TOP >作品データベース >弟とアンドロイドと僕

弟とアンドロイドと僕

みんなの感想/評価
「弟とアンドロイドと僕」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
0%
  • 良い
    0
  • 普通
    3
  • 残念
    0
総ツイート数
136
ポジティブ指数80
公開日
2022/1/7
配給
キノシネマ
上映時間
94分
解説/あらすじ
桐生薫は、孤独なロボット工学者。子どもの頃からずっと、自分が存在している実感を抱けないまま生きてきた。そんな不安を打ち消すため、今は誰も訪れない古い洋館で、「もう一人の“僕”」として、自分そっくりのアンドロイド開発に没頭していた。そんなある日、ずっと会っていなかった腹違いの弟が桐生のもとに訪れる。寝たきりの父親。駅で出会った謎の少女。様々な人々が交錯する中、桐生ともう一人の“僕”の間には“ある計画”があった──。
© 2020「弟とアンドロイドと僕」FILM PARTNERS
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • 4410_Kupa
    『弟とアンドロイドと僕』(20/日) 歪な家族関係が原因で自己の実存に確信が持てなくなったトヨエツ演じる天才ロボット工学者が、自分そっくりのアンドロイドを開発する自分探しスリラー。彼につきまとうゲスな義弟で安藤政信。
    いいね

    普通
  • trustpine
    弟とアンドロイドと僕、観ました。自分が存在している実感を抱けないまま生きてきた孤独なロボット工学者が、古い洋館で自分そっくりのアンドロイドの開発に没頭する姿を描いた阪本順治監督が脚本から書き下ろしたスリラー色満載のヒューマンドラマ。どうなんでしょうね。結局、何が言いたかったのか。
    いいね

    普通
  • yukigame
    #弟とアンドロイドと僕」難しくて良く理解が出来ず、私なりの解釈でネタバレして感想を書きました。#邦画 #人間ドラマ #サスペンス #阪本順治 #豊川悦司 #安藤政信 https://t.co/qEycLRcrdw
    いいね

    普通
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • MatsuiTo
    ヤバい。このままだと『弟とアンドロイドと僕』が今年のベストワンになってしまう。誰かがんばってこれを超えてくれ。頼む。
    いいね
  • MatsuiTo
    『弟とアンドロイドと僕』、冒頭から何の説明もなく豊川悦司が片脚でぴょんぴょん飛び跳ね続けて、いいかげん観客の頭がおかしくなりかけたあたりでようやく現れた「一般人の目線代弁キャラ」がいきなり本田博太郎で、あぁもうダメだみたいな甘美な喜びが。
    いいね
  • MatsuiTo
    阪本順治『弟とアンドロイドと僕』観る。これは映画というより夢だ。ほぼ夢。機械人間のような豊川悦司の空虚で珍妙で何もない日常を、空虚で珍妙で何もないまま一分の隙もない重厚なショットの連続で描く。ただ描く。当然そこに教訓はない。これは何だ。夢だ。大大大大問題作。今年のベスト候補入り。
    いいね
  • fujitaichiro
    「弟とアンドロイドと僕」じわじわくるなー。映画館借り切って一人で再見したい。
    いいね
  • Boapint94500327
    阪本順治監督の「弟とアンドロイドと僕」見ました。難解すぎて私の頭ではまだ消化できてないですが、同監督の過去作「団地」を配信で見て、こちらはシュールなユーモアセンスがかなり好みに合致。共通と感じたのは俳優の演技力が大きなカギを握る作りということ。 #冬薔薇 #阪本順治 #伊藤健太郎
    いいね
  • atori0365
    『弟とアンドロイドと僕』 2月から県内の映画館で上映されるみたい😌観たかったから嬉しい
    いいね
  • higashionji
    映画「弟とアンドロイドと僕」2020年、日本。阪本順治監督。シネリーブル梅田。 画や音の使い方、直截的な演出は阪本らしく、不条理さは鉄拳やトカレフに通じなくもないが、明らかにこれまでとは一線を画す。戸惑いつつも非常に面白く観れた。… https://t.co/72m0W6QHxi
    いいね
  • Vxd7nXk2ZaT1qUu
    「弟とアンドロイドと僕」2022 阪本順治 Netflixの「瞳の奥に」とか「アーカイブ81」みたいな謎を小出しにして最後まで引っ張るのと違い、物語も画面も不明瞭なサスペンスで、緊張感が最後まで途切れることがない。少女との交流シー… https://t.co/BCQFMYL9NC
    いいね
  • emanon23
    『弟とアンドロイドと僕』 アシモフ、チェーンソー、暖炉、死んだ小鳥…(あとに出てくる、それを顕微鏡でのぞいた時に見えるもの)。不気味の谷そのものの”もうひとり” 最後の視線は誰のもの?
    いいね
  • MatsuiTo
    『弟とアンドロイドと僕』予告編 https://t.co/JC0GYiwv67 予告編だと何が何だかわからないでしょ。大丈夫、本編も何が何だかわからないから。 https://t.co/4aMEAOeP7Y
    いいね
  • MatsuiTo
    『弟とアンドロイドと僕』、都内単館一日一回上映で俺を含めてお客さんが3人しかいなかったから、東京での今日の売り上げは5700円くらいか。
    いいね
  • MatsuiTo
    『弟とアンドロイドと僕』、豊川悦司の芝居も儀間眞悟の撮影も原田満生の美術も安川午朗の音楽も本当に完璧。その完璧の中心で監督脚本の阪本順治だけが見事に狂っている。
    いいね
  • emanon23
    『弟とアンドロイドと僕』のあとにきっちりとオリジナル脚本で『冬薔薇(ふゆそうび)』(6月公開)のような作品を撮ってくるあたりも阪本順治監督。
    いいね
  • MatsuiTo
    『弟とアンドロイドと僕』のことを考えると頭おかしくなりそうなので一旦離れよう。以後時々発作的に呟くかもしれない。
    いいね
  • MatsuiTo
    阪本順治は『団地』が「浜村淳のおしゃべりで始まるハードSF」みたいな本当にどうかしてる映画で、やはり『弟とアンドロイドと僕』もそっち方面の映画だったか。予感は当たった。 https://t.co/uu8xExfPRt
    いいね
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    croaton0
    5991movies / tweets

    follow us