TOP >作品データベース >ワン・セカンド 永遠の24フレーム

ワン・セカンド 永遠の24フレーム

みんなの感想/評価
「ワン・セカンド 永遠の24フレーム」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
92%
  • 良い
    15
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
313
ポジティブ指数100
公開日
2022/5/20
原題
一秒钟
配給
ツイン
上映時間
103分
解説/あらすじ
文化大革命時代の中国を舞台に繰り広げられるノスタルジックで普遍的な物語と、広大な砂漠を大胆に映し出す圧倒的な映像美。フィルムの中にたった1秒だけ映し出されているという娘の姿を追い求める父親と、幼い弟との貧しい暮らしを懸命に生き抜こうとする孤独な少女。決して交わるはずのなかった2人が、激動の時代の中で運命的に出会い、そして彼らの人生は思いがけない方向へと進んでいく―。
© Huanxi Media Group Limited
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • Pooh_kuru_san
    #ワン・セカンド永遠の24フレーム 1秒間、24フレームに目を輝かせたクラシックな映画愛が溢れるドラマ。文化大革命で疲弊する市民の生活とスクリーンを取り巻く荘厳さの対比。上映までの丁寧な周り道が、映画作りの大変さと尊さを際立たせる
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』脚本もそのへんも上手い。文化大革命とかよくわからないし、単に反抗分子だと思う男が実際に何をしたかは描かれていない。ただ娘のために監獄を出てきたということだけだ。そこで体制側の映画技師と不良少女との出会いがある。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』映画の中でもプロパガンダを扱っている。どっちつかずというか、批判しているのか、それを当たり前のものとして受け入れてしまっているのか、多分後者なのだが、それでも映画というものが大衆芸術であるならば、それは当然だというものがあるのだろう。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』オープニングがいいけど、目あたしさはない。砂漠の映像なんだが、中国にも『砂の女』のロケ地のような場所があるというか、安部公房がそこを日本に移し替えたのだった。『デューン 砂の惑星』ここで撮れば良かったのに思える場所だった。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』ノスタルジックな映画讃歌の映画ってどこかで観たよなと思う人はイタリアのジュゼッペ・トルナトーレ監督『シネマ・パラダイス』を思い出すだろうな。なにより主演のリウ・ハウツンが薬師丸ひろ子のデビュー時のときのようで可愛い。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』(20/中) 巨匠チャン・イーモウがあざと泣かせにくる作品。娘が写っているフィルムを探す男とフィルム泥棒の少女のドラマが微妙に噛みあってなくてモヤモヤ。西域の砂漠地帯の風景が厳しくも美しい。
    いいね

    良い
  • garancear
    『ワン・セカンド』映画愛に関する映画として見事。フィルムや映写機のモノとして、村の大イベントである体験として、の両方描かれるが特に前者。フィルムを洗って乾かして…という過程を丁寧に見せるのにぐっときた。集落の一歩先が砂漠という風景に旅心を誘われた。 #映画
    いいね

    良い
  • faaaaraway
    『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』★★★★☆文化大革命時の設定がわかればもっと味わい深いだろうな。湿度の低い貧しい田舎描写が異質でいい。
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』チャン・イーモウ監督の映画愛、フィルム愛が溢れている。文化大革命期の中国、数ヵ月に1度の映画を楽しみにしている人々の姿が実にいい。そして、いがみ合っていた男と少女が、最後に心を寄せ合う姿に感動。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』もう何年か前に中国映画祭で鑑賞した記憶。ノスタルジックで中国の大きさや素朴な感じが今も印象に残ってる。題名が違った記憶。
    いいね

    良い
  • yukigame
    #ワン・セカンド #永遠の24フレーム」映画が町を挙げての大イベントだった時代のノスタルジーを感じます。#中国映画 #ヒューマンドラマ #文化大革命 #チャン・イーモウ https://t.co/GVxdAdn2HA
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』チャン・イーモウ監督の最新作は、たった1秒スクリーンに映る娘の姿を観る為に収容所から逃亡した男と、少女が幼い弟と貧しい暮らしを生き抜く為に映画のフィルムを求めて奮闘する様を、映画愛と共に描く。
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』良いお話しなんだけど、当時の中国の時代背景や文化があまりにも異質に感じられてちょっと自分には刺さらなかった。監督はチャン・イーモウだけどテイストはチェン・カイコーに近いかな。
    いいね

    普通
  • besi_sake
    『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』60年代中国、テレビなど当然なくて月イチ映画上映がイベント的娯楽だったのがよく分かる。謎の男と子どものやり取りはユーモラスながら其々抱えるフィルムを追う事情には、時代や政治に翻弄される市井の人の切実さが。広陵な砂漠に埋もれる一片の美しさ。
    いいね

    良い
  • GD_momoco
    『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』映画における1コマ1コマの大切さと愛おしさが、この作品を形作る。始まりからなかなか辿り着かないもどかしさは、映画を観るまでのとてつもない人の手が掛かっていると思うと、作品を観るのも背筋が伸びる!
    いいね

    良い
  • aniyan_otakoji
    六本木で『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』。『フィルムのきた道』ね。中国版『ニュー・シネマ・パラダイス』は辛口。主人公「そういうとこだぞ」といか言い様のない人間なのだけどその弱さが哀しい。映画って結局は、ってオチは真理を突いてる気もする。主人公と少女の甘くない関係性がいい。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • yfurui
    「ワン・セカンド/永遠の24フレーム」TOHOシネマズ長崎。面白かった。互いを理解し関係に温かみを増していく過程が山あり谷ありで引き込まれた。最後の二人の微笑みで余韻は爽やか。フィルム修復、スクリーン裏の観客、エンドレス上映などの描写も面白かった。
    いいね

    良い
  • niwaka_otz
    『ワンセカンド 永遠の24フレーム』鑑賞。タイトルほど小洒落た映画ではないが邦題の回収は素晴らしい。 全編、映画がエンタメの王様だった時代への郷愁に溢れていている。
    いいね
  • mamakero_f79
    シネウインドで「ワン・セカンド 永遠の24フレーム」を観てきた。 数々の惹き付けられるシーン。1秒でも長く娘の姿を目に焼きつけようとする父親の姿に心動かされた。 映画館のシーンは、自分も大勢の中で観ているように感じ、印象に残りました。
    いいね
  • xiaolindxxxlin
    『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』 男、少女、映写技師に村人たち。皆、立場も目的も違うけれど、それぞれ絶対に譲れない願いや想いがあり、それらを叶えるために奮闘する人々から目が離せませんでした。 フィルムを丁寧に洗浄していくシーンが素晴らしかったなぁ。あのラストも好きでした☺️
    いいね
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    mattsuanko
    2687movies / tweets

    follow us