TOP >作品データベース >大河への道

大河への道

みんなの感想/評価
「大河への道」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
83%
  • 良い
    26
  • 普通
    4
  • 残念
    0
総ツイート数
1,537
ポジティブ指数94
公開日
2022/5/20
配給
松竹
解説/あらすじ
千葉県香取市役所では、観光促進として地元を盛り上げるために、“大河ドラマ”の開発プロジェクトが立ち上がる。主人公は、伊能忠敬。あの初めて日本地図を作ったことで有名な、郷土の偉人である。しかし、その脚本作りの最中に、ある驚くべき事実を発見してしまう。なんと伊能忠敬は、地図完成の3年前に亡くなっていたのだ。「伊能忠敬はドラマにならない。地図を完成させてないんだ!」「え、じゃあ、誰が?」舞台は江戸の下町へ。弟子たちに見守られ、伊能忠敬は日本地図の完成を見ることなく亡くなった。動かぬ師を囲んですすり泣く声が響く中、ある人物が意を決し発言する。「では、今しばらく先生には、生きていていただきましょうか」忠敬の志を継いで地図を完成させるために、弟子たちによる一世一代の隠密作戦が動き出す。そこには、歴史に埋もれた、涙なしには語れない感動のドラマがあった。
©2022「大河への道」フィルムパートナーズ
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • paranoiaquality
    『大河への道』まぁストーリーは面白いからそれなりに楽しめるんだけど、映画的な面白味がなく勿体ない仕上がり。同じ松竹の経済時代劇みたく笑ってハラハラして最後一寸感動みたいに出来るはずなのに、全体的に妙に固く真面目なのが物足りない。
    いいね

    普通
  • estate_la
    『大河への道』なんか伊能忠敬の教養ドラマみたい。 テレビでやるやつ風。まあ、なかなか面白かったが。 天地明察の映画に似ている。
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『大河への道』立川志の輔さんの創作落語を原作に飯尾忠敬の日本地図作成の偉業を大河ドラマにしようと奮闘する人たちのお話。同キャストで江戸時代のお話になる展開は良いが、個人的にはNHKの権威は題材として古臭過ぎると感じてそこがマイナス。
    いいね

    普通
  • faaaaraway
    『大河への道』★★★☆☆語りを映像化するのはなかなか難しいね。
    いいね

    普通
  • kukucoo
    →歴史が苦手な方でもついて来られる内容で、日本に誇りを持てる物語にもなっている。伊能忠敬地図の圧巻の仕上がりは劇場で観るに相応しい『大河への道』#eiga #映画
    いいね

    良い
  • kukucoo
    →主演の中井貴一さんと松山ケンイチさんは「平清盛」父子。他のキャストもことごとく大河ドラマの主要キャスト経験の方々。そういう方面から見ても楽しい。キャストがキャストだけに、ちょっと三谷作品の香り『大河への道』#eiga #映画
    いいね

    良い
  • kukucoo
    →伊能忠敬は地図を作っていないのか!のように思われるとアレだけれど実際作っているので(笑)香取市でいいと思う。最期までやりたいことに力を尽くした人生は、令和の高齢化社会への励ましにもなり、題材として素晴らしい。見てみたいわ、この大河『大河への道』#eiga #映画
    いいね

    良い
  • kukucoo
    『大河への道』いやいや「伊能忠敬の地図」にして普通に香取市主導で良くない?(笑)本年度の #鎌倉殿の13人 ですでに61作めとなったNHK大河ドラマ。ご当地となる地域では祭り並みに盛り上げ、地域復興の役目も果たす。そこから出発した物語。大河ファンとして大変面白く見た #映画
    いいね

    良い
  • halm2f
    『大河への道』単純に面白い!ラストは落語的でないので原作は違う終わり方だというのは想像できる。役者がそれぞれに面白い。中井は企画にも参加してるくらいなので演技のノリが全然違う。松ケンのボケも面白い。
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『大河への道』号泣!伊能忠敬の死後、地図を完成させようとした名も無き人々と、忠敬さんの大河ドラマを作ろうと奔走した名も無き人々の物語。異なる時代の人物(キャラ設定は近い)を同じ役者が演じたのが◎。人々の情熱が実を結ぶ過程が素晴らしい
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『大河への道』伊能忠敬の死と実際の日本地図の完成までの話は知らなかったので興をそそられたがやはりそこは想像でしかないか。現代過去パートの振り分けは良いが映画テーマを脚本家に語らせるのは安易な気も…個人的にはベタ過ぎて笑えなかったボケギャグは結構劇場で受けてたからアリなんだろうな。
    いいね

    良い
  • yukigame
    『「#大河への道」落語を映画にしているので、ふんわりしていて掴みどころが無かったような気がしました。』#邦画 #歴史映画 #伝記映画 #伊能忠敬 #立川志の輔 #中井貴一 https://t.co/3RrOs3rRDG
    いいね

    普通
  • GD_momoco
    『大河への道』地元の方が呼ぶちゅうけいさんこと伊能忠敬を大河ドラマに!と言う地図並みに壮大な計画をコメディ風味で。ちょいちょい笑わせてくれるウィットに富んだ一言に笑い、ゴールに向かうための一歩の大切さ、苦労が見える作品でした!
    いいね

    良い
  • dwpcs477
    『大河への道』歴史を知る作品として良かったと思います。史実はどうか別として日本地図と殿の言葉に感動してしまいました。千葉県の方は必見ですね~
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『大河への道』踏み出してしまった地元の偉人 伊能忠敬大河への道に浮かび上がる秘められた日本地図完成への旅路。落語らしい堅実さと映像化による軽妙さが現代と劇中劇、2つのパートに親和性を齎し、歴史に埋もれた人々の意思を情感豊かに伝える。
    いいね

    良い
  • hunnwarigohann
    『大河への道』#素晴らしいですね。楽しいコメディ作品でした各時代に同じキャストが出演しており、楽しいジョークが満載で、落語の楽しさを少し垣間見れる作品でした。
    いいね

    良い
  • 624ken
    一ツ橋ホールで『大河への道』試写会鑑賞。伊能忠敬の大河ドラマ作成プロジェクトの話。この時代に作られた日本地図は、ほんとすごいと思います。話は、歴史に埋もれた物語のようで、意思を継いだ人たちの努力の話ですね。大河は難しそうだな。
    いいね

    良い
  • 28kawashima
    『大河への道』現代劇とのリンクは割と危うい部分がありながらも、大河ドラマ誘致のために奔走するという捻りを利かせることで見応えに繋げていて良かったです。伊能忠敬の逸話を絡めたサゲもお後が宜しいようで……と締められるのも自然
    いいね

    良い
  • 28kawashima
    『大河への道』元が落語なだけあって登場人物達の軽妙な掛け合いが楽しく、会話劇が主だけれども楽しめた。西川まさ彦が酷い目に遭いまくる様式美といいベタベタなギャグも目立つけど、これも古典的な面白さで妙に可笑しい
    いいね

    良い
  • 28kawashima
    『大河への道』伊能忠敬の死後から始まるにも関わらず、遺された意志を継いだ人々の歩みによって線が引かれ、最終的に確固たる伊能忠敬の像が浮かび上がる、正に「大日本沿海輿地全図」のような構成がお見事。彼は想いを継ぐ巡礼を繋げた偉人なのだ
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    more info
    coco 映画レビュアー
    sa9237a
    3727movies / tweets

    follow us