TOP >作品データベース >オードリー・ヘプバーン

オードリー・ヘプバーン

みんなの感想/評価
「オードリー・ヘプバーン」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
93%
  • 良い
    16
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
705
ポジティブ指数96
公開日
2022/5/6
原題
Audrey
配給
STAR CHANNEL MOVIES
上映時間
100分
監督
 
キャスト
 
解説/あらすじ
美の概念を変えた革新的な存在で、ファッションアイコンであり、永遠の妖精と呼ばれ、スターとしての名声を得たオードリー 。しかし世界中から「愛された」彼女は、実際は愛される喜びを知らず、誰より「愛すること」を信じ、貫いたひとりの人間であったー。本作では貴重なアーカイブ映像、リチャード・ドレイファスやピーター・ボクダノヴィッチ監督ら俳優時代の仲間、そして息子や孫、家族ぐるみの友人など、プライベートに迫るインタビュー映像をふんだんに盛り込み、愛情と寛容の力の証として存在する、極めて特別なひとりの女性を鮮やかにスクリーンによみがえらせる。
© 2020 Salon Audrey Limited. ALL RIGHTS RESERVED.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • st_yokohama
    『オードリー・ヘプバーン』彼女の登場がいかにセンセーショナルだったかが良くわかる。愛して欲しかった人に愛されなかった分、子供達に全ての愛を注ぎ込んだ人生だったのか。苦手ジャンルのドキュメンタリーだったけどこれは面白かった。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『オードリー・ヘプバーン』伝記的劇映画だと思って見たらドキュメンタリーだった。どの年代のオードリーも美しい。ユーモアがあれば退屈せずに観れたかも。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『オードリー・ヘプバーン』(20/英) みんな大好きオードリー・ヘップバーンの一代記。貴重な映像の数々にニッコリ。とはいえ彼女の映画史における評価や影響力の分析と、生い立ちによる人間性への踏み込みがいずれも中途半端なのが惜しい。
    いいね

    良い
  • OnlyTheDesire
    『オードリー・ヘプバーン』映画スターとして、幸せとは言えなかったその裏側の私生活。その先にたどり着く慈善活動家としての姿を、本人の証言や関係者のインタビューを元に描いたドキュメンタリ映画。最後は思わず涙した。。。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『オードリー・ヘプバーン』ファッションアイコンで永遠の妖精と呼ばれた伝説的な映画スターであるオードリーの人物像に多角的に迫ったドキュメンタリーを観ていると、誰より愛することを信じて貫いた生涯に胸熱になる。#オードリー・ヘプバーン感想
    いいね

    良い
  • halm2f
    『オードリー・ヘプバーン』彼女がどういう人生を歩んだかよくわかるドキュメンタリーだった。しかし、終の住処であるスイスの家がとてつもない豪邸というのに驚いた。そんな恵まれた人生でも必ず最期はやってくる。逝く前の言葉が霊能力者みたい。
    いいね

    良い
  • moke2ossc
    『オードリー・ヘプバーン』膨大な映像資料から彼女を見つめ直すドキュメンタリー・・・を、通して語られるのは「愛」。只管に「愛とは」「愛するとは」「愛されるとは」を探求する「愛」の物語。エンドロールで泣かされる、ちょっと覚悟しておけ。
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『オードリー・ヘプバーン』映画のシーン以外のオードリーの映像が、沢山観られることを期待して鑑賞。その意味では大満足だが、ドキュメンタリーは、必ずしも幸せではなかった彼女のプライベートに切り込む。等身大の人間オードリーに肉薄する力作。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『オードリー・ヘプバーン』世界中が愛したアイコンの素顔。戦争体験や享受されなかった父親の愛、苦悩を肥大させず、糧にして昇華させた慈愛の遍歴。繊細で控えめな人柄と信念の強さに愛の深さ。人々の記憶に刻まれた理由を知り彼女をより好きになる
    いいね

    良い
  • croaton0
    彼女のイメージを内容に投影しているのがなんとも… “オードリー・ヘプバーンという人間”を見せてほしかったんだけど、こうもアイコンとしての姿を意識されるとそのイメージもただの呪縛でしかないしそれ以前に作る意味が無いような気が…
    いいね

    普通
  • 28kawashima
    『オードリー・ヘプバーン』決して天真爛漫なだけでない彼女のトラウマに触れつつ、それでも「愛する方が得意だった」という途方もない人間力に感銘を受ける。途中入るイメージ映像がオードリーにあまり似てないのはちと気になった #ヘプバーン感想
    いいね

    良い
  • 28kawashima
    『オードリー・ヘプバーン』彼女の思い切った絶頂での休業や慈善活動も愛への渇望に起因しており、決して聖人君子ではないある種人間的動機による愛の形。しかし心の傷を愛に変え最後の最後に自分を愛せたと結ばれ泣いてしまう #ヘプバーン感想
    いいね

    良い
  • 28kawashima
    『オードリー・ヘプバーン』彼女の魅力として演技以上に表現が挙げられていたことには納得。彼女をどうしても愛してしまうのは、彼女の愛してほしいという純粋な気持ちが表出したものなんだなァ。ここまで真っ直ぐな愛は魅せられる #ヘプバーン感想
    いいね

    良い
  • 28kawashima
    『オードリー・ヘプバーン』世界で最も愛されながらも愛に飢え愛を与える人、オードリー。悲惨な幼年期を経てなお愛を求めて直向きだった彼女の実像が胸を打ち、そして愛することが得意な彼女の在り方に改めて尊敬してしまう #ヘプバーン感想
    いいね

    良い
  • jui_kelione_
    『オードリー・ヘプバーン』試写にて。最近こういう過去のスターたちの人生を基にした作品多いなと思っていたけれど、これは全く違う。登場するのはオードリー自身の肉声や彼女を知る友人や家族。色褪せない魅力と存在感に圧倒される。
    いいね

    良い
  • yukigame
    #オードリー・ヘプバーン」初のドキュメンタリー映画です。人としての彼女を知ることが出来ました。@fansvoicejp #イギリス映画 #ドキュメンタリー #ユニセフ親善大使 https://t.co/2ydNneIkqb
    いいね

    良い
  • 624ken
    スペースFS汐留で『オードリー・ヘプバーン』試写会。オードリー・ヘプバーンさんのドキュメンタリー映画。映画の中でしか知らなかったけど、見た目通り、優しく人間的にも素晴らしそうな人。でも普通の人のようで好感がもてました。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • kyamokyamo
    #オードリー・ヘプバーン』既に5回鑑賞したという加藤タキさん✨20年に及ぶ交流を、目の前に光景が浮かぶような丁寧なお話をして下さいました🎀最後になった手紙や写真、とてもプライベートなやり取りに驚いたり納得したり、全身全霊で彼女の… https://t.co/NFFCQ09pcx
    いいね

    良い
  • kyamokyamo
    #オードリー・ヘプバーン』(1929~1993)紛れもなく第1級の初ドキュメンタリ✨栄養失調の戦争体験、スクリーンデビュー、ユニセフの活動に捧げた晩年の姿まで💖駆け抜けた63年の生涯が、彼女が今なお褪せることのない永遠の輝きを放… https://t.co/52s4NIGv3q
    いいね

    良い
  • pastoralpast
    #オードリー・ヘプバーン』出演した映画はほとんど見ていますがそれだと彼女の半分も見ていなかったのかも知れない、ということがこのドキュメンタリーでよくわかります。ローマの休日は永遠ですが、愛という信念を貫き周囲の全ての人々を魅了し… https://t.co/1KopksUVT2
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    frodopyon
    2576movies / tweets

    follow us