TOP >作品データベース >スープとイデオロギー

スープとイデオロギー

みんなの感想/評価
「スープとイデオロギー」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    8
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
372
ポジティブ指数100
公開日
2022/6/11
配給
東風
上映時間
118分
監督
キャスト
 
解説/あらすじ
朝鮮総連の熱心な活動家だった両親は、「帰国事業」で3人の兄たちを北朝鮮へ送った。父が他界したあとも、“地上の楽園”にいるはずの息子たちに借金をしてまで仕送りを続ける母を、ヨンヒは心の中で責めてきた。心の奥底にしまっていた記憶を語った母は、アルツハイマー病を患う。消えゆく記憶を掬すくいとろうと、ヨンヒは母を済州島に連れていくことを決意する。
© PLACE TO BE, Yang Yonghi
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • aoyadokari
    『スープとイデオロギー』母が伝えられるのはサムゲタンのスープの味だった。それは母のイデオロギーでもないが母なる伝統の味なのだろう。鶏の内蔵に青森のにんにくを詰めて、長時間煮込むことでできるスープの味は何を語るのだろうか?イデオロギーを語ることもなく、一緒に過ごせる家族の食卓だ。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『スープとイデオロギー』アメリカの民主主義が血塗れれた虐殺の歴史であったということ。少なくともそれをベトナム戦争では知ることになるのだが、もう一つの朝鮮戦争では隠されしまった。その最も悲惨な事件(事件というより虐殺)済州島四・三事件だった。イデオロギーの殺し合いということ。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『スープとイデオロギー』それは、高度成長期の朝鮮戦争とアメリカ民主主義を疑いなく信じていたから?日本社会が韓国は軍国主義の国として、北朝鮮は全体主義の国として、アメリカに守られていた平和国家日本は隣の国を直視出来なかった。その最大な矛盾が済州島四・三事件ではなかったのか?
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『スープとイデオロギー』『かぞくのくに』のヤン・ヨンヒ監督のドキュメンタリー。『かぞくのくに』では北朝鮮を支持している家族との断絶を描いていたが、和解的作品なのか?単純に和解とも言えないのは、まだ兄たちが北朝鮮にいるから。自由主義の教育を受けた者が北朝鮮を理解するのは難しい。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    #スープとイデオロギー 閉じ込めた記憶をアルツハイマーで忘れていく老女、娘であり在日2世の監督が紐解く家族と国家の歴史。主義に翻弄される個人の悲劇に溶け出し包み込む其々の愛は、理解なんてものを超えた心と体が体感する共有という繋がり
    いいね

    良い
  • koti5300
    『スープとイデオロギー』鑑賞。呪縛と解放と。「かぞくのくに」のヤン・ヨンヒ監督のドキュメンタリー作品。むちゃくちゃに笑って泣いて、そして大いに大いに考えさせられ···自分が置かれている状況も相まって、上半期で一番好きな作品となった。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『スープとイデオロギー』自身の家族と北朝鮮の関係を描いてきた在日コリアン2世のヤン ヨンヒ監督が、韓国現代史最大のタブー「済州4・3事件」を体験した母を主役にしたドキュメンタリーは、我々が殆ど知らなかった事件の概要を明らかにする。
    いいね

    良い
  • xc5fs505QM3XdOD
    『スープとイデオロギー』色んな事を改めて考えるいい機会になった、とても良かった
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • gaitaigan
    「スープとイデオロギー」、半径数メートルの出来事が、突如として、国家と歴史の問題に飛躍するダイナミックさが面白い。オモニの記憶が薄れていくにつれ、その記憶が娘の中に移植されていくという、現実が生んだ「物語」に感銘を受ける。
    いいね
  • Turn0k9lpOykok7
    昼は『スープとイデオロギー』を。『ディア・ピョンヤン』と対になるような、あるいは続編とも言えるヤン・ヨンヒ監督のお母さんの軌跡を辿るドキュメンタリー。一人の人間の歴史の奥に、複数の国家による凄まじい暴力の連鎖の歴史が見えてくる。踏み潰され、翻弄されるのはいつも弱い立場の個人だ。
    いいね
  • buri_bijou
    ポレポレ東中野で「スープとイデオロギー」を観て、映画に出てくる参鶏湯を食べた😋 映画もとっても面白かった✨ #スープをともに https://t.co/bVX0QD7FG0
    いいね
  • Bt1THS9XFohvr93
    ヤン・ヨンヒ監督の『スープとイデオロギー』、石井隆監督の『ヌードの夜』、村川透『ベストガイ』、金子修介監督の『総攻撃ゴジラ』が並ぶ自分のTLを見て軽く混乱(^_^;)
    いいね
  • naka_shinsaku
    『スープとイデオロギー』を見た。 明かりが明滅するなか、存在しない人間を求めて彷徨う老人を捉えたシーンが秀逸。70年前に母が歩いた道をもう一度歩む、このときのロングショット。アルツハイマーで記憶を消失してゆくことの幸福さについて。全体に、やや情緒的ではある。
    いいね
  • mittan0418
    『スープとイデオロギー』見た翌日にスターサンズの河村さんが亡くなった。『かぞくのくに』見た。涙が溢れてる。#スープとイデオロギー https://t.co/JcTW31Q3GT
    いいね
  • nea_enna
    「スープとイデオロギー」見終わりました。感想まとまらないので追って書きますが涙が止まらなかったです。3.4についてより一層知る事が出来ました。スープが懐かしさと美味しそうでずっとお腹が鳴ってました隣席の人ごめんなさい…
    いいね
  • zazieshimura
    『スープとイデオロギー』、観てきました。一昨日観た『FLEE』と繋がるテーマ。オモニの歌にグッと来ました。荒井さんのTシャツも目が離せません。謎のミッキーTシャツ2枚に続いて、3枚目にEGASHIRA 2:50の文字!
    いいね
  • asapu918
    『スープとイデオロギー』試写。信友直子監督の『ぼけますから、…』を思い出すが、こちらは朝鮮半島と日本の壮絶な歴史的悲劇が絡む。苦労を重ねた人生の記憶を徐々に失っていく母に寄り添う娘(監督)の優しさ。監督の夫の存在がユーモアを添えている。体に良さそうなスープ、作ってみたい。
    いいね
  • shinsan38
    よっこらしょ。と相席食堂に目をやると椿の花が落ちている映像が… 四・三を知って椿の花のバッジの意味を知って観ると映画「スープとイデオロギー」舞台挨拶 サイン会 と思い出すけど、やはり四・三研究所の人たちの顔が1番に浮かんでくる。
    いいね
  • yob_areta
    上半期映画館で見た作品数19…2ヶ月行けなかったから…よかったのは 『チェチェンへようこそ ―ゲイの粛清―』 『ガンパウダー・ミルクシェイク』 『スープとイデオロギー』 です
    いいね
  • hiroyama
    いまやってる映画『スープとイデオロギー』もきになる
    いいね
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    WaseiG
    3976movies / tweets

    follow us