TOP >作品データベース >マヤの秘密

マヤの秘密

みんなの感想/評価
「マヤの秘密」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
79%
  • 良い
    11
  • 普通
    3
  • 残念
    0
総ツイート数
319
ポジティブ指数100
公開日
2022/2/18
原題
The Secrets We Keep
配給
STAR CHANNEL MOVIES
上映時間
97分
解説/あらすじ
1950年代、アメリカ郊外の街。ある日、街中で男の指笛を聞いたマヤは、“ある悪夢”が蘇ってくる。ナチスの軍人だったその男から戦時中暴行を受けたマヤは、復讐心から男を誘拐し、夫・ルイスの手を借りて自宅の地下室へと監禁する。殺したい気持ちを抑えながら罪の自白を求めるマヤだが、男は人違いだと否定し続ける。果たして、彼女の悪夢は《妄想》か?《現実》か?最後まで読めない展開は、観客を釘付けにするーー。
© 2020 TSWK Financing and Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • momomikan0608
    『マヤの秘密』ナチスにはロマ族も迫害を受けた点に着目したのは新しいのではと思います。ただ、それは題材であって結局はエンタメ作かなという印象。それでも、ノオミ・ラパスのミレニアムシリーズを彷彿とさせる凶暴な演技は見どころがありました。
    いいね

    良い
  • renn6161
    『マヤの秘密』原題は「The Secrets We Keep」邦題はマヤだけになっているが…というところ。ノオミ・ラパス自身もロマの血を引いており、この映画でホロコーストのよく知られていない真実が明らかに。夫ルイスの決断が難しい…。
    いいね

    普通
  • tatshead7
    【マヤの秘密】人が殺し合うことで生まれる二重、三重の悲劇。果たすべき復讐か否かの答えは当人以外持ち得ませんが、そこに対して家族がどう向き合うのかという視点を持ち込んだことで、物語がよりスリリングで複雑なうねりを見せていました。
    いいね

    普通
  • ohtk4i
    『マヤの秘密』/妻が監禁した男は本当に加害者なのか、それとも人違い?記憶違い?妄想?という疑念が付きまとい、復讐を果たそうとする妻の暴走に巻き沿いを食らった夫の心情を察する。戦争やナチスを絡める必要性を感じなかったのは勿体ない。
    いいね

    良い
  • eichan2014
    #マヤの秘密』夜毎のフラッシュバックに悩まされる女性が自分や妹を含むユダヤ人女性達を凌辱し殺害したドイツ敗残兵の一人と確信してある男を監禁し辿る迷宮。戦後間もない時代に脳裏に残るナチスの恐怖をサスペンスに昇華した新機軸の反戦映画。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『マヤの秘密』医者で誠実な夫と可愛い男の子がいて幸せなマヤには闇があった。サスペンスの極みつけ!ナチス物だが独創的。悪夢の元凶を振り払うべき行動もますます幻想と悪夢に。戦争は人を変える。恐ろしい戦争が人を悪に染める。怖い。秀作!
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『マヤの秘密』(20/米) 第2次大戦で心に傷を負った女性が、移り住んだ米国で近所に住む男性をドイツ兵だと思い込み拉致監禁する話。女性がドンドン暴走していく中で引きずられていく旦那が不憫で見終わってドヨーンとなるある種イヤミス。
    いいね

    良い
  • yukigame
    #マヤの秘密」幸せな夫婦を襲った戦争時の記憶が人生を狂わせていく。戦争はダメです。絶対にダメ!#洋画 #サスペンススリラー #ナチスドイツ #ロマ族 #復讐 #ノオミ・ラパス https://t.co/hpVKUlRXxQ
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『マヤの秘密』@武蔵野館♪既に行動をした後だったから咄嗟に隠さなきゃヤバいとか思ったのもあるだろうけど、それでもあの状況で奥さんを選んだ夫もすごいなと。この結末の先にどんな顔をして生活していくんだろって考えるだけでゾワゾワする。
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『マヤの秘密』J.キナマン出演と聞いて鑑賞。ルーマニアから米国に移住したマヤは、街で見かけたある男を誘拐し、自宅の地下室に監禁する。夫、男、男の妻との会話から次第に明らかになるマヤと男の過去とは?終始息苦しい展開だけど、観る価値あり
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『マヤの秘密』アメリカの小さな住宅地で起こる、戦争の清算を描いた異色のナチス映画。真相の読めない展開が持続する巧さがあるが肝はそこにない。悲劇を掘り下げ、真に向き合った時に瞳に写るのは光か?更なる闇か?小作だが深化したテーマが良い。
    いいね

    良い
  • snake954
    『マヤの秘密』みる。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『マヤの秘密』ノオミ・ラパスが主演と製作総指揮を務めた本作は、1950年代後半、アメリカ郊外の街を舞台に、マヤは15年以上前に自分を暴行した男を拉致監禁し、拷問する。しかし女の記憶は曖昧で“妄想”か、“現実”なのか迷宮に誘われる。
    いいね

    良い
  • PUJ920219
    ナチスから暴行を受けた女性の虚実ないまぜの復讐。主要人物の少なさから舞台劇を思わせるも、オチが予想を超えないままで終わってしまうのが食い足りない。原題の「The Secrets We Keep」が、“I(マヤ)”ではなく“We”の理由は、観れば分かる。
    いいね

    普通
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • yfurui
    「マヤの秘密」長崎セントラル。面白かった。ノオミ・ラパス演じる主人公の行動はいちいち危なっかしく、肩入れしづらいわりにスリリング。そのストレスに耐えたあとに見る結末はなかなか衝撃的。さらに原題「The Secrets We Keep」が表示されると余計に嫌な後味。
    いいね

    良い
  • yubikung
    「マヤの秘密」を観る。テーマはナチス・ドイツによる暴力から来るトラウマだが、これはノオミ・ラパスを見る映画か。
    いいね
  • r_tkn
    『マヤの秘密』原題The secrets we keep。やるせないテーマのサスペンスであるが、特筆すべきは、低予算かつ限られた舞台の中、必要十分な説明だけで、緊迫感を絶やすことなく描き切った演技と演出の手法だと思う。分析すると得られるものが多そう。
    いいね
  • semipermeabe
    「マヤの秘密」見てきた。 まだドキドキしてる。終始ハラハラしっぱなしの映画だった。
    いいね
  • P_Kedama
    『マヤの秘密』 すごい後味の悪さが、とても良い。 前半の淡々とした描写が何を考えているのかわからなくて、マヤの人物背景を考えさせられる。ストーリー自体は分かりやすくシンプル。それだけに強い。原題が"The secrets we keep"なのがジワリとくる。 #映画
    いいね
  • _yumato
    そいえば「マヤの秘密」で、セックスしようとしたところに子供が入ってきちゃって「プロレスしてたんだ!」って無理筋の言い訳するのアメリカでもそうなんだ!って笑ってしまった。
    いいね
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    tamagawajyousui
    2910movies / tweets

    follow us