TOP >作品データベース >わたしは最悪。

わたしは最悪。

みんなの感想/評価
「わたしは最悪。」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
88%
  • 良い
    33
  • 普通
    2
  • 残念
    2
総ツイート数
48
ポジティブ指数97
公開日
2022/7/1
原題
The Worst Person In The World
配給
ギャガ
解説/あらすじ
ユリヤは 30 歳という節目を迎えたが、人生はどうにも方向性が定まらない。いくつもの才能を無駄にしてきた。年上の恋人アクセルはグラフィックノベル作家として成功し、しきりに身を固めたがっている。ある夜、彼女は招待されていないパーティに紛れ込み、若くて魅力的なアイヴィンに出会う。ほどなくしてアクセルと別れて新しい恋愛に身を投じ、人生の新たな展望を見出そうとするが――。
© 2021 OSLO PICTURES - MK PRODUCTIONS - FILM I VÄST - SNOWGLOBE - B-Reel – ARTE FRANCE CINEMA
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • frenchbluee
    『わたしは最悪。』 賛否両論な感想を多数見かけてたので、見るのを躊躇ってた作品。 ヨアキム・トリアー。前作とは作風が全然違ってビックした。→
    いいね

    良い
  • Hanashi_Sagashi
    『わたしは最悪。』開始約5分で『あっ、ちょっとヤベェぞコイツ…w』と、(言えた立場ではないが)苦笑い混じりに掴まれた。 中盤2つの映像マジックはこんな事もやるんだ、と嬉しいサプライズ。 終盤の展開のウェットさは…ちょい好み分かれる?
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #わたしは最悪。💙『え、どこが最悪?』って思った。現状維持を選んで後悔するより、どんどん変わろうとしていくユリアの行動力が見事。自由だなぁ。彼女の自由さを愛してくれた男達と、自由の代償を受け入れるユリア。なるほど『陽性』ねぇ。
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『わたしは最悪。』劇場で鑑賞。三十路を迎えてもなお人生の行先定まらない女性の心模様。"人生の主役"たらんとする切実なもがきが瑞々しく赤裸々に描出され、ともすれば身勝手にも見えるその姿に、思わず共感と愛着を抱かずにいられない。秀作です
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『わたしは最悪。』ラストは二通りのヴァージョンを出してちょっとずるい映画なんだけどどちらも肯定している女性応援歌のような映画だった。あと北欧だから白夜の撮影がいい。ちょっとロメールっぽい。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『わたしは最悪。』感情移入してしまうのはひと世代前の人間だから。そうなんだよな、音楽もその当時聞いて無くても懐かしい感じで聞いてしまう。過去映画を繰り返し観てしまう。なんか今の時代にはついていけないで青春時代を懐かしんでしまう。それでも彼女のことは忘れられずにいたのだった。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『わたしは最悪。』同棲するのだが世代間のギャップとか彼が子供を望んだとかで、不倫(はっきり不倫でもないけど)して別れてしまう。そういうカップルは不幸になれと全世界が望んでいると思うが元彼がガンに犯されて死期が近い。結局彼が最後まで愛していたからいい映画になったのだと思う。彼の方に
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『わたしは最悪。』30歳女性の自分探し映画。自分はそれほど感情移入できなかったのだが「町山&藤谷のアメTube」で評価が高かった。特に藤谷文子さんがお勧め。等身大でいままでにはない女性映画ということだ。ある程度親も能力もあるのに自分探しで落ち着くない30手前の女性。年上の漫画家と
    いいね

    良い
  • garancear
    『わたしは最悪。』30才で自分を子鹿に喩えるなんて、と自嘲する場面があるが、親が子供を何人も育てていた年齢になってもまだ自分探しで宙ぶらりんなのが圧倒的にリアル。マジックマッシュルームは干しシメジみたいなモノなのか。 #映画
    いいね

    良い
  • akiyoshi752
    『わたしは最悪。』この映画を観た人は、主人公に対してどう思うのだろうか?後半のシリアスな展開で、相変わらずな性格に、呆れてしまった。映画の展開もゆっくり過ぎて、かなりキツかった。
    いいね

    残念
  • spau_39
    『わたしは最悪。』20220709@シネマカリテ
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『わたしは最悪。』どこかで観た演出手法がバンバン出てくるが、使いかたやタイミングが斬新ですごく新鮮だった。わがままなヒロインは決して好みじゃないけど、彼女を取り巻く男性達がみんな良いヤツでほっこりする。不思議な哀愁にあふれた秀作。
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『わたしは最悪。』アラサーで自分探しをしているユリアは、最悪というより痛い。医学部に入るくらい優秀なのに、やりきる事が出来ないから、どんどんキャリアをダメにしていく。共感できないのだけど、なんだか魅力的。時が止まるシーンは笑った。
    いいね

    良い
  • ma_MJ
    『わたしは最悪。』相手を気にしないで引きずり回す人なんて沢山いるから世界で最悪ってことは無いかとw恵まれている境遇に気付かないという意味で最悪?テルマみたいなホラー描写もあれば、PVだったりAVだったり不思議な演出が多かったw
    いいね

    良い
  • kmrks
    『わたしは最悪。』(The Worst Person In The World)鑑賞。121 自分探しはベビーブーマーが広めた悪きモラトリアム延長戦。”時間停止"に吹き出すw 因果応報な結末に爽快感。 #eiga
    いいね

    良い
  • a19660819
    #わたしは最悪。』7/10なるほど、ユリア=「私は最悪」だ。何事も自分の思い通り選ぶとこは私と違うが、 いつも悪い方向取ってしまう自分見ているみたいだった。そして「最悪のラスト」に胸が傷んだ。マッシュルームシーンで隣の人と吹いた
    いいね

    良い
  • faaaaraway
    『わたしは最悪。』★★☆☆☆ある程度の年齢になるとこの手の話にのれなくなるな。
    いいね

    普通
  • tetsukichi
    『わたしは最悪。』観てきた。『洋の東西・性別を問わず、一定の人間は30歳前後までは自分探しで苦労する』というパターンを描いた作品のような気がする。合点がいく人にはリアルなストーリーだし、そうで無い人には響かない(カナ?)
    いいね

    良い
  • eichan2014
    #わたしは最悪。』学業優秀ゆえの医大進学も気分次第で退学。以来キャリアを築けないままアラサーに至った女性の辿る迷宮。家族や恋人、周囲も自分勝手な人ばかりだが彼女もその一人。それを自覚しつつも我が道を邁進するユリアを応援したくなる。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『わたしは最悪。』自分が中心に世界は回る。何事も思い通りに進める主人公はバワフルそのもの。自己中を通用させ後悔もない幸せな女性。近年、生き方に悩む男性女性に参考にして欲しいかも。結果も気にしないで好きに生きられたらそれは幸せかな⁉️
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    paranoiaquality
    2946movies / tweets

    follow us