TOP >作品データベース >水俣曼荼羅

水俣曼荼羅

みんなの感想/評価
「水俣曼荼羅」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    6
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
244
ポジティブ指数100
公開日
2021/11/27
配給
疾⾛プロダクション 配給協⼒:⾵狂映画舎
上映時間
372分
監督
キャスト
 
解説/あらすじ
3部構成・6時間12分で物語る⽔俣病についてのドキュメンタリー映画。【第1部 病像論を糾す】:川上裁判によって初めて、国が患者認定制度の基準としてきた「末梢神経説」が否定され、「脳の中枢神経説」が新たに採用された。しかし、それを実証した熊大医学部浴野教授は孤立無援の立場に追いやられ、国も県も判決を無視、依然として患者切り捨ての方針は変わらなかった。 【第2部 時の堆積】:小児性水俣病患者・生駒さん夫婦の差別を乗り越えて歩んできた道程、胎児性水俣病患者さんとその家族の長年にわたる葛藤、90歳になってもなお権力との新たな裁判闘争に賭ける川上さんの、最後の闘いの顛末。 【第3部 悶え神】:胎児性水俣病患者・坂本しのぶさんの人恋しさと叶わぬ切なさを伝えるセンチメンタル・ジャーニー、患者運動の最前線に立ちながらも生活者としての保身に揺れる生駒さん、長年の闘いの末に最高裁勝利を勝ち取った溝口さんの信じる庶民の力、そして水俣にとって許すとは? 翻る旗に刻まれた怨の行方は? 水俣の魂の再生を希求する石牟礼道子さんの“悶え神”とは?
©疾⾛プロダクション
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • aoyadokari
    『水俣曼荼羅』NHKのヤラセ問題も水俣病闘争の頃は、まだ住民側にいたのだな。一口株主運動から巡礼姿で「ご詠歌」運動(ジョニー・デップの映画)は、ドキュメンタリー監督である土本典昭の演出とかドキュメンタリーを考えるのにも面白いドキュメンタリーだった。メタ・ドキュメンタリーなのだ。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『水俣曼荼羅』行政は水俣訴訟によって、それをモデル化して訴訟対策をしてきているのだ。その巧妙なことと言ったら原告の人がもう国とは裁判したくないと言うほどなのである。例えば認定のランク付けによって被害者区分けする(これは介護システムと一緒だ)。住民買収による分断工作。御用医師たち。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『水俣曼荼羅』観音様のような石牟礼道子氏はなくなる直前だったのだろうな。「悶え神」とか言っていた。行き場のない負の感情をどこに持っていけばいいのか。「怒」から「寛容」するまでの遠い道のり。国も県も公害認定を却下するのではいつまでも終わらない闘争。水俣は公害の始まりなのだ。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『水俣曼荼羅』『ボストン市庁舎』でも感じたのだが裁判後の行政と住民対話が白熱して面白かった。熊本知事の悪代官ぶりは、國村隼演じるチッソの社長より強かだった。また謝罪の面々は謝りなれているのか?よく神経が持つなと感心してしまう。原告の秘書の女性のヒロインぶりとかキャラ立ちしていた。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『水俣曼荼羅』最初に科学的事実を明らかにすることで映画とは違うドキュメンタリーになったと思う。第二部では患者にスポットを浴びせて日常に生活する姿を追いながら裁判も見せていく。長い裁判の中で被害者も年老いていくのである部分で妥協しようとする住民の分裂をも描く。権力側の分断のノウハウ
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『水俣曼荼羅』ジョニー・デップの『MINAMATA』と違うのは、水俣病が御用医師によって「末梢神経」の病気(公害病)とされたのを「脳の中枢神経説」を説いた熊大医学部浴野教授によって、それまで8割が認定出来なかった患者を救済すべき裁判が行われている。第一部でそれを詳しく説明する。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • aizawaaa
    映画「水俣曼荼羅」吉祥寺アップリンク。ドキュメンタリー映画で金を取るとはどういうことか、を問いかけるガチ感に溢れまくった映画体験。そりゃこんな、観た人の今後の人生変えちゃいかねない映画、6時間越えるわ。戦うために生まれてきたわけじゃなくても、逃げちゃいけないときがある。大傑作!
    いいね
  • papikarin152
    映画「水俣曼荼羅」観ました。超大作。快挙。快挙。水俣病か未だ医学的に解明されていない事実。司法、行政の、愛も変わらぬ玉虫色判断。あ然。国民は、市民は、何のために税金を払っているのか。怒り、和笑い、涙する。原一男監督の傑作。拍手👏👏👏
    いいね
  • yama_shin1970
    毎日映画コンクールで『ドライブ・マイ・カー』が大賞 受賞。この勢いは、とどまることをしらない。またドキュメンタリー映画賞を『水俣曼荼羅』が受賞。原一男監督、おめでとうございます。嬉しいのが、尾野真千子(『茜色に焼かれる』)の女優主演賞受賞。素晴らしい演技でした。
    いいね
  • _tsuneichi_
    「水俣曼荼羅」超面白かった。 舞台挨拶で監督が、水俣病患者の脳がポリバケツの中に保存されていて、ポリバケツとはチッソがまさに有機水銀を垂れ流して製造していたその技術で作られた製品、このシュールな構図、というような話をしていて、そうか、その方向に想像が向くのが知性だなと思いました。
    いいね
  • fuyusawa
    <2050年のメディア>第92回 君は『水俣曼荼羅』を見たか! 「発見の乱調」の傑作=下山進〈サンデー毎日〉(サンデー毎日×週刊エコノミストOnline) #Yahooニュース https://t.co/0UvAnH4Hi3
    いいね
  • osamu888_real
    <2050年のメディア>第92回 君は『水俣曼荼羅』を見たか! 「発見の乱調」の傑作=下山進〈サンデー毎日〉(サンデー毎日×週刊エコノミストOnline) #Yahooニュース https://t.co/dcIPF8mIri
    いいね
  • ob_xwg
    <2050年のメディア>第92回 君は『水俣曼荼羅』を見たか! 「発見の乱調」の傑作=下山進〈サンデー毎日〉(サンデー毎日×週刊エコノミストOnline) #Yahooニュース https://t.co/Evww43ZpWq
    いいね
  • Philoglasses2
    今年見た映画。原一男監督『水俣曼荼羅』(2021)は内容的にも尺的にも圧倒的迫力のドキュメンタリーだった。もうひとつ今年初めに見たコーエン兄弟監督『ミラーズ・クロッシング』(1990)もよかった。音楽とマシンガンのマリアージュ、「エシックス」とそれを乗り越えようとする人々の戦い。
    いいね
  • yayoiarimoto
    原一男監督の「水俣曼荼羅」、沁みた、感覚障害の切なさが、人々の苦しみが、体制の情けなさが。
    いいね
  • yoc_tkz
    『水俣曼荼羅』を2回観た後で、『ニッポン国VS泉南石綿村』を観直したら、以前とは全く違う視点から楽しめて、自分でも驚いた。カメラには映っていなくても、ちょっとした言葉や表情から、それぞれの登場人物の歩んできた人生を深く想像する力が『曼荼羅』で養われたからだろうか。
    いいね
  • kazu19451
    ⚫️『水俣曼荼羅』 2022年2月4日(金曜) ◯京都アップリンクは、2週目、8日目。 🟫「水俣曼荼羅」を観た方たちのコメントを、紹介します。どんどん、集まっています❗️ https://t.co/5M7JUG6oRA
    いいね
  • yqLrksFtCoadekd
    『水俣曼荼羅』 キネマ旬報文化映画作品賞受賞 おめでとうございます🎊 生駒さんの新婚旅行での思い、 水俣湾の海中の映像、壁の映像、 他にも沢山、心に残っています。 一人でも多くの方が観られることを祈っています😌🪄🎞✨ https://t.co/RXp4JsRs4k
    いいね
  • heaphy93
    本当、水俣病ってまだ全然終わっていないだって『水俣曼荼羅』見て知りました。
    いいね
  • ruruhanaasu
    映画「水俣曼荼羅」 見たいなぁ 地元で見れる日が来るかな。
    いいね
    関連動画
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    mattsuanko
    2707movies / tweets

    follow us