TOP >作品データベース >ケイコ 目を澄ませて

ケイコ 目を澄ませて

みんなの感想/評価
「ケイコ 目を澄ませて」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
97%
  • 良い
    36
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
4,360
ポジティブ指数96
公開日
2022/12/16
配給
ハピネットファントム・スタジオ
上映時間
99分
解説/あらすじ
嘘がつけず愛想笑いが苦手なケイコは、生まれつきの聴覚障がいで、両耳とも聞こえない。再開発が進む下町の一角にある小さなボクシングジムで日々鍛錬を重ねる彼女は、プロボクサーとしてリングに立ち続ける。母からは「いつまで続けるつもりなの?」と心配され、言葉にできない想いが心の中に溜まっていく。「一度、お休みしたいです」と書き留めた会長宛ての手紙を出せずにいたある日、ジムが閉鎖されることを知り、ケイコの心が動き出す――。
©2022 映画「ケイコ 目を澄ませて」製作委員会/COMME DES CINÉMAS
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • aoyadokari
    『ケイコ 目を澄ませて』それは登場人物の関係性もケイコの家族やボクシング・ジムの会長(三浦友和)やコーチ陣の言葉以上の行為がアクションとして会話のように、例えばスパーリングのミット打ちではそういうコミュニケーションが伝わってくる映画なのだ。本当にいい映画だった。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ケイコ 目を澄ませて』聴覚障害の映画だが音の臨場感のサウンド、ミット打ち、縄跳びの息遣い、鉄橋の電車の音が音楽のように組み立てられていて、それまでの映画のように音楽で無理やり盛り上げようとしない感じも良かった。一つ一つのシーンが丁寧に作られているような印象を持った。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ケイコ 目を澄ませて』引き算の映画だった。聴覚障害というハンデを背負った女子プロボクサーの物語だが過剰すぎない抑えた演出が良かった。それは岸井ゆきのの言葉を発さない演技にストイックさが加わりひと味違ったスポーツ映画になっていた。
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『ケイコ 目を澄ませて』甘ったるい声が好きじゃなかったから、この境遇での岸井ゆきのが余計に好き。鍛えられた背中と肩の筋肉はホンモノ、努力の証だ。コンビネーションミット打ちのリズム、ケイコがいる荒川の風景、耳と目を通して心に響く快作。
    いいね

    良い
  • xc5fs505QM3XdOD
    『ケイコ 目を澄ませて』噂通り!
    いいね

    良い
  • ma24ta
    『ケイコ 目を澄ませて』。音の聞こえない世界、字幕版の方が迫力あり。何でやれるんだろう。
    いいね

    良い
  • tsururuto
    『ケイコ 目を澄ませて』目の演技だけで場面の空気を一変させる岸井ゆきのが素晴らしい。 引かずに相手の懐に飛び込むことで得られる気づきの大切さ。エンドロールの登場人物たちが暮らす街の風景さえ愛おしく感じる。
    いいね

    良い
  • eliminator250v
    『ケイコ 目を澄ませて』年は跨いでしもたけどcoco賞2022の投票をするのは本作を観てから!と決めていた。16mmフィルムで撮られているとは知らんかった。原案になっている小笠原恵子さんが書いた『負けないで!』を読んでみたくなった。
    いいね

    良い
  • yori_2733
    『ケイコ 目を澄ませて』無音のボクシングやる大変さ以上に、会長やトレーナー、家族とのぎこちないやり取りや個々の感情のゆらぎが、場面場面でよく伝わってきます。で、会長さんが温かく味わいがある。軽快なミット打ちのリズム音が心地よかった。
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『ケイコ 目を澄ませて』まさにボディブローのように効く詩情ゆたかな映画。岸本さんの聞こえてない演技のズレ、三浦友和さんの会長も素晴らしい。インタビューのシーンが好き。「才能?才能は…ないなぁ」思わず林トレーナーと共に吹き出しました。
    いいね

    良い
  • ultra_k_zero
    #ケイコ目を澄ませて』 16mmと岸井ゆきの 圧巻 silentとは違う。コミュニケーションではなく、感情を見る映像作品。
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『ケイコ 目を澄ませて』@ なんばパークスシネマ観。凄かった、良かった、面白かった。拳闘を始めた動機も彼女の心情もあの表情も正直"聴こえる自身には"解らない。ただ会長の言葉「人間がね…」が響き激的では無い描写が心地良かった。16mmのせぃ?ミット打ちの軽快なリズムに何故か泣いた。
    いいね

    良い
  • yashikoba1830
    『ケイコ 目を澄ませて』ケイコの素直で行いの選択に必死に考えようとする姿に心打たれた。自分ももっと真剣に生きなければと思った。#eiga
    いいね

    良い
  • shignak
    映画】ケイコ 目を澄ませてみてた。☆。無音の世界×女性プロボクサー×コロナ禍を岸井が友和、誠己、松浦、佐藤らと説得力をもたせたまま日常の断片として切り出して表現して物語にしていた。音も言葉も流れているが、岸井のいる世界は無音。
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『ケイコ 目を澄ませて』岸井ゆきのの新境地、現時点で、彼女の代表作になるだろう作品。聾唖者の役というだけで難しいところ、さらにプロボクサーであるという役の難しさを見事に演じている。スポ根ものではなく、人間ドラマになっている所がいい。
    いいね

    良い
  • reptilicus1
    ボクシングジム会長役の三浦友和が至極いい! 山P主演の『あしたのジョー』で丹下段平を演って欲しかったよ。香川照之の段平も嫌いじゃないが。
    いいね

    良い
  • reptilicus1
    主人公のボクシングに励む姿もさることながら、東京・荒川周辺の風景が胸を打つ。 ジョン・ヒューストン『ゴングなき戦い』が遥かに共鳴しているような。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『ケイコ 目を澄ませて』今の自分は頭が回らない時期だからもっとわかりやすい映画の方がよかった。深みのある傑作です。全ての音がよかった。
    いいね

    良い
  • kaoruko0428
    徹底された引き算の美学。この映画には劇伴がない。氷を噛み砕くガリッという音、静寂を切り裂くようにバシッバシッと鳴り響くミットを打つ音、シューズでキュッと床を踏み鳴らす音。生活音だけが静かに流れ受け手の眼差す感覚が研ぎ澄まされていく。
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『ケイコ 目を澄ませて』お話しがリアルさ重視過ぎて正直面白くはない。岸井ゆきのとトレーナー役の松浦慎一郎の演技凄く良い。彼は実際にボクシングトレーナーとしても活躍しているらしく彼とケイコのミット打ちシーンは本作の見どころの一つ
    いいね

    普通
    もっと見る Loading...
    関連動画
    more info
    coco 映画レビュアー
    4410_Kupa
    2518movies / tweets

    follow us