TOP >作品データベース >スペンサー ダイアナの決意

スペンサー ダイアナの決意

みんなの感想/評価
「スペンサー ダイアナの決意」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
92%
  • 良い
    27
  • 普通
    1
  • 残念
    1
総ツイート数
228
ポジティブ指数94
公開日
2022/10/14
原題
Spencer
配給
STAR CHANNEL MOVIES
解説/あらすじ
1991 年のクリスマス。ダイアナ妃とチャールズ皇太子の夫婦関係はもう既に冷え切っていた。不倫や離婚の噂が飛び交う中、クリスマスを祝う王族が 集まったエリザベス女王の私邸サンドリンガム・ハウス。ダイアナ以外の誰もが平穏を取り繕い、何事もなかったかのように過ごしている。息子たちとのひと時を除いて、ダイアナが自分らしくいられる時間はどこにもなかった。ディナーも、教会での礼拝も、常に誰かに見られている。彼女の精神はすでに限界に達していた。追い詰められたダイアナは、生まれ育った故郷サンドリンガムで、今後の人生を決める一大決心をする――。
©2021 KOMPLIZEN SPENCER GmbH & SPENCER PRODUCTIONS LIMITED
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • faaaaraway
    『スペンサー ダイアナの決意』★★☆☆☆寓話にしては幻想部分が弱い。
    いいね

    残念
  • a19660819
    ④『#スペンサー』クリスティン・スチュワートの熱演は美しくダイアナそのもの!ただ1人心許せるが引き離されてしまう衣装係のマギー(サリー・ホスキンス)が常にはぐれ者のダイアナに寄り添う姿素晴らしく!本作自体はそこまで心に響かなかった
    いいね

    良い
  • a19660819
    ③『#スペンサー 』本作中お洒落も自由ではなく、冒頭のクリスマスディナーの間1日中着る洋服・アクセサリー等が決められナンバリングされているのは驚いた。 ドキュメンタリーは観ていないが、知っている〈真実〉があるので、クリスティン
    いいね

    良い
  • a19660819
    ②『#スペンサー 』カミラらしき女性も映り、「主人はあの女と同じ物をプレゼントしていた」と怒り取り乱すダイアナの心の傷み解り(摂食障害での吐くシーンもあり)、自由求めるダイアナの姿は痛々しい。 ダイアナのお洒落への散財も騒がれたが
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『スペンサー ダイアナの決意』「寓話」と注記があるので王室は黙認だろうが、エリザベス女王含めてマイナスイメージ。だいぶエキセントリックなママだけど、息子たちとの幸福な時間もあったことに安堵。サリー・ホーキンスがダイアナを包み込む。
    いいね

    良い
  • snake954
    『スペンサー ダイアナの決意』みる。
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『スペンサー ダイアナの決意』今までのダイアナ妃を描く映画の中で、一番すごかったと思う。やっぱりクリスティン・スチュワートがすごい。精神的に追い詰められている狂気の人。そしてダイアナ妃そっくりの所作と、おハイソなイギリス英語!
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『スペンサー ダイアナの決意』運命なのか女王の逝去と重なったこの時期どこまでが事実なのかはわからないが、相当病んでしまってたんだなあと思うね。史実の通りこの決断は、よかったと思うけど、やはりその後の悲劇に繋がってしまったかと思うと、
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #スペンサー ♦妄想入りまくりのダイアナさん。ここまで心理的に追いつめられたらもう…。彼女は、皇太子の不倫を黙認するような王室の伝統そのものに立ち向かった人かも。アン・ブーリンの存在。ラストがロンドン橋が見える場所というのも意味深。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『スペンサー ダイアナの決意』(21/独/英) ダイアナ妃の半生を描くのかと思いきや、離婚を決意するクリスマス休暇の3日間だけにスポットを当てた作品。悲劇の王妃アン・ブーリンに自身を重ね、自分で自分を追い詰めてく様が鬼気迫る。
    いいね

    良い
  • Alisalyssa
    『スペンサー』フィルムで撮影された映像の美しさ、ダイアナ妃の美しさに魅了されたのと同時に、心が壊れかけているダイアナ妃の苦悩は耳を塞ぎたくなるような不協和音からなる音楽で表現されていて、没入して見ると狂気に呑み込まれそうだった。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『スペンサー ダイアナの決意』苦悩するダイアナをクリスティンが熱演。アンブーリンが実際ダイアナの遠縁、彼女に自分を投影、深く悩み自傷までする姿は痛々しい。お洒落なダイアナらしくシャネルが彼女を彩る。息子達と過ごす幸せな姿に休息!
    いいね

    良い
  • trustpine
    スペンサー ダイアナの決意、観ました。1991年のクリスマス、未来の王妃の座を捨て、女性として、母として、一人の人間として生きる道を選んだダイアナの決意の3日間を描いた物語。とにかくクリステン・スチュワートが素晴らしい。それにサリー・ホーキンス、ティモシー・スポールがいいですね。
    いいね

    良い
  • kmrks
    『スペンサー ダイアナの決意』(Spencer)鑑賞。179 子どもの頃見てたアイドルを追想するするかのような見覚えのある衣装と美しい佇まい。ダイアナのアップが多く、クリステンの美しさが印象的。他のプリンセス共起 #eiga
    いいね

    良い
  • garancear
    『スペンサー ダイアナの決意』なりきり演技が評価される映画はあまり好きじゃないものの、クリステンは首の傾げ方や目線などよく似せている。精神の病みやホラー風アン・ブーリンまで、近い家族もいる現代の人に仮託していろいろやりすぎではないかとは思った。 #映画
    いいね

    普通
  • usako_usagiclub
    『スペンサー ダイアナの決意』その後のダイアナ妃を予見させる、1991年の王室のクリスマス。意義を疑う数々の決まり事や融通の利かないスケジュールなど、観ているだけで息が詰まる。現在のウイリアム王子とキャサリン妃は円満に見えるのが救い
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『スペンサー ダイアナの決意』予告ではそっくりだと思わなかったクリステン・スチュアートのダイアナ元英国皇太子妃。だんだん本人に見えてくるのがすごい。彼女の自伝ではなく、ある決意に至る数日を切り取った作りで彼女の焦燥感が伝わってくる!
    いいね

    良い
  • tb_polkadots
    『スペンサー ダイアナの決意』ダイアナ妃の息苦しさや不安定さの表現が巧みで、取り入れられたホラー要素にも納得。不穏な劇伴が追い詰められた心を物語る。幼い頃を思い出し、自由に飛び立とうとするK・スチュワートがとにかく美しい。#eiga
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『スペンサー ダイアナの決意』劇場で鑑賞。1991年のXマス休暇を巡るダイアナ妃の懊悩を描く。シンメトリカルな映像美から漂う苛烈な圧迫感よ。心霊映画の趣も感じさせる、寓意に富んだ物語に光るK・スチュワートの繊細な芝居が鮮烈。秀作です
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    d_hinata
    3238movies / tweets

    follow us