TOP >作品データベース >湖のランスロ

湖のランスロ

みんなの感想/評価
「湖のランスロ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
50%
  • 良い
    1
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
176
ポジティブ指数92
公開日
2022/3/11
原題
Lancelot du Lac
配給
マーメイドフィルム/コピアポア・フィルム
上映時間
84分
解説/あらすじ
城に帰還したものの、聖杯探しに失敗し多くの戦死者を出したアルテュス王の円卓の騎士たち。その中のひとり、ランスロは王妃グニエーヴルとの道ならぬ恋に苦悩していた。神に不倫をやめると誓うランスロだったが、グニエーヴルにその気はない。そんなふたりの不義を利用して権力を手に入れようと企むモルドレッドは、自分の仲間を増やそうと暗躍する。団結していたはずの騎士の間に亀裂が入り始め、思わぬ事態が引き起こされるのだった……。ブレッソンが長年映画化を夢見ていた企画で、中世のアーサー(アルテュス)王伝説に登場する王妃グニエーヴルと円卓の騎士ランスロの不義の恋を中心に、騎士道精神が崩壊していく様を現代的視点で描いた時代劇。
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • aoyadokari
    『湖のランスロ』半分ぐらい寝てしまった。鎧のガシャガシャした音とか殺戮シーンとか壮絶なんだけどストーリーはよくわからなかった。円卓の騎士の話なんだが、フランス人にとっては桃太郎ぐらい知られているんだろうな。あまり物語的でもないので飽きるかも。鎧の騎士たちが殺されるシーンはリアル。
    いいね

    普通
  • tamagawajyousui
    『湖のランスロ』ロベール・ブレッソン監督が、「アーサー王伝説」の後日譚である王妃グニエーヴルと円卓の騎士ランスロの不義の恋を中心にした時代劇は、王妃への愛、神への誓い、忠誠心の間で揺れる主人公と騎士道精神の崩壊を現代的視点から描く。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • httpiyt
    「少女ムシェット」「やさしい女」「湖のランスロ」は映画館の大きなスクリーンで観たのに、本当に耐え難い眠気に襲われてダメだった、もったいない泣
    いいね
  • cinema_ch
    『湖のランスロ』の終盤のシーンでは、戦場となった森をひた走る馬の疾走が素晴らしく、戦慄的でもあります。直前に騎士たちが鐙(あぶみ)に足をかけて馬にまたがる描写が執拗に描かれているので、誰も乗っていない馬(空馬というらしいです)の疾走自体が死を暗示させます。続く↓ #湖のランスロ
    いいね
  • haruchoko16
    「湖のランスロ」は人の関係もお話もなにがどうなのかよくわからなかったけどそれでもものすごくおもしろかった。動きや音や色や形や馬など、ながめてるだけでもおもしろいし冒頭のガシャガシャンのバシンごろんから驚きがあってたまらなかったな。色とりどりな脚の裏側、しかし無防備、印象に残る。
    いいね
  • sutavulogin
    横浜シネマジャック&ベティでロベール・ブレッソン監督『湖のランスロ』を観ました。 中世の騎士と王妃の恋を中心に描いていますが、切ったり切られたりの殺戮シーンの迫力がすごいです。 #湖のランスロ #ロベール・ブレッソン… https://t.co/Kysnkojz18
    いいね
  • kirirofu0615
    横浜シネマジャック&ベティでロベール・ブレッソン監督『湖のランスロ』を観ました。 中世の騎士と王妃の恋を中心に描いていますが、切ったり切られたりの殺戮シーンの迫力がすごいです。 #湖のランスロ #ロベール・ブレッソン… https://t.co/4XfSNOuLqm
    いいね
  • ryo_eiga
    『湖のランスロ』は、ブレッソンぽくない題材ゆえに新鮮で楽しかったです。
    いいね
  • KatteniMiyagare
    夢の中でリドリー・スコットのまだ見ぬ新作を見た。恐らく『湖のランスロ』のリメイク。面白かったはず
    いいね
  • lonht6
    ただそれ以上に『湖のランスロ』は素晴らしかった。甲冑が鳴らす金属音への常軌を逸した執着ぶりを代表に、誇張された音響設計、やたらにリズミカルなカッティング、森林の合戦シーンの過激な不明瞭ぶり等々、あらゆる映画の構成要素がこちらの理解を置いてきぼりにし、尚且つ異様な凄みを放っている。
    いいね
  • shimadagen_
    『湖のランスロ』。シーン最後のカット尻に次のシーンの状況音を前乗せでかぶせてる箇所があるが、こういう普通の映画みたいなことをこの時期のブレッソン映画でやってると逆に驚く。あと、夜の雷雨のシーンで放水を画面奥上手でやってるのが露骨。にも関わらずこの雨は素晴らしいのだが。
    いいね
  • Mattack7
    『湖のランスロ』の甲冑の音は環境音ではあるけれど、劇伴の反復も絶妙に催眠効果があって、最近ではジャームッシュ『デッドマン』とかタル・ベーラ『ニーチェの馬』とか、ヤバかった。前者はジャームッシュ節もあって盛大に寝たけど、後者はジャガイモが好きなので起きていられた
    いいね
  • mme_shiba_dog
    ブレッソンの『湖のランスロ』。タイトル出てくるところからしびれました。音が凶暴(良い意味で)だから映画館で観た方がいい。アーサー王のことを「殿」と呼んでいて笑。そこ笑うところじゃないのだが…。時代劇風な字幕にしたのかな。たしか奥方様のほうは「王妃」だった。
    いいね
  • animmony
    ブレッソンの『湖のランスロ』を観に行った。冒頭からずっと聖杯伝説を脱神話化したような映像だったので薄々予感はしていたけれど、円卓の騎士が集う円卓がリアルにただの小部屋だったり、みんなキャンプ場のテント的な場所に住んでいて笑った。
    いいね
  • kuraqula
    『湖のランスロ』見た。これ傑作というより珍作の香りが…。めっちゃ血生臭いわ!びっくりするよ!動く度に鎧がガチャガチャうるさいのも相当重そうなのも逆に新鮮である。まあ金属だからぶつかれば鳴るし重いでしょう。身も蓋もないとはこういうことか。
    いいね
  • _yumato
    「湖のランスロ」も見た!もちろんアーサー王伝説や円卓の騎士は知ってるよね?って体で進むからいつの間にかアグラヴェインやガウェインは討たれているし、フランス語表記だからグニエーヴル(グィネヴィア)ゴヴァン(ガウェイン)だから理解にラグが…もっと前知識叩き込んでから見ればよかった。
    いいね
  • skarrma
    この間、「テオレマ」(パゾリーニ監督) 「湖のランスロ」(ロベール・ブレッソン監督) 観ました。
    いいね
  • ztai__nom
    早くついたので『湖のランスロ』も見ました。 前半はウトウトしてしまった...
    いいね
  • 1uI448Ei3qBvw2A
    半休して観てきました。 『湖のランスロ』 素晴らしかった。 なんで?と聞かないで。 言葉にできへんから。 https://t.co/8gSDFSdykH
    いいね
  • cassav69
    『湖のランスロ』もう一度観たいな。
    いいね
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    akafundosi
    2239movies / tweets

    follow us