TOP >作品データベース >ハッチング―孵化―

ハッチング―孵化―

みんなの感想/評価
「ハッチング―孵化―」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
97%
  • 良い
    32
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
324
ポジティブ指数95
公開日
2022/4/15
原題
Pahanhautoja
配給
ギャガ
上映時間
91分
解説/あらすじ
北欧フィンランド。12歳の少女ティンヤは、完璧で幸せな自身の家族の動画を世界へ発信することに夢中な母親を喜ばすために全てを我慢し自分を抑え、体操の大会優勝を目指す日々を送っていた。ある夜、ティンヤは森で奇妙な卵を見つける。家族に秘密にしながら、その卵を自分のベッドで温めるティンヤ。やがて卵は大きくなりはじめ、遂には孵化する。卵から生まれた’それ’は、幸福な家族の仮面を剥ぎ取っていく…。
© 2021 Silva Mysterium, Hobab, Film i Väst
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • frodopyon
    #ハッチング―孵化― ♠うわー。面白かった。北欧の明るい陽射し。綺麗に整頓された家の中。だけど、歪みが生じている家族の関係。ゾンビのような造形のアレがだんだん姿を変えていくシュールさ。『私が育てた』というパワーワード。最高の復讐…?
    いいね

    良い
  • puffcafe
    『ハッチング―孵化―』シネマイクスピアリ。怖いおとぎ話のような趣きのホラーファンタジー。歪んだ母と娘の関係。家全体が明るく美しくインテリアも洗練されてい素敵だけれど、完璧過ぎて返って不気味だったり。孵化した鳥の造形が醜く邪悪でイイ。
    いいね

    良い
  • Shimichin
    『ハッチング―孵化―』冒頭いかにも幸せな4人家族の日常を映し出しますが、母親のある行動から不穏な空気に一変します。その母親の理想であろうとする純真な12歳の少女ティンヤの歪な感情がある卵に浸透して行き生まれたモノは?!あー恐ろしい!
    いいね

    良い
  • kannnamist
    『ハッチング―孵化―』最後思わずはぁぁあっ!と声が出てしまいました なかなかにグロ映像満載なんだけど見るに堪えられたのは北欧系の空気感なのか 主人公の女の子すごい
    いいね

    良い
  • LUCKYCL06401923
    『ハッチング―孵化―』…おぞましいホラーか、それとも新しい関係性の芽生えだろうか。卵は大きくなりはじめ遂には孵化する。卵から生まれたそれは幸福な家族の仮面を剥ぎ取って、しまいには家族に何をもたらすのか。それは観客の想像力を試す。
    いいね

    良い
  • faaaaraway
    『ハッチング―孵化―』★★★☆☆クリーチャー1つでこのクオリテイーのホラーが出来るとは、センスのよさはさすが北欧か。
    いいね

    良い
  • shignak
    映画】ハッチング―孵化―みてた。◎〜☆。面白かった。Cronenbergの影響を受けているのかもしれない。寓話的な物語とリアルな家庭を上手く組み合わしていた。二役のSolalinnaは凄い。ある意味、hit girlを思い出したり。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ハッチング―孵化―』なかなか面白かったが、ときどき可愛いふりをする怪鳥が愛おしくなる。それは母親の心のグロテスクさと対称的なんだよな。嫌われっ子だから悲劇になってしまったけど回りがもう少し優しければペットとして飼うことが出来たかもしれない。それも不幸か。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ハッチング―孵化―』母親がインスタママでそれに反抗も出来ずにいい子でいる娘がネガティヴな感情で卵を育ててしまうホラー。もう少し小さくE.Tだったら良かったのか、まあこの母では悲劇しかないだろうな。表の華やかさは裏の醜さであり、娘の感情に忍び込む怪鳥の造形は悪夢の世界。
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『ハッチング―孵化―』フィンランド発。これは、「ぼくのエリ 200歳の少女」(スウェーデン)、「テルマ」(ノルウェー)の系譜に連なる、怖いだけでなく、アートセンスを持った北欧ホラー。少女の、意図しないダークな面が育てたものが衝撃的。
    いいね

    良い
  • brindledcat
    『ハッチング―孵化―』主人公のティンヤを演じたシーリ・ソラリンナという子が凄い。オーディションで選ばれたと書いてあったけど、将来楽しみな存在かな。
    いいね

    普通
  • uoa3
    【ハッチング―孵化―】素敵な家族の動画配信が趣味の母。娘は期待に応えようと頑張る…ママの初期対応失敗でえらいことになるけど、ん?中身チャッキー?え?それでええのん!?ゾッとした。ティンヤが美しくて健気。あの子よりママが一番怖い。
    いいね

    良い
  • lab2lab4lbd
    『ハッチング―孵化―』 映画冒頭の体操選手の娘が柔軟体操しているシーン最初は微笑ましい家族のワンシーンに思えてたけど、映画見終わって思い出すと全然微笑ましく無くなる、北欧ホラー映画。
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『ハッチング―孵化―』個人的に北欧ホラーはツボな事が多い。これも意外性があって好きなヤツだった!森で拾った卵から孵化したのは…ってのがテーマだけど一番怖いのはそれじゃない。主人公の父親と弟が似すぎてて本当の親子かと思ってしまったw
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『ハッチング―孵化―』スルーするつもりが、鑑賞して大正解!文字通り鳥肌!SNSでは仲睦まじく見える仮面家族に起こった想像を絶する出来事。主人公を演じたS.ソラリンナの美しい筋肉と驚くべき演技力!母親役S.ヘイッキラの「圧」が凄まじい
    いいね

    良い
  • croaton0
    取捨選択のよく出来た無駄のなさが素晴らしい家族ホラーの傑作。ある家族の顛末を通して母親の醜悪さと娘のフラストレーションが描かれていくが、「おジャ魔女どれみ」を見たことのある人は“あのエピソード”を思い出すんじゃないだろうか?
    いいね

    良い
  • snake954
    『ハッチング―孵化―』みる。
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『ハッチング―孵化―』鑑賞。私ときどきレッサーパンダのホラー版のようで思春期の少女の吐き出したい葛藤と親への反抗と絆。学生映画っぽい展開で演出も淡泊だが、フローラルな雰囲気と蓋をした蠢く物の対比が巧い。落とし所に切なさと怒りも。北欧女性監督の新しい才能、さらなる個性の発揮に期待。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『ハッチング―孵化―』フィンランドの新鋭ハンナ・ベルイホルム監督の長編デビュー作は、フィンランドで家族と暮らす12歳の少女ティンヤ見つけた謎の卵の孵化を切っ掛けに起こる恐ろしい事件により、一見幸福だが空虚な家族の仮面を暴く様を描く。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『ハッチング―孵化―』(22/芬) 母親の理想の娘であろうとする思春期少女の不安や焦燥をモンスターに仮託させた北欧ホラーの佳作。少女目線だからだろうが弟が何気にイヤーなガキで、コイツはもっとヒドい目に遭うかと思ってた。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    tamagawajyousui
    2780movies / tweets

    follow us