATERS
配給
キノフィルムズ
上映時間
126分
解説/あらすじ
1998 年、オハイオ州の名門法律事務所で働く企業弁護士ロブ・ビロットが、思いがけない調査依頼を受ける。ウェストバージニア州パーカーズバーグで農場を営むウィルバー・テナントは、大手化学メーカー、デュポン社の工場からの廃棄物によって土地を汚され、190 頭もの牛を病死させられたというのだ。さしたる確信もなく、廃棄物に関する資料開示を裁判所に求めたロブは、“PFOA”という謎めいたワードを調べたことをきっかけに、事態の深刻さに気づき始める。デュポンは発ガン性のある有害物質の危険性を 40 年間も隠蔽し、その物質を大気中や土壌に垂れ流してきたのだ。やがてロブは7 万人の住民を原告団とする一大集団訴訟に踏みきる。しかし強大な権力と資金力を誇る巨大企業との法廷闘争は、真実を追い求めるロブを窮地に陥れていくのだった……。
© 2021 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • renn6161
    『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』98年。農場が汚染されている、と農夫は訴えた。耳を傾けたひとりの弁護士が調べ始め、なんとそれが今も続いている…。闘い続ける男の手は震え、ストレスが心身を蝕む。壮絶な日々を想う。応援したい!
    いいね

    良い
  • lab2lab4lbd
    『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』 テフロン加工のフライパンとかに使われてるテフロンの工場が汚染物質を適切に処理しなかった事による健康被害者の為に戦う弁護士のお話。 これ実話です。派手さは無いけど見応えあってオススメ。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男 ♦マーク・ラファロが実在の弁護士を熱演。大企業デュポンを相手に公害問題を告発する。デュポン側が悪いのに、諦めずに立ち向かい続けることの難しさよ…。そして、家のフライパンの素材が気になった。
    いいね

    良い
  • 624ken
    飯田橋ギンレイホールで『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』を鑑賞。デュポン社排出の有害物質被害に立ち向かう弁護士。この事件は知らなかったなー。日本ではミナマタ病があるわけで、他にもいろいろあるのかなー。怖い話でした。
    いいね

    良い
  • estate_la
    『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』単館で鑑賞。 意外にアンハサウェイやティムロビンスなどメジャーな俳優さんが脇を固めて驚いた。巨大企業の闇をまだ映画化できる分自浄能力あるのか?不屈の闘争にジンワリ元気貰える良作。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』ジョニー・デップの『MINAMATA‐ミナマタ‐』方がヒーロー像がカチッとしているから面白いとは思うが、こっちは弁護士家族も犠牲になるということを描いていた。結局、個人の正義の闘いということか。そのへんはアメリカだった。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』最終的に公害の原因究明する(検査のラボが7年もかけて結果を出す)。しかし、その長期裁判の中で最初に訴えた人は亡くなり、企業側も集団訴訟から個人訴訟に切り替えて長期化を図る。その中で一つづつ裁判で勝っていく姿を描くヒーロー映画だった。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』ちょっと違うのは弁護士の妻は、元弁護士だったのだが家庭を顧みない夫に文句を言う。あまりにも会社?人間すぎて。この訴訟に関わりすぎて他の仕事はなく給料減額されたり、三人の息子の子育ては妻に任せっぱなし。こういうところを出すのがアメリカ。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』ただこっとは大企業の顧問弁護士が祖母の知り合いから頼まれて公害訴訟に踏み切るという内容。デュポン社のテフロン・フライパン。テフロンに有害物質が含んでそれを湖に流したと。近所の農場の牛の変死と住民への影響。このへんは水俣病に似ていた。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』ジョニー・デップの『MINAMATA‐ミナマタ‐』の同系統の映画だから二匹目のドジョウを狙ったのかと思ったが、こっちの映画の方が先に公開されていた。日本では、『MINAMATA‐ミナマタ‐』の後で公開しやすかったのかも。それほど似ている
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【ダーク・ウォーターズ】テフロンというワードでその火事が対岸のものと思えなくなります。巨大な力が個人を切り捨てるというのはそこら中で起こりうるので、私たちは目の前の「1勝」を重ねるほかない。これはあらゆる場面で真理だと思いました。
    いいね

    良い
  • Shimichin
    『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』題材的に重い話なので足が向かない人が多いかもしれませんが、観るべき秀逸な作品です!先にあった「ミナマタ」と同じく大企業の闇を暴く為に人生の全てを賭けて戦った弁護士をマーク・ラファロが熱演!
    いいね

    良い
  • kmrks
    『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』 カントリーロードの場面は「ローガン・ラッキー」も「キングスマン」も泣いた。そしてダーク・ウォーターズも。本当に良い使い方。 #eiga
    いいね

    良い
  • kmrks
    『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』( DARK WATERS)鑑賞。001 いつもの社会派マーク・ラファロ。不勉強だったデュポン訴訟と顛末。もっと上映館増やしてほしい。 #eiga
    いいね

    良い
  • halm2f
    『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』まさにこういう映画こそアカデミー賞を取ってほしい。日本のみならず世界中の人間が見るべき、製作者の良心が如実に現れた映画。役者も素晴らしい力演。日本人も昔テフロンを使っていたので恐怖だ。
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』劇場で鑑賞。平凡な弁護士が奮闘し暴き出す壮絶な公害被害。莫大な利益に依った巨大企業に蹂躙される個、その無力感が硬質な筆致に暗く滲む。製作兼ねるM・ラファロの気骨と力演に胸打たれる傑作です
    いいね

    良い
  • garancear
    『ダーク・ウォーターズ 』プロデューサーでもあるラファロが気合い十分。諦めない信念が似合う。本人が環境保護を訴える活動家なのだろうが、大企業の資本力をもってすればなんでもありの怖さを訴える。しかし7年もかかるのは長すぎるビッグデータ処理頑張るべき。 #映画
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』@シャンテ♪早々に対処しない狡さに納得というか、関心や期待、プレッシャーが諸刃の剣でもあって、事務所のトップ?が発破をかけるとこは胸アツなのにそれすら年月と共に…というのがリアルだった。
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』自身が環境活動家でもあるマーク・ラファロが、自らプロデュース、主演しているだけに、力の入り方が違う、環境汚染問題の実話。アメリカだけの問題に止まらない、世界中に関わる問題であることに驚愕。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』「真実に光をあてるためにどれだけのものを失う覚悟があるのか―」というコピーではないが、巨大企業を相手に環境汚染問題を巡り、一人の弁護士が十数年にも亘って闘い続ける姿に深い共感を覚える。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    yukigame
    3703movies / tweets

    follow us