TOP >作品データベース >マリア・レッサ:フィリピン 強権国家との闘い

マリア・レッサ:フィリピン 強権国家との闘い

みんなの感想/評価
「マリア・レッサ:フィリピン 強権国家との闘い」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
0%
  • 良い
    0
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
1
ポジティブ指数0
公開日
2021/12/10
原題
We Hold The Line
監督
キャスト
 
解説/あらすじ
フィリピンでは、ニュースサイト「ラップラー」のCEOでジャーナリストのマリア・レッサと彼女のチームが、麻薬犯罪の容疑者に対する超法規的殺人で数万人を殺害したとされる強制的なロドリコ・ドゥテルテ大統領を相手に戦っている。ジャーナリズム精神、そして人を思いやる心が彼女の武器である。ドゥテルテ大統領に批判的な報道を続けたため政権の標的となり、2度投獄された。ソーシャルメディアと法律を武器にして国を支配しているドゥテルテ大統領の犠牲となった人々や、責任を避け批判ばかりしている政治家、そして暗殺部隊の隊員の話から、ドゥテルテ大統領の「麻薬戦争」の真実に迫る。
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
    関連動画
    more info
    coco 映画レビュアー
    besi_sake
    2555movies / tweets

    follow us